UnityでOpenCVを使うには?

OpenCVで2D情報をもとに3Dの計算を行う際、実装が間違ってないかopencv_contribのvizモジュールで可視化して確かめてるんだけど、vizモジュールって割と低レベルな機能しか提供していないのでちょっとしんどくなってきた。



デバッグ目的の可視化はUnityEditorぐらい手軽に済ませたいところ。だったら最初からUnityを使ってしまおうと思って調べ始めた。

3つの有料Asset

UnityのAssetStoreで調べてみると、Unity上でOpenCVの機能を使えるようにする有料Assetが3つある。

UnityでOpenCVの機能を使うには、もちろん自分でC++ネイティブプラグインを作るという手もある。
だけど、オイラはあくまで自分の3D実装が正しいのか確認するプロセス(つまりデバッグ)の効率を上げたいので、Assetを購入して手間を減らす方針。もうさっさと課金しちゃいましょう。

最初はこちらのQiita記事を読んでEmguCVに気持ちが傾きかけたんだけど、これはやや古い記事なので今現在の状況を調べた方が良い。↓
http://qiita.com/jhorikawa/items/fafee3373eb3ccef02c8

結論から言うと、OpenCV for Unityを使うことにしました。以下調べたことを順にメモ書き。


スポンサーリンク

OpenCV plus Unity

OpenCV plus Unityは、OpenCVをC#で使えるようにポートしたオープンソースプロジェクトOpenCVSharpがベースになっている。



公式ドキュメントはこちら↓
http://paperplanetools.com/cvwd_doc/html/class_open_cv_sharp_1_1_cv2.html


スポンサーリンク

OpenCV for Unity

OpenCV for Unityは3つの中で断然有名。
https://enoxsoftware.com/opencvforunity/

上記の古いQiita記事では、OpenCVのJavaラッパーをポートしていると書かれていたけど、どうやら現在は違う模様。API仕様はOpenCV Javaに合わせているけど、バックの実装は直にC++っぽいです。処理のオーバーヘッドはあんまり気にしなくて良さそう。(少なくとも、C++でOpenCV vizモジュールを使って可視化するより高速だった)



現在はOpenCVの最新版3.3.04.0.0に対応。UnityのTexture型とOpenCVのMat型を相互に変換するUtilメソッドが用意されているのも魅力。

公式ドキュメントはこちら↓
http://enoxsoftware.github.io/OpenCVForUnity/3.0.0/doc/html/index.html

Emgu CV v3.x

Emgu CV v3.xQiita記事にある通り、OpenCVをクロスプラットフォーム化するオープンソースの.NETラッパープロジェクトEmguCVがベースとなっている。

EmguCVのソースコードはこちら↓
https://github.com/emgucv/emgucv

EmguCV自体はオープンソースだけど、商用利用するには有償版を購入する必要があり、Windows版のみ商用利用不可の無償版が配布されている。↓
https://sourceforge.net/projects/emgucv/

公式ドキュメントはこちら↓
http://www.emgu.com/wiki/index.php/Documentation

決め手

で、オイラ的には、UnityのTexture型とOpenCVのMat型の相互変換メソッドがすでに用意されているOpenCV for Unityがベストに思えたのだ。だって頻繁に行う処理だし。
OpenCV for Unityならユーザーが多くてアップデート頻度も高そうだ。

ところで、どのAssetもopencv_contribArUcoは含まれているのが面白い。AR機能の需要は高いんですかね。



スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
顔画像処理技術の過去の研究
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
WordPressの表示を高速化する
OpenGVのライブラリ構成
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Unityで学ぶC#
Boost オープンソースライブラリ
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Amazon Web ServicesでWordPress
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ZScript
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Oculus Goを購入!
Paul Debevec
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
WordPress on Windows Azure
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
動的なメモリの扱い
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
C++の抽象クラス
pythonもかじってみようかと
html5のcanvasの可能性
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』

コメント