OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド

OpenCVのsfmモジュールのビルドが諦められずにまた挑戦したメモです(笑)


OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
以前Visual Studio2015環境でビルドに挑戦して、サンプルコードを試す前に力尽きてしまったのだけど。。。QiitaのOpenCV Advent Calendar 2016で良記事がアップされたので再び真似してやってみる。@...

OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
性懲りもなくまだやってます。(作業メモ的な記事なので読みづらいです)前回、sfmモジュールのビルドでgflagsのリンクが上手くいかったので、その対処を考える。前回はglogをビルドする時にgflagsが有効になっていなかった。gl...


もう4度目ですね。(そして1年以上も…)
OpenCV3.1の頃からWindows環境でsfmモジュールを有効にするには一工夫必要なのが分かっていたけど、その後のバージョンアップで諸々バグFixされていることを期待。
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/3888e886925ef0f84926

ということで、出たばかりの最新バージョンopencv-3.3.0-rcで試すことにする。(3.2も途中まで試して挫折したけど)
ドラフトのメモなので、後からちょいちょい追記予定。


スポンサーリンク


何度もやってるけど、改めて手順を1つずつメモしておく。今回は使うライブラリやツールのバージョンもちゃんと記載しておく。
ビルド環境は前回と同じく以下。VC14でx64ビルドする。

  • Windows 10 Pro
  • Visual Studio Community 2015

依存ライブラリも含め、以下の順でビルドする。

  1. Eigen 3.3.4
  2. Gflags 2.2.0
  3. Glog 0.3.5
  4. suitesparse-metis-for-windows 1.3.1
  5. Ceres-Solver 1.12.0
  6. VTK 8.0.0
  7. OpenCV 3.3.0-rc, contrib-3.3.0-rc

EigenとVTKはそれぞれの公式ページから、それ以外のライブラリは各GitHubリポジトリのreleaseページから最新版をダウンロードした。
ビルドは全てcmake-guiで設定する。使うCMakeのバージョンは最新の安定版3.8.2(win64-x64)。

Eigen

3.2.10を普通にcmakeして、Visual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。

Gflags

gflags-2.2.0はcmakeで
BUILD_SHARED_LIBS
にチェックを入れてGenerateして、Visual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。

Glog

同梱のgoogle-glog.slnファイルは使わず、cmakeを使った。
先ほどビルドしたGflagsはまだここでは指定せず、GenerateしてVisual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。

suitesparse-metis-for-windows

suitesparse-metis-for-windowsは一部コードを書き換える必要がある。
metis/GKlib/gk_arch.hの61行目から

#ifdef __MSC__
/* MSC does not have rint() function */
#define rint(x) ((int)((x)+0.5))
 
/* MSC does not have INFINITY defined */
#ifndef INFINITY
#define INFINITY FLT_MAX
#endif
#endif

となっているが、Visual Studio 2015環境でこの定義は不要なのでコメントアウト。(消しちゃっても良いんだけど)

// #ifdef __MSC__
/* MSC does not have rint() function */
// #define rint(x) ((int)((x)+0.5))
 
/* MSC does not have INFINITY defined */
// #ifndef INFINITY
// #define INFINITY FLT_MAX
// #endif
// #endif

cmakeの設定はデフォルトのままでOK。


スポンサーリンク

Ceres-Solver

cmakeの設定で
BUILD_EXAMPLES
BUILD_SHARED_LIBS
BUILD_TESTING
のチェックは外しておく。(ビルドに時間がかかっちゃうので)

そして、ここでやっと先ほどビルドしたglogとgflagsを指定し、GenerateしてVisual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。

VTK

基本はデフォルトのままでOKだけど、ここを参考にして↓
https://gist.github.com/UnaNancyOwen/9d16060714ba9b28f90e#file-vtk8-0-0-md

CMAKE_DEBUG_POSTFIX
に”-gd”追加しておいた。

OpenCV

現在公開されている最新版の3.3-rcを使った。
WITH_CUDAはチェックを外しておく。
Gflagsの名前空間指定には
google,gflags
と入れておいた。(良いのか?)

GenerateしてOpenCV.slnを開いてバッチビルド。
すると、opencv_sfmプロジェクトのReleaseだけビルドエラー。dllが作成できない。

glog.lib(logging.obj) : error LNK2038: ‘_ITERATOR_DEBUG_LEVEL’ の不一致が検出されました。値 ‘2’ が 0 の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(logging.obj) : error LNK2038: ‘RuntimeLibrary’ の不一致が検出されました。値 ‘MDd_DynamicDebug’ が MD_DynamicRelease の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(vlog_is_on.obj) : error LNK2038: ‘_ITERATOR_DEBUG_LEVEL’ の不一致が検出されました。値 ‘2’ が 0 の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(vlog_is_on.obj) : error LNK2038: ‘RuntimeLibrary’ の不一致が検出されました。値 ‘MDd_DynamicDebug’ が MD_DynamicRelease の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(utilities.obj) : error LNK2038: ‘_ITERATOR_DEBUG_LEVEL’ の不一致が検出されました。値 ‘2’ が 0 の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(utilities.obj) : error LNK2038: ‘RuntimeLibrary’ の不一致が検出されました。値 ‘MDd_DynamicDebug’ が MD_DynamicRelease の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(raw_logging.obj) : error LNK2038: ‘_ITERATOR_DEBUG_LEVEL’ の不一致が検出されました。値 ‘2’ が 0 の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(raw_logging.obj) : error LNK2038: ‘RuntimeLibrary’ の不一致が検出されました。値 ‘MDd_DynamicDebug’ が MD_DynamicRelease の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(port.obj) : error LNK2038: ‘_ITERATOR_DEBUG_LEVEL’ の不一致が検出されました。値 ‘2’ が 0 の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。
glog.lib(port.obj) : error LNK2038: ‘RuntimeLibrary’ の不一致が検出されました。値 ‘MDd_DynamicDebug’ が MD_DynamicRelease の値 ‘conditioning.obj’ と一致しません。

また失敗か…

はやくこっちへ行きたいのに…
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea

基礎から勉強するのがしんどいから、動くものから学ぼうという魂胆だったのに。
http://qiita.com/bigengelt/items/31c315cf624985a6a47c


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
html5のcanvasの可能性
Blender 2.8がついに正式リリース!
Maya API Reference
ZScript
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
定数
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
クラスの基本
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
機械学習手法『Random Forest』
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
プログラムによる景観の自動生成
Amazon Web ServicesでWordPress
WinSCP
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenMayaのPhongShaderクラス
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Photogrammetry (写真測量法)
konashiのサンプルコードを動かしてみた
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
タマムシっぽい質感
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ポイントクラウドコンソーシアム
顔画像処理技術の過去の研究
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
スクレイピング
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Unreal Engineの薄い本
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法

コメント