UnityのGlobal Illumination

UnityにGI(Global Illumination)機能があることはバージョン4の時代から知ってたけど、まともに触らないままバージョン5の時代も通り過ぎてしまった(笑)
https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/GIIntro.html

いい加減ちゃんと触ってみようと思いつつ、公式ドキュメントを読んでもイマイチどこから手を付けたら良いのかわからなかったので、こちらのQiita記事を参考に試してみた。↓
http://qiita.com/r-ngtm/items/1632b909aab084ba3eb6

StaticなオブジェクトのGI

まずは1番簡単な、動かない(Staticな)オブジェクトに対するGI機能を試す。ライティングをテクスチャにベイク(つまりキャッシュ)するやつですね。

現在のUnity2017.1.xだと、デフォルトではライトのベイク処理が走らないので、メニューの
WindowLightingSettingsDebug SettingsにあるAuto Generateにチェックを入れておく。



デフォルトでチェックが入っていないのは、勝手に重いベイク処理が走らないよう気を利かせた仕様ですが、今回はすぐに効果を確認したいのでチェックを入れた。


スポンサーリンク


例にならってプリミティブのPlane, Sphereを並べ、全てstaticにチェックを入れたらベイクの処理が走り始めた。



ちゃんと例と似た結果になったぞ。

ライトのベイク処理が重いとか色々噂を聞いていたけど、オフラインのGIレンダリングのことを考えたらこんなもんというか、全然速い方だと思う。

この方法はライトの影響をオブジェクトのテクスチャとして描き込むらしく、UVが定義されたオブジェクトでないと機能しないようだ。


スポンサーリンク

非StaticなオブジェクトのGI

次は動くオブジェクト(非Static)用のGI機能を試してみよう。
ライトプローブ(LightProbes)という、空間上にライティング情報をキャッシュする機能を使う。
https://docs.unity3d.com/jp/current/Manual/LightProbes.html

非Staticなプリミティブ(Capsule)を1つ追加してから、
CreateLightLightProbe Groupでライトプローブ群を作成し、Capsuleの周りに来るように配置を調整。



どのライトプローブから照明が補間されているかも分かるんですね。



非StaticなCapsuleにもGI効果が現れたぞ。



やってみたら案外直感的に試せるもんなんだな。今まで食わず嫌いだった(笑)

自分の作ったモデルをUnityでカッコ良くレンダリングするためにも、ちゃんとUV展開までしておかないといけないな。



できればボーンを仕込んでアニメーションもさせたいところだけど。。。


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH論文へのリンクサイト
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Unityで学ぶC#
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Stanford Bunny
UnityのAR FoundationでARKit 3
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
タマムシっぽい質感
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
ゴジラ(2014)のメイキング
ジュラシック・パークのメイキング
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
自前のShaderがおかしい件
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Houdiniのライセンスの種類
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
映像ビジネスの未来
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
UnityでPoint Cloudを表示する方法
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
マジョーラ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』

コメント