ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する

ZBrushは全画面表示を前提としたUIだから、リファレンスの画像ファイルを横で開いて見ながら作業するのがやりづらいとずっと思ってたんだけど、このチュートリアル動画を見てたらZBrushのキャンバス上にリファレンスを並べているではないか↓

Female head from sphere in Zbrush How to model and draw a female head with live narration

どうやらこれはZBrushのSpotLight機能を使って配置しているらしい。

以前、Mayaで言うところのImage Planeみたいな感じにZBrushで下絵を配置するのはやったことはあった。



(というか、仮面ライダー3号を作るのは途中で挫折しましたね…)


スポンサーリンク


図面をトレースするような配置方法じゃなくて、スカルプト中に横に並べて眺める程度のゆるいリファレンスの方が気楽で気負いしなくて良いかも。厳密に重ねようとすると細部が気になって作業が進まなくなってしまう。

起動しているアプリよりも前面にリファレンス画像を配置できるPurerefというツールもあったけど、
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
絵を描くなり、CGをモデリングするなり、何か作るときには参考資料を見ながら作業するものだけど、このPureRefというツールは参考画像を表示するための専用ビューア。PureRefPureRefは、アーティストが参考画像を整理・表示...


ZBrushだけでできるならそれに越したことはない。
ということで、SpotLightでリファレンス画像をキャンバスに配置する方法を調べてみよう。

SpotLight

久しぶりにこの本を引っ張り出す↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

SpotLightについては163ページ。SpotLightは、本来はテクスチャを元にオブジェクトへスカルプトとペイントを投影するためのツール。

SpotLightをリファレンス画像の配置に使う方法はこちらの記事を参考にした↓
https://mononoco.com/creative-design/zbrush/reference-images
https://your-3d.com/zbrush-shitae/

まずはTexture(テクスチャ)Import(インポート)で、リファレンスに使いたい画像ファイルをTextureとして読み込む。



ここでは特撮のDNAで撮ったGMKヘッドの写真を使用。



Texture(テクスチャ)メニューからインポートしたTextureを選択し、SpotLightへ追加ボタンを押す。



これでSpotLightに画像が追加され、選択した画像がキャンバスに配置される。



SpotLightの基本操作は


スポンサーリンク
  • 下絵の表示・非表示切り替え:Shiftキー + Zキー
  • 下絵の削除:円の5時の方向。×マークのボタン
  • SpotLightの表示・非表示切り替え:Zキー

あとはSpotLightで大きさをスケールして、画面上の好きな位置に配置しましょう。



SpotLightはテクスチャをオブジェクトへ投影するためのツールなので、このままだと通常のようにスカルプトできない。SpotLightをリファレンス画像の配置機能として利用する場合は、投影機能をOFFにする必要がある。

Brush(ブラシ)Samples(サンプル設定)サブパレットで、Spotlight Projection(スポットライト投影)をOFFにする。



これで通常通りにスカルプトブラシが使える。



左利きのオイラはリファレンス画像が右側にあった方が感覚的にやりやすいかも。

キャンバスサイズの変更

ついでにZBrushのキャンバスサイズの変更方法もメモしておこう。こちらの記事を参考にした↓
http://indiegame-japan.com/blog/2016/04/14/post-157/

ZBrushのキャンバスのサイズというのは、つまりZBrush Documentのサイズということ。
Documentメニューから幅、高さを設定できる。



さて、何か好きなモチーフを模写というか、模刻してみようか。気に入ったものを手あたり次第模写というのもありだな。ディティールと省略のバランス感覚を身に着けたい。


スポンサーリンク

関連記事

フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでカスタムUIを設定する
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
日本でMakersは普及するだろうか?
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Houdiniのライセンスの種類
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Mayaのレンダリング アトリビュート
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
フルCGのウルトラマン!?
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
7月にNHK BSプレミアムでゴジラ映画が放送されるぞ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
第1回 ゴジラ検定を受けました
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
ガメラ生誕50周年
アニメーション映画『GODZILLA』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
2018年 観に行った映画振り返り
Open Shading Language (OSL)
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装

コメント