酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1

前回で口内の塗装を終え、頭部(上アゴ)パーツを接着して継ぎ目をパテで埋めるまでやった。



パテを盛った部分の発色が他の箇所と違ってくるのは嫌なので、全体の下地と同じサーフェイサー(エヴォ ホワイト)を筆塗り。



その上からベース塗装に使ったMr.カラー シャインレッドを筆塗り。ついでに、口内の塗装でちょっとはみ出した部分も筆でレタッチした。



エアブラシでは上手く塗れなかった奥まった部分も筆でシャインレッドを塗った。


スポンサーリンク


まだベース塗装が中途半端だったので、口を大雑把にマスキングし、再び全体にシャインレッドをエアブラシで吹く。



特に裏側や足の付け根を念入りに塗る。



ベース塗装が乾いたら、全体にもう一段階暗い赤としてMr.カラー キャラクターレッドを吹く。凹部分にはベースのシャインレッドが残るようにエアブラシの距離を離し、角度を付けて吹いた。



写真では効果が良くわからないですが、肉眼でも良くわかりません(笑)
シン・ゴジラの赤熱感を出すために灼熱塗装を目指したんだけど、あんまり上手く行ってないかも。



めげずに次はクリアーレッドで暗部を作っていくぞ。

気が早いけど、制作記事まとめページ作った↓

酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキット
ワンフェス2016で予約した酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキット。 言うまでもなく、大ヒット映画「シン・ゴジラ」に登場するゴジラの第四形態を再現したキット。 もともとは、バンプレストの「一番くじ ...


スポンサーリンク

関連記事

ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
第1回 ゴジラ検定を受けました
『LMHG エヴァンゲリオン初号機』 表面処理
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
模型をターンテーブルで撮影
仮面ライダーの玩具
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
ゴジラの造形
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
最近のフィギュアの製造工程
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
3DCGのモデルを立体化するサービス
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 眼の周りのレタッチ
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
シン・ゴジラ第四形態の造形
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装

コメント