映画『ゴジラ-1.0』を観た (ネタバレ無し)

最新作「ゴジラ-1.0 (ゴジラマイナスワン)」を公開初日にIMAXレーザーGTで鑑賞してきた。(額縁上映ではあったけど、実写邦画のIMAX上映はみんなそうだ)

ゴジラ-1.0 (ゴジラマイナスワン)



公開日を1作目の「ゴジラ」の公開日と同じ11月3日、現在は「ゴジラの日」としてゴジラフェスの開催日にもなっている日に合わせているのがなかなか粋。ゴジラ・フェス 2023も開催され、すっかり定番化した。

映画館で限定ドリンクを買っちゃった↓



今回はScreenXや4DX SCREENでも上映されるので、ぜひそっちでも体験してみたい。 追記:体験した↓




スポンサーリンク


スポンサーリンク

感想

ネタバレになるような感想はまだ避けるが、ファーストインプレッションとして「日本で作るゴジラ」を強く意識したストーリーであると同時に、「ハリウッド映画への憧れ」を強く感じる映像だった。山崎貴監督の映像表現の源流は「日本の特撮映画」ではなく、明らかに「ハリウッド映画」だ。

物語の舞台は第二次世界大戦直後。つまり、本作は怪獣映画であり昭和時代劇でもある。山崎貴監督がこれまで手掛けてきた”昭和史”映画の集大成となっている。
この、ゴジラに立ち向える武器がまともに揃っていない時代設定のおかげで人とゴジラの距離がとても近く、個人の物語と地続きにゴジラが迫ってくる。



予告編にも登場するゴジラが銀座を襲うシーンは初代ゴジラへのオマージュも強く感じた。
イベント映像を手がける白組でキャリアを積んだ山崎貴監督らしく(?)ゴジラの暴れ方がとてもアトラクション的で予告編映えする。



「シン・ゴジラ」以上にゴジラがキャラクターというより舞台装置になっていると感じた。これは「ジョーズ」のサメをスケールアップしたような感覚に感じた。
ゴジラシリーズの文脈で言うと、1998年のローランド・エメリッヒ監督版「ゴジラ」のような感覚。

先日のトークショーで庵野秀明氏が「ツッコミどころはあるけど」と言っていたように、引っかかる点は細々と沢山あるが、いつもの邦画というか山崎貴作品の範疇として流せる点がほとんどではある。怪獣映画が公開されるだけで有り難がっていた時代と比べれば、ちゃんと映画として評価できるほどの水準になったと言える。
庵野秀明氏が「最後のにキュンと来た」と言っていたのはおそらく”アレ”のことだろうな。
『シン・ゴジラ:オルソ』を鑑賞
ゴジラ最新作「ゴジラ‐1.0」が来週11月3日(金)に公開されるのを記念して山崎貴監督がセレクトしたゴジラシリーズ過去作品を再上映する「『ゴジラ‐1.0』公開記念 山崎貴セレクション ゴジラ上映会」の第4回目で「シン・ゴジラ」のモノクロ版「...


そして、「シン・ゴジラ」が相当トリッキーな存在だったと改めて感じた。情報の洪水で観客が冷静になる隙を与えず、見落とし・聞き逃しが気になって何度も鑑賞したくなる。
CGで怪獣を描く=ハリウッド風クリーチャーを目指すことではないと「シン・ゴジラ」が気づかせてくれた。

ゴジラの造形

ところで、ゴジラの姿が発表されてから映画公開までの3ヶ月強でゴジラの造形を再現しちゃってる人がネット上に沢山いてビビる。
粘土、デジタル造形と手段は違えど、その技巧とスピードが恐ろしい。怪獣映画のファンメイドはイラストよりも造形物に偏りますね。

「シン・ゴジラ」の頃と違い、映画公開前のかなり早い段階からゴジラの全身像が発表されているのと、西武園ゆうえんちのゴジラ・ザ・ライド版と基本フォルムが同じなのもあるだろうけど。



松本市美術館で開催された「映画監督 山崎貴の世界」で展示されたリファレンスモデルを見たファンも多かったのだろうか。



スポンサーリンク

関連記事

『特撮のDNA』を見てきた
2022年の振り返り
ガメラの新作『GAMERA -Rebirth-』の特報が公開された
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
2022年8月 振り返り
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
『シン・ゴジラ:オルソ』を鑑賞
2022年2月 振り返り
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
4K HDR『ガメラ 大怪獣空中決戦』
積みキットの下地処理
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
動画配信ぐらい当たり前の時代
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
企画とエンジニア 時間感覚の違い
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
2018年に購入したiPad Proのその後
ウルトラ×ライダー
仮面ライダーアマゾンズの主題歌『Armour Zone(Full Version)』が6月17日先行...
Ambient Occlusionを解析的に求める
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
ゴジラの口の色
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
映画『カメラを止めるな!』を観た (ネタバレあり)
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた

コメント