Oculus Goで特撮作品を鑑賞する

引き続き、購入したOculus Goで3D動画鑑賞するために色々と調べ中。

Oculus Riftが登場してからもうだいぶ経ち、各社から様々なVRヘッドマウントディスプレイが発売されているわけですが、ヘッドマウントディスプレイそのものと別途グラフィックス描画用のハイエンドPCも用意する必要があって、金銭的になかなか...

「GODZILLA」の限定版Blu-rayの映像特典「怪獣プラネットゴジラ」をOculus Goでを見るためにエンコードを色々試して、リッピングしたSide by Side 3DのMP4をAdobe Premiereでエンコードし直したらやっと見れた。



ただ、この液晶の解像度で2時間ほどの映画を見るのはちょっとしんどいような気はする。


スポンサーリンク

ウルトラマンゼロVR / ウルトラファイトVR

HMDで鑑賞しがいのある特撮映像は他にないかと探してみると、去年発表されたウルトラマンのVR作品が2つ。
今はDMMでセット購入できる↓

「ウルトラマンゼロVR 大都会の戦慄 エレキング対ゼロ」会議中、突如エレキングが出現! 巨大な怪獣とウルトラマンゼロの大迫力バトルをリアル体験!「ウルトラファイトVR 親子タ...

この2つは3D作品ではないけど、360度の自由視点で鑑賞できる。





10月1日より、全国のネットカフェなどにて展開している「VR THEATER」にて、「ウルトラマンゼロVR」と「ウルトラファイトVR」の配信がスタートする(関連レポート)。VRゴーグルをかぶるとウルトラマンの世界に自分が入り込んで、目の前で展開されている怪獣とのバトルを体感できるという、今までのテレビや映画のスクリーン...
ウルトラマンシリーズとしては初の試みとなる、360度VR特撮映像『ウルトラマンゼロVR』および『ウルトラファイトVR』の2作品が、10月1日より全国の「VR THEATER」にてリリースされている。VRとは仮想現実を意味し、専用のヘッドマウントディスプレイとヘッドホンを着用することによって360度全天球型の立体映像とス...
専用ディスプレーを通して現実空間でウルトラセブンや怪獣が大暴れしているかのような映像を楽しめる“VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)特撮”作品が10月に登場…
ウルトラマンシリーズ初のVR作品『ウルトラマンゼロVR』『ウルトラファイトVR』を撮った田口清隆監督に、360度で特撮を撮る醍醐味を聞いた。

仮面ライダー世界に駆ける

その他、過去の3Dアトラクション映像で現在入手できるものはないかと思い返してみると、仮面ライダーBLACK RXの3D作品「仮面ライダー世界に駆ける」があったな。
現在はBlu-ray BOXの特典映像として収録されている↓

仮面ライダー THE MOVIE Blu-ray BOX 1972-1988【Blu-ray】

オイラは昔映画村で観た気がする。

追記:観てみた↓


YouTubeで見れる360度映像

攻殻機動隊 Virtual Reality Diver ティザー映像

もう3年前になるけど、攻殻機動隊の3D 360度作品のティザー映像がYouTubeで見れる。



これ、本編Oculus Goで観れないもんかな。
攻殻機動隊 新劇場版 バーチャルリアリティーダイバー登場!「あなたは体感する。あなたではない誰かになることを」新時代のテクノロジーで『攻殻機動隊』の世界に“電脳ハック”したあなたは、未知の感覚を体感することになる。

ミュージカル ライオンキング

あと、特撮作品ではないけど、ブロードウェイミュージカル ライオンキングのオープニング曲’Circle of Life’の360度映像が公開されている。



スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.