ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し

前回、LEDを仕込んで点灯してみたら、ちょっとイメージと違ったので少し手直しする。

前回、なんとなく勢いでシルバー塗装を始めちゃったけど、まだ工作は残ってるんですよね。 電飾を仕込むためにわざわざ眼をクリアーパーツ化したわけで、まだ電飾工作が残っているのです。やや電子工作ですね。 以前透明エポキシ樹脂で...

そもそも眼のクリアーパーツの色が薄過ぎたので、クリアーイエローではなく、もっと濃いクリアーオレンジに塗りなおすことにする。

まずはクリアーイエローを溶剤で落とす。

溶剤でクリアーイエローを落とす

色を落とすのは最終的に露出する部分だけで良いので意外と部分的。


スポンサーリンク



そして、クリアーオレンジで塗りなおす。今回はMr.カラーのクリアーオレンジ吹いた。

クリアーオレンジを吹いた

そして、LEDの光の指向性が強すぎて眼全体が光ってくれなかったので、3mm砲弾型LED用の拡散キャップというものを付けてみることにした。

LED用の拡散キャップ

前回、クリアーパーツとLEDをグルーガンで固定しちゃったけど、案外簡単に引っこ抜けた。

仕込んでいたLEDをいったん外す

拡散キャップを付けて光らせてみると、横にも光が広がるようになった。

拡散キャップをはめて光らせてみた

だけど、やっぱりまだ光が白過ぎる感じ。

光が白い…

拡散キャップには色付きのタイプもあるので、黄色い拡散キャップを使うことにした。(そもそもLEDを黄色にすれば良かったか?)

黄色い拡散キャップ

黄色の拡散キャップをつけた

これでクリアーパーツをはめて光らせてみる。割といい感じか?

だいぶ自然になった(?)

印象を見るために仮で頭部パーツにはめて光らせてみる。意外とオレンジ感は薄いな。

頭部パーツにはめて光らせてみた

正面から見ると、光源が寄り目ぎみになってしまった。これは、もうどうしようもないな。。。

光源に位置が寄り目ぎみ…

今まで、LEDの指向性には無頓着だったな。確かにデータシートには光の広がる角度が明記されてる。今後はその辺も意識して選ぼう。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.