ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し

前回、LEDを仕込んで点灯してみたら、ちょっとイメージと違ったので少し手直しする。



そもそも眼のクリアーパーツの色が薄過ぎたので、クリアーイエローではなく、もっと濃いクリアーオレンジに塗りなおすことにする。

まずはクリアーイエローを溶剤で落とす。

溶剤でクリアーイエローを落とす

色を落とすのは最終的に露出する部分だけで良いので意外と部分的。


スポンサーリンク


そして、クリアーオレンジで塗りなおす。今回はMr.カラーのクリアーオレンジ吹いた。

クリアーオレンジを吹いた

そして、LEDの光の指向性が強すぎて眼全体が光ってくれなかったので、3mm砲弾型LED用の拡散キャップというものを付けてみることにした。

LED用の拡散キャップ

前回、クリアーパーツとLEDをグルーガンで固定しちゃったけど、案外簡単に引っこ抜けた。

仕込んでいたLEDをいったん外す

拡散キャップを付けて光らせてみると、横にも光が広がるようになった。

拡散キャップをはめて光らせてみた

だけど、やっぱりまだ光が白過ぎる感じ。

光が白い…

拡散キャップには色付きのタイプもあるので、黄色い拡散キャップを使うことにした。(そもそもLEDを黄色にすれば良かったか?)

黄色い拡散キャップ

黄色の拡散キャップをつけた

これでクリアーパーツをはめて光らせてみる。割といい感じか?

だいぶ自然になった(?)

印象を見るために仮で頭部パーツにはめて光らせてみる。意外とオレンジ感は薄いな。

頭部パーツにはめて光らせてみた

正面から見ると、光源が寄り目ぎみになってしまった。これは、もうどうしようもないな。。。

光源に位置が寄り目ぎみ…

今まで、LEDの指向性には無頓着だったな。確かにデータシートには光の広がる角度が明記されてる。今後はその辺も意識して選ぼう。


スポンサーリンク

関連記事

バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
恐竜造形の指南書
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
第1回 ゴジラ検定を受けました
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り 再挑戦
Amazon プライム・ビデオでゴジラシリーズが全作見れるぞ!
Raspberry PiでIoTごっこ
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
ゴジラのガレージキット組み立て動画
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
2017年 観に行った映画振り返り
模型制作の環境を考える
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
『特撮のDNA』を見てきた
ゴジラムービースタジオツアー
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
日本でMakersは普及するだろうか?
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理

コメント