ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し

前回、LEDを仕込んで点灯してみたら、ちょっとイメージと違ったので少し手直しする。



そもそも眼のクリアーパーツの色が薄過ぎたので、クリアーイエローではなく、もっと濃いクリアーオレンジに塗りなおすことにする。

まずはクリアーイエローを溶剤で落とす。

溶剤でクリアーイエローを落とす

色を落とすのは最終的に露出する部分だけで良いので意外と部分的。


スポンサーリンク


そして、クリアーオレンジで塗りなおす。今回はMr.カラーのクリアーオレンジ吹いた。

クリアーオレンジを吹いた

そして、LEDの光の指向性が強すぎて眼全体が光ってくれなかったので、3mm砲弾型LED用の拡散キャップというものを付けてみることにした。

LED用の拡散キャップ

前回、クリアーパーツとLEDをグルーガンで固定しちゃったけど、案外簡単に引っこ抜けた。

仕込んでいたLEDをいったん外す

拡散キャップを付けて光らせてみると、横にも光が広がるようになった。

拡散キャップをはめて光らせてみた

だけど、やっぱりまだ光が白過ぎる感じ。

光が白い…

拡散キャップには色付きのタイプもあるので、黄色い拡散キャップを使うことにした。(そもそもLEDを黄色にすれば良かったか?)

黄色い拡散キャップ

黄色の拡散キャップをつけた

これでクリアーパーツをはめて光らせてみる。割といい感じか?

だいぶ自然になった(?)

印象を見るために仮で頭部パーツにはめて光らせてみる。意外とオレンジ感は薄いな。

頭部パーツにはめて光らせてみた

正面から見ると、光源が寄り目ぎみになってしまった。これは、もうどうしようもないな。。。

光源に位置が寄り目ぎみ…

今まで、LEDの指向性には無頓着だったな。確かにデータシートには光の広がる角度が明記されてる。今後はその辺も意識して選ぼう。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ソフトビニールキット
まだ組み立て途中…ハマハヤオ氏原型のビリケン商会のソフビキット。映画「メカゴジラの逆襲」に登場するメカゴジラⅡを再現したキットで、下顎には開閉の可動ギミック用のアレンジが施されている。また、手の指(ミサイル)だけはメタルパーツ製。...


スポンサーリンク

関連記事

最近のフィギュアの製造工程
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた (ネタバレ無し)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
模型をターンテーブルで撮影
ウルトラ×ライダー
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ゴジラの造形
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
7月にNHK BSプレミアムでゴジラ映画が放送されるぞ
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
仮面ライダーの玩具
サンダーバード ARE GO
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
『特撮のDNA』を見てきた
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
ゴジラのガレージキット組み立て動画
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
ゴジラの音楽
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
ゴジラのガレージキットの塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
2016年 観に行った映画振り返り
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム グラデーション塗装

コメント