ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し

前回、LEDを仕込んで点灯してみたら、ちょっとイメージと違ったので少し手直しする。



そもそも眼のクリアーパーツの色が薄過ぎたので、クリアーイエローではなく、もっと濃いクリアーオレンジに塗りなおすことにする。

まずはクリアーイエローを溶剤で落とす。

溶剤でクリアーイエローを落とす

色を落とすのは最終的に露出する部分だけで良いので意外と部分的。


スポンサーリンク


そして、クリアーオレンジで塗りなおす。今回はMr.カラーのクリアーオレンジ吹いた。

クリアーオレンジを吹いた

そして、LEDの光の指向性が強すぎて眼全体が光ってくれなかったので、3mm砲弾型LED用の拡散キャップというものを付けてみることにした。

LED用の拡散キャップ

前回、クリアーパーツとLEDをグルーガンで固定しちゃったけど、案外簡単に引っこ抜けた。

仕込んでいたLEDをいったん外す

拡散キャップを付けて光らせてみると、横にも光が広がるようになった。

拡散キャップをはめて光らせてみた

だけど、やっぱりまだ光が白過ぎる感じ。

光が白い…

拡散キャップには色付きのタイプもあるので、黄色い拡散キャップを使うことにした。(そもそもLEDを黄色にすれば良かったか?)

黄色い拡散キャップ

黄色の拡散キャップをつけた

これでクリアーパーツをはめて光らせてみる。割といい感じか?

だいぶ自然になった(?)

印象を見るために仮で頭部パーツにはめて光らせてみる。意外とオレンジ感は薄いな。

頭部パーツにはめて光らせてみた

正面から見ると、光源が寄り目ぎみになってしまった。これは、もうどうしようもないな。。。

光源に位置が寄り目ぎみ…

今まで、LEDの指向性には無頓着だったな。確かにデータシートには光の広がる角度が明記されてる。今後はその辺も意識して選ぼう。


スポンサーリンク

関連記事

続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
アニメーション映画『GODZILLA』
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
シフトカーを改造してラジコン化する人達
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の特報が公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を観た (ネタバレ無し)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
今年も怪獣大進撃
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ゴジラ トレーディングバトル
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
GMKゴジラの爪の塗装
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
平成ガメラ
NHKのゴジラ特番
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
シフトカーを改造する人達

コメント