ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り

アヴァン・ガメラがまだ作り途中ではあるけど、



少し気分転換に別のものを作り始める。(こうしてどんどん散らかしていくわけです…)
やはり模刻で既存の怪獣の形状を再現してみたい。2001年公開の映画「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」に登場した通称GMKゴジラを作ってみよう。



ここ数年で造形物の展示を見る機会があったので、その時に撮った写真を資料として利用できるはず。
『特撮のDNA』を見てきた
蒲田でやっている「特撮のDNA」東京展に行ってきた。特撮のDNA—『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで—会期:2018年12月19日(水)〜2019年1月27日(日) ※1月12日(土)のみ休館会場:日本工学院専門学校「ギャラ...

『大ゴジラ特撮王国』を見てきた
5月22日から始まった「大ゴジラ特撮王国 オールゴジラ大集結 in 東京ドームシティ」に行ってきた。結果として、会期のほとんどが緊急事態宣言下になってしまったな。大ゴジラ特撮王国 オールゴジラ大集結 in 東京ドームシティ...



スポンサーリンク


Blu-rayの特典映像の「最凶!ゴジラ誕生」もかなり参考になるな。

ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃

まずはZBrush 2021.7へアップデート。

アヴァン・ガメラ作りで学んだことを活かせば、きっともっと速く上手く作れるはずだ。
アヴァン・ガメラの時と同じように、とりあえず頭だけ作ってみよう。

アヴァン・ガメラを作り始めた時は、概形作りにかなり時間を食ってなかなか先に進まなかった反省から、概形作りの段階から色々な角度の資料写真をよく見てシルエットや大きな特徴を掴むように探っていく。
とは言ったものの、ガメラと違って、ゴジラの顔は鱗のようなハッキリとしたパーツが無いから特徴を捉えづらい。。。

DynaMeshの解像度64から始めて、解像度が低くてもシルエットは外さないように気をつけながら、首やアゴのラインが何となくできたら目元を形作るために解像度152まで上げた。
似てるかどうかを測る手掛かりが無さ過ぎるので、上アゴにちょっとディティールを入れてみて、資料と見比べた。

行き詰まってきたところでいったんブレイク。
まだ全然ディティールを入れる段階ではないので、ディティールを入れ過ぎてしまった箇所もいったん均すために、全体にクレイポリッシュをかけた。



これでしばらく眺めて、違和感を探していこう。



首回りをもう少し整えられるかな。



このまま全身のアタリを作っておいた方が楽だろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

頭の概形作りの振り返り。



下アゴをいったん別のSubToolへ切り離したものの、分割した状態だとアゴのラインを捉えにくいので再度結合した。
概形を作っている段階だと、GMKじゃなくて別の作品のゴジラに見えてくる瞬間が多々あって困った。

まとめページ↓
ゴジラ2001
まだ作り途中…2001年公開の映画「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」に登場する通称GMKゴジラをZBrushでモデリング。過去何度か、このゴジラの実際の造形物を見る機会があった。映画公開半年後に岡本太郎美術館で開催された...


スポンサーリンク

関連記事

GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
フルCGのウルトラマン!?
Mayaのプラグイン開発
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
Open Shading Language (OSL)
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ZBrush キャラクター&クリーチャー
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
マジョーラ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
最近のフィギュアの製造工程
ガレージキットのフィニッシャー
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
MeshroomでPhotogrammetry
ゴジラのガレージキットの塗装
ZBrushトレーニング
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
アニゴジ関連情報
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
参考書
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ラクガキの立体化 胴体の追加
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
ZBrushのお勉強
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
OpenMayaのPhongShaderクラス
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Stanford Bunny

コメント