ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

前回、MakeHumanのMeshから手首を移植するというチート時間短縮メソッドを使った。



移植した手首をClayBuildupブラシでちょっと整える。



手の甲のディティールとか全然考えてなかったな。もう少し節榑立った感じの方がメリハリがあって良いかも。鋭い爪とかも付けたいところ。

もうあんまりウジウジといじっている時間がないので、素直にS.I.C.を参考に、というか真似してまとめて行こうと思う。


スポンサーリンク


S.I.C.みたいなパーツ構成にすればとりあえず似たもの(≒物理的に成立するもの)になりそうな気がするので、S.I.C.風にパーツ分割していく。

ちょっとおかしかった肩やお尻の分割ラインをいったん結合して整えてから、改めて胴体パーツを腰のラインで2つに分割。



背面からみた図。



S.I.C.ならさらに上半身と腹で別パーツになるところだな。その分割はもう少しモールドを整理してからにしよう。



ディティールを入れる作業をやりやすくするためにも上腕を別パーツ化。



現状をターンテーブル動画に書き出してみた↓



横顔のバランスにずっと違和感があるんだけど、何がおかしいんだろうか。あ、そういえばS.I.C.なら首も別パーツだな。


スポンサーリンク

関連記事

転職時代の新入社員
Physically Based Rendering
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
MFnDataとMFnAttribute
テスト
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
黒歴史
MRenderUtil::raytrace
素敵なパーティクル
注文してた本が届いた
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrush 4R8 リリース!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
adskShaderSDK
ガメラ生誕50周年
ファンの力
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
立体視を試してみた
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ゴジラ(2014)のメイキング
なりたい自分?
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ポリ男をリファイン
3D復元技術の情報リンク集
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
UnityでARKit2.0
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー

コメント