ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

前回、MakeHumanのMeshから手首を移植するというチート時間短縮メソッドを使った。



移植した手首をClayBuildupブラシでちょっと整える。



手の甲のディティールとか全然考えてなかったな。もう少し節榑立った感じの方がメリハリがあって良いかも。鋭い爪とかも付けたいところ。

もうあんまりウジウジといじっている時間がないので、素直にS.I.C.を参考に、というか真似してまとめて行こうと思う。


スポンサーリンク


S.I.C.みたいなパーツ構成にすればとりあえず似たもの(≒物理的に成立するもの)になりそうな気がするので、S.I.C.風にパーツ分割していく。

ちょっとおかしかった肩やお尻の分割ラインをいったん結合して整えてから、改めて胴体パーツを腰のラインで2つに分割。



背面からみた図。



S.I.C.ならさらに上半身と腹で別パーツになるところだな。その分割はもう少しモールドを整理してからにしよう。



ディティールを入れる作業をやりやすくするためにも上腕を別パーツ化。



現状をターンテーブル動画に書き出してみた↓



横顔のバランスにずっと違和感があるんだけど、何がおかしいんだろうか。あ、そういえばS.I.C.なら首も別パーツだな。


スポンサーリンク

関連記事

Physically Based Rendering
UnityのGlobal Illumination
ZBrushのZScript入門
Mayaのプラグイン開発
Unite 2014の動画
「立場が人を作る」って言ったりするよね
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
転職時代の新入社員
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ゴジラ三昧
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
Oculus Goを購入!
ZBrushトレーニング
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
立体視を試してみた
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
二次創作というやつ
ZBrushCore
CEDEC 3日目
UnityでARKit2.0
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
多忙な人
MeshroomでPhotogrammetry
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
2020年5月 振り返り
合理的?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
HD画質の無駄遣い その2
ラクガキの立体化 進捗
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)

コメント