ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

前回、MakeHumanのMeshから手首を移植するというチート時間短縮メソッドを使った。



移植した手首をClayBuildupブラシでちょっと整える。



手の甲のディティールとか全然考えてなかったな。もう少し節榑立った感じの方がメリハリがあって良いかも。鋭い爪とかも付けたいところ。

もうあんまりウジウジといじっている時間がないので、素直にS.I.C.を参考に、というか真似してまとめて行こうと思う。


スポンサーリンク


S.I.C.みたいなパーツ構成にすればとりあえず似たもの(≒物理的に成立するもの)になりそうな気がするので、S.I.C.風にパーツ分割していく。

ちょっとおかしかった肩やお尻の分割ラインをいったん結合して整えてから、改めて胴体パーツを腰のラインで2つに分割。



背面からみた図。



S.I.C.ならさらに上半身と腹で別パーツになるところだな。その分割はもう少しモールドを整理してからにしよう。



ディティールを入れる作業をやりやすくするためにも上腕を別パーツ化。



現状をターンテーブル動画に書き出してみた↓



横顔のバランスにずっと違和感があるんだけど、何がおかしいんだろうか。あ、そういえばS.I.C.なら首も別パーツだな。


スポンサーリンク

関連記事

法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
多忙な人
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
「第一志望群」という謎の言葉よりも
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
参考になりそうなサイト
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
プログラムによる景観の自動生成
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
2020年5月 振り返り
Pix2Pix:CGANによる画像変換
UnityでLight Shaftを表現する
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
シン・ゴジラのファンアート
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ファンの力
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
3DCG Meetup #4に行ってきた
BlenderのRigifyでリギング
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
布地のシワの法則性
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
別に悪意は無いんだけどさ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
テクニック
布のモデリング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』

コメント