ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

前回、MakeHumanのMeshから手首を移植するというチート時間短縮メソッドを使った。



移植した手首をClayBuildupブラシでちょっと整える。



手の甲のディティールとか全然考えてなかったな。もう少し節榑立った感じの方がメリハリがあって良いかも。鋭い爪とかも付けたいところ。

もうあんまりウジウジといじっている時間がないので、素直にS.I.C.を参考に、というか真似してまとめて行こうと思う。


スポンサーリンク


S.I.C.みたいなパーツ構成にすればとりあえず似たもの(≒物理的に成立するもの)になりそうな気がするので、S.I.C.風にパーツ分割していく。

ちょっとおかしかった肩やお尻の分割ラインをいったん結合して整えてから、改めて胴体パーツを腰のラインで2つに分割。



背面からみた図。



S.I.C.ならさらに上半身と腹で別パーツになるところだな。その分割はもう少しモールドを整理してからにしよう。



ディティールを入れる作業をやりやすくするためにも上腕を別パーツ化。



現状をターンテーブル動画に書き出してみた↓



横顔のバランスにずっと違和感があるんだけど、何がおかしいんだろうか。あ、そういえばS.I.C.なら首も別パーツだな。



スポンサーリンク

関連記事

Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Unityの薄い本
ゴジラの造形
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
SIGGRAPH Asia
3DCG Meetup #4に行ってきた
PolyPaint
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushで基本となるブラシ
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
『ピクサー展』へ行ってきた
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ラクガキの立体化 モールドの追加
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
Mayaのシェーディングノードの区分
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
サンプルコードにも間違いはある?
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
デザインのリファイン再び
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
この連休でZBrushの スキルアップを…
線画を遠近法で描く
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
PythonでBlenderのAdd-on開発
転職時代の新入社員

コメント