TVML (TV program Making language)

TVML (TV program Making language):Wikipedia

TVML (TV program Making Language) は、テレビ番組を記述する特別な言語である。この言語で記述されたテレビ番組台本をTVMLプレイヤーと呼ばれるソフトウェアで再生すると、リアルタイムCGや音声合成などにより作られた映像音声を即座に見ることができる。
TVMLはNHK放送技術研究所が1996年に提案し、以降、当所を中心に言語仕様のアップデートおよびTVMLプレイヤーの開発が進められている。TVMLプレイヤーはフリーウェアで配布されており、大学、教育機関などでの利用が多い。また、NHK番組制作での利用のほか、いくらかの商用利用もされている。

詳しい言語仕様はこちら→TVML言語仕様バージョン2.0

そして、プレイヤーが無料で配布されている。
TVML Player II


スポンサーリンク

TVMLは、台本を書くだけでテレビ番組ができる画期的なソフトです。このたび、TVMLプレイヤーの最新バージョンTVML Player II ver. 2.3 がリリースされましたのでお知らせします。数多くの機能の追加を行い、使いやすさを向上いたしました。
世界にも他に類のない、テレビ番組制作に特化したTVMLの世界を、ぜひ、この新しいTVML Player IIで体験してください。

詳しい使い方はこちら→TVML Player II オンラインマニュアル
キャラクターを自分で作ることも出来るみたい。→キャラクター作成講座
このプレイヤーの外部制御開発キット(Dkit)も配布されている。(ライブラリとサンプルプログラム)

それから、これと少し関連してTV4U(TV for You)というものがあるらしい。

TVML関連の情報サイト(?)→TVML Square

ASCII.jpの記事→テレビの未来を握る新技術「TVML」開発者に聞く


スポンサーリンク

関連記事

OpenMayaRender
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Raytracing Wiki
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
BlenderのRigifyでリギング
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
顔のモデリング
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrush 2018へのアップグレード
UnityでARKit2.0
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ゴジラ(2014)のメイキング
テンソル
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Iterator
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Quartus II
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
C++始めようと思うんだ
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
HSV色空間
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』

コメント