TVML (TV program Making language)

TVML (TV program Making language):Wikipedia

TVML (TV program Making Language) は、テレビ番組を記述する特別な言語である。この言語で記述されたテレビ番組台本をTVMLプレイヤーと呼ばれるソフトウェアで再生すると、リアルタイムCGや音声合成などにより作られた映像音声を即座に見ることができる。
TVMLはNHK放送技術研究所が1996年に提案し、以降、当所を中心に言語仕様のアップデートおよびTVMLプレイヤーの開発が進められている。TVMLプレイヤーはフリーウェアで配布されており、大学、教育機関などでの利用が多い。また、NHK番組制作での利用のほか、いくらかの商用利用もされている。

詳しい言語仕様はこちら→TVML言語仕様バージョン2.0

そして、プレイヤーが無料で配布されている。
TVML Player II


スポンサーリンク

TVMLは、台本を書くだけでテレビ番組ができる画期的なソフトです。このたび、TVMLプレイヤーの最新バージョンTVML Player II ver. 2.3 がリリースされましたのでお知らせします。数多くの機能の追加を行い、使いやすさを向上いたしました。
世界にも他に類のない、テレビ番組制作に特化したTVMLの世界を、ぜひ、この新しいTVML Player IIで体験してください。

詳しい使い方はこちら→TVML Player II オンラインマニュアル
キャラクターを自分で作ることも出来るみたい。→キャラクター作成講座
このプレイヤーの外部制御開発キット(Dkit)も配布されている。(ライブラリとサンプルプログラム)

それから、これと少し関連してTV4U(TV for You)というものがあるらしい。

TVML関連の情報サイト(?)→TVML Square

ASCII.jpの記事→テレビの未来を握る新技術「TVML」開発者に聞く


スポンサーリンク

関連記事

Iterator
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
フルCGのウルトラマン!?
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
DLL(Dynamic Link Library)
Amdahlの法則
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZigBee
Singular
布のモデリング
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Subsurface scatteringの動画
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Oculus Goを購入!
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
ZBrushの作業環境を見直す
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
甲虫の色とか
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
PythonでBlenderのAdd-on開発
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
PlanetMath
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ZBrushトレーニング
Google ブック検索
ラクガキの立体化 進捗
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushでカスタムUIを設定する
Maya API Reference
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ゴジラ(2014)のメイキング
プログラムによる景観の自動生成
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

コメント