オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

いつか試そうと思ってだいぶ時間が経ってしまったんだけど、オープンソースのグローバルイルミネーションレンダラのMitsubaMayaと連携するためのプラグインもあるので試してみた。
https://github.com/mitsuba-renderer/mitsuba


スポンサーリンク


ところが、このプラグイン、想像してたのと違って、あんまり連携感がない。Maya上のオブジェクトを描画できるわけだけど、もろもろの設定はMayaのGUIではなく、結局xmlの設定ファイルを直接いじるタイプだった。(MayaのGUI上でxmlを編集するエディタが立ち上がる。)

そんで、もうちょっと調べてみたら、有志(?)でMitsubaをPythonでラップしてプラグインっぽくした人がいた。→Installing MitsubaForMaya
プラグインコード(Python)とサンプルプロジェクトがGitHubに上がっている。→MitsubaForMaya

で、やってみた。このプラグインは外部のMitsubaのexeを呼び出す操作をラップしてMayaのGUI操作ライクにしてくれてるんだけど、コードの中に絶対パスを書いていて、エラーまみれになった。GUIはよくできてたんだけどね。もうちょっと中身読めば修正できそうな気もする。

で、いったんMayaで動かすのはあきらめて、MitsubaのスタンドアローンのGUIアプリを実行してみた。レンダリングするシーンファイルのサンプルが公式のダウンロードページに置いてある。試したのは毛糸のマフラーみたいなやつSiggraph2010で発表されたこの論文のデータね。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした画像をPhotoshopで補正した。



まるで実写みたい。
Pythonのインターフェイスあるみたいだから、上手く使えばAPIっぽく自前のプログラムから使えると思うんだけど、なかなかサンプルが見当たらない。


スポンサーリンク

Mitsuba – physically based renderer

Screenshot of www.mitsuba-renderer.org


http://3dnchu.com/archives/mitsuba-0-5-0/

http://rgl.epfl.ch/publications/NimierDavidVicini2019Mitsuba2


スポンサーリンク

関連記事

イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Python2とPython3
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
ラクガキの立体化 モールドの追加
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ゴジラ(2014)のメイキング
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ディープラーニング
AfterEffectsプラグイン開発
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
SIGGRAPH Asia
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
adskShaderSDK
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
マルコフ連鎖モンテカルロ法
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
デザインのリファイン再び
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
NICOGRAPHって有名?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
html5のcanvasの可能性
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入

コメント