オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

いつか試そうと思ってだいぶ時間が経ってしまったんだけど、オープンソースのグローバルイルミネーションレンダラのMitsubaMayaと連携するためのプラグインもあるので試してみた。
https://github.com/mitsuba-renderer/mitsuba


スポンサーリンク


ところが、このプラグイン、想像してたのと違って、あんまり連携感がない。Maya上のオブジェクトを描画できるわけだけど、もろもろの設定はMayaのGUIではなく、結局xmlの設定ファイルを直接いじるタイプだった。(MayaのGUI上でxmlを編集するエディタが立ち上がる。)

そんで、もうちょっと調べてみたら、有志(?)でMitsubaをPythonでラップしてプラグインっぽくした人がいた。→Installing MitsubaForMaya
プラグインコード(Python)とサンプルプロジェクトがGitHubに上がっている。→MitsubaForMaya

で、やってみた。このプラグインは外部のMitsubaのexeを呼び出す操作をラップしてMayaのGUI操作ライクにしてくれてるんだけど、コードの中に絶対パスを書いていて、エラーまみれになった。GUIはよくできてたんだけどね。もうちょっと中身読めば修正できそうな気もする。

で、いったんMayaで動かすのはあきらめて、MitsubaのスタンドアローンのGUIアプリを実行してみた。レンダリングするシーンファイルのサンプルが公式のダウンロードページに置いてある。試したのは毛糸のマフラーみたいなやつSiggraph2010で発表されたこの論文のデータね。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした画像をPhotoshopで補正した。



まるで実写みたい。
Pythonのインターフェイスあるみたいだから、上手く使えばAPIっぽく自前のプログラムから使えると思うんだけど、なかなかサンプルが見当たらない。


スポンサーリンク

Mitsuba – physically based renderer

Screenshot of www.mitsuba-renderer.org


http://3dnchu.com/archives/mitsuba-0-5-0/

http://rgl.epfl.ch/publications/NimierDavidVicini2019Mitsuba2


スポンサーリンク

関連記事

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
ラクガキの立体化 進捗
ラクガキの立体化 胴体の追加
機械学習で遊ぶ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Unityで学ぶC#
Unityからkonashiをコントロールする
参考になりそうなサイト
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
BSDF (Bidirectional scattering distribution functi...
html5のcanvasの可能性
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Amazon Web ServicesでWordPress
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
今年もSSII
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
書籍『ROSプログラミング』
PolyPaint
服飾デザインツール『CLO』
Google App EngineでWordPress
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
UnityでLight Shaftを表現する

コメント