オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

いつか試そうと思ってだいぶ時間が経ってしまったんだけど、オープンソースのグローバルイルミネーションレンダラのMitsubaMayaと連携するためのプラグインもあるので試してみた。
https://github.com/mitsuba-renderer/mitsuba


スポンサーリンク


ところが、このプラグイン、想像してたのと違って、あんまり連携感がない。Maya上のオブジェクトを描画できるわけだけど、もろもろの設定はMayaのGUIではなく、結局xmlの設定ファイルを直接いじるタイプだった。(MayaのGUI上でxmlを編集するエディタが立ち上がる。)

そんで、もうちょっと調べてみたら、有志(?)でMitsubaをPythonでラップしてプラグインっぽくした人がいた。→Installing MitsubaForMaya
プラグインコード(Python)とサンプルプロジェクトがGitHubに上がっている。→MitsubaForMaya

で、やってみた。このプラグインは外部のMitsubaのexeを呼び出す操作をラップしてMayaのGUI操作ライクにしてくれてるんだけど、コードの中に絶対パスを書いていて、エラーまみれになった。GUIはよくできてたんだけどね。もうちょっと中身読めば修正できそうな気もする。

で、いったんMayaで動かすのはあきらめて、MitsubaのスタンドアローンのGUIアプリを実行してみた。レンダリングするシーンファイルのサンプルが公式のダウンロードページに置いてある。試したのは毛糸のマフラーみたいなやつSiggraph2010で発表されたこの論文のデータね。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした画像をPhotoshopで補正した。



まるで実写みたい。
Pythonのインターフェイスあるみたいだから、上手く使えばAPIっぽく自前のプログラムから使えると思うんだけど、なかなかサンプルが見当たらない。


スポンサーリンク

Mitsuba – physically based renderer

Screenshot of www.mitsuba-renderer.org


http://3dnchu.com/archives/mitsuba-0-5-0/

http://rgl.epfl.ch/publications/NimierDavidVicini2019Mitsuba2


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
MFnMeshクラスのsplit関数
まだ続くブログの不調
アニゴジ関連情報
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
マイケル・ベイの動画の感覚
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Unite 2014の動画
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ラクガキの立体化 胴体の追加
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
ブログの復旧が難航してた話
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
デザインのリファイン再び
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
MRenderUtil::raytrace
クラスの基本

コメント