オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

オープンソースのグローバルイルミネーションレンダラのMitsuba

Mitsuba – physically based renderer

Mitsubaは、PBRTのスタイルに則った研究指向のレンダリングシステムで、多くのインスピレーションを得ています。
Mitsubaは移植性の高いC++で記述されており、偏りのない手法と偏りのない手法を実装し、現在のCPUアーキテクチャを対象とした高度な最適化が含まれています。
Mitsubaは非常にモジュール式です:コアライブラリの小さなセットと、マテリアルや光源から完全なレンダリングアルゴリズムに至るまでの機能を実装する100種類を超えるプラグインで構成されています。

他のオープンソースレンダラーと比較して、MitsubaはMetropolis Light Transportのパスベースの定式化やボリュメトリックモデリングアプローチなどの実験的レンダリング技術に重点を置いています。
そのため、まだ主流のレンダラーへの道を見つけていないようなテクニックを試してみたい人にとっては本当に興味があるかもしれませんし、この領域での研究のための強固な基盤も提供します。

このレンダラーは現在Linux, MacOS X, Microsoft Windowsに対応し、x86, x86_64プラットフォームでのSSE2最適化を利用しています。
これまでのところ、その主な用途はコンピューターグラフィックスのアルゴリズム開発のテストベッドとしてでしたが、他にも多くの興味深いアプリケーションがあります。

Mitsubaには、シーンをインタラクティブに探索するためのコマンドラインインターフェイスとグラフィカルフロントエンドが付属しています。
ナビゲート中、大まかなプレビューが表示され、すべての動きが停止するとすぐに精度が向上します。
視点が選択されると、幅広いレンダリング技術を使用して画像を生成し、それらのパラメーターをプログラム内から調整できます。


スポンサーリンク

ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/mitsuba-renderer/mitsuba


スポンサーリンク


いつか試そうと思ってだいぶ時間が経ってしまったんだけど、MitsubaにはMayaと連携するためのプラグインもあるので試してみた。
https://github.com/mitsuba-renderer/mitsuba

ところが、このプラグイン、想像してたのと違って、あんまり連携感がない。Maya上のオブジェクトを描画できるわけだけど、もろもろの設定はMayaのGUIではなく、結局xmlの設定ファイルを直接いじるタイプだった。(MayaのGUI上でxmlを編集するエディタが立ち上がる。)

そんで、もうちょっと調べてみたら、有志(?)でMitsubaをPythonでラップしてプラグインっぽくした人がいた。→Installing MitsubaForMaya
プラグインコード(Python)とサンプルプロジェクトがGitHubに上がっている。→MitsubaForMaya

で、やってみた。このプラグインは外部のMitsubaのexeを呼び出す操作をラップしてMayaのGUI操作ライクにしてくれてるんだけど、コードの中に絶対パスを書いていて、エラーまみれになった。GUIはよくできてたんだけどね。もうちょっと中身読めば修正できそうな気もする。

で、いったんMayaで動かすのはあきらめて、MitsubaのスタンドアローンのGUIアプリを実行してみた。レンダリングするシーンファイルのサンプルが公式のダウンロードページに置いてある。試したのは毛糸のマフラーみたいなやつSiggraph2010で発表されたこの論文のデータね。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした画像をPhotoshopで補正した。



まるで実写みたい。
Pythonのインターフェイスがあるみたいだから、上手く使えばAPIっぽく自前のプログラムから使えると思うんだけど、なかなかサンプルが見当たらない。

http://rgl.epfl.ch/publications/NimierDavidVicini2019Mitsuba2

2019年 追記:Siggraph Asia 2019でMitsuba 2が発表された↓
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
5年前にオープンソースの物理ベースレンダラ「Mitsuba」でちょっと遊んでみたことがあった↓Siggraph Asia 2019でMitsuba 2が発表されたらしい↓Mitsuba 2: A Retargetable Forw...


スポンサーリンク

関連記事

UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ラクガキの立体化 目標設定
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
3Dグラフィックスの入門書
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
MFnDataとMFnAttribute
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Google App Engineのデプロイ失敗
ZBrush 2018での作業環境を整える
UnityのAR FoundationでARKit 3
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
3D復元技術の情報リンク集
UnityでARKit2.0
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール

コメント