ZBrushで手首のモデリングをリファイン

Blenderでリギングしたくてポーズ変更だけするつもりだったのだけど



眺めているとやっぱりモデリングそのものが気にくわなくなってくるんですよ。
動かすことを考えると、特に手のモデリングはやり直さないといけない気がしてくる。こういうのがちっとも前に進まない所以です。

そして、オイラは手のモデリングが未だに下手クソで…
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrush 2018での環境設定を整えたところで、 以前3Dプリントフィギュアを作った時はMakeHumanの流用で済ませてしまった手首のモデリングの練習をしてみようと思う。 ところで、ZBrushでの作業は「モデリン...


細長いものの形状をZBrushで整えるのが上手くできないのよね。

ZBrushで手をモデリングするチュートリアル動画を色々見ると、まずMoveブラシで真っ直ぐに指を引き出して、Transposeを使って指の曲げ具合を調整している例が多い。
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushCoreはZBrushの機能を限定した廉価版という位置づけだけど、逆にフル版のZBrush4R7には無い機能(?)も実はあるんだよね。通常のZBrushでモデルの移動、拡大縮小、回転操作を行う機能はTransposeだけだ...



スポンサーリンク


以前このキャラクターの手を作った時は、ゼロから手をモデリングしたんじゃなくて、MakeHumanの手を移植したものをベースにモデリングしたのだった。
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
何となく締め切りを決めたのでちょっと急いでいる。 胸像を目標にするとして、少なくとも上半身は作り込むのです。 背中の作り込み 今まであんまりしっかり考えていなかった背中のディティールを勢いで入れた。背骨とか脊髄的なイメージでC...


今度はZBrush標準でライトボックスに入っている手首のZSphere mannequinを使ってやってみる。



手首のZSphere mannequinをいったんZToolとして保存し、キャラクターのZProjectに挿入して配置する。



位置が決まったらMeshに変換してミラー、形状を作っていく。



前回も形状はかなりいい加減だったけど、今回も結局適当に肉を盛り付ける程度に。



少しS.I.C.シャドームーンの手を真似ることも考えたけど。



これが今のオイラの限界。



今回は手首、腕、胴体を結合して1つのSubToolにして



UV展開もやり直した。

ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushで趣味モデリングとかやってるけど、現在オイラはオフラインレンダラを持っていない。で、ちょっと考えてみたら、静止画だけならUnityのstatc GIで代用できる気がしてきた。UnityのGIのライトマップはテクスチャと...


モデリングをやり直しているとテクスチャも描きたくなってくるけど我慢…

そして再びDisplacement Map, Normal Mapを作成して、Multi Map ExporterでOBJファイルとテクスチャをエクスポート。
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
この記事の続きです↓ZBrushで作ったモデルをただBlender上に表示するだけならGoBでも良いんですが、今回の目的はリギング、アニメーションです。ZBrush上でモデルの準備前提として、モデルはすでにZBrush上で...


Blenderへインポートして、モディファイアでSubdivision Surface, Displacement Mapを設定した↓



ディティールの引き出しが全然無い。久しぶりにこの画集を引っ張り出して眺めるか↓

篠原 保 画集 イコン


スポンサーリンク

関連記事

UnityのTransformクラスについて調べてみた
3D復元技術の情報リンク集
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Stanford Bunny
サンプルコードにも間違いはある?
Vancouver Film Schoolのデモリール
WebGL開発に関する情報が充実してきている
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
HD画質の無駄遣い
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Unreal Engine 5の情報が公開された!
OpenMayaRender
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Pix2Pix:CGANによる画像変換
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
最近のフィギュアの製造工程
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
HD画質の無駄遣い その2

コメント