ZBrushで手首のモデリングをリファイン

Blenderでリギングしたくてポーズ変更だけするつもりだったのだけど



眺めているとやっぱりモデリングそのものが気にくわなくなってくるんですよ。
動かすことを考えると、特に手のモデリングはやり直さないといけない気がしてくる。こういうのがちっとも前に進まない所以です。

そして、オイラは手のモデリングが未だに下手クソで…
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrush 2018での環境設定を整えたところで、 以前3Dプリントフィギュアを作った時はMakeHumanの流用で済ませてしまった手首のモデリングの練習をしてみようと思う。 ところで、ZBrushでの作業は「モデリン...


細長いものの形状をZBrushで整えるのが上手くできないのよね。

ZBrushで手をモデリングするチュートリアル動画を色々見ると、まずMoveブラシで真っ直ぐに指を引き出して、Transposeを使って指の曲げ具合を調整している例が多い。
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushCoreはZBrushの機能を限定した廉価版という位置づけだけど、逆にフル版のZBrush4R7には無い機能(?)も実はあるんだよね。通常のZBrushでモデルの移動、拡大縮小、回転操作を行う機能はTransposeだけだ...



スポンサーリンク


以前このキャラクターの手を作った時は、ゼロから手をモデリングしたんじゃなくて、MakeHumanの手を移植したものをベースにモデリングしたのだった。
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
何となく締め切りを決めたのでちょっと急いでいる。 胸像を目標にするとして、少なくとも上半身は作り込むのです。 背中の作り込み 今まであんまりしっかり考えていなかった背中のディティールを勢いで入れた。背骨とか脊髄的なイメージでC...


今度はZBrush標準でライトボックスに入っている手首のZSphere mannequinを使ってやってみる。



手首のZSphere mannequinをいったんZToolとして保存し、キャラクターのZProjectに挿入して配置する。



位置が決まったらMeshに変換してミラー、形状を作っていく。



前回も形状はかなりいい加減だったけど、今回も結局適当に肉を盛り付ける程度に。



少しS.I.C.シャドームーンの手を真似ることも考えたけど。



これが今のオイラの限界。



今回は手首、腕、胴体を結合して1つのSubToolにして



UV展開もやり直した。

ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushで趣味モデリングとかやってるけど、現在オイラはオフラインレンダラを持っていない。で、ちょっと考えてみたら、静止画だけならUnityのstatc GIで代用できる気がしてきた。UnityのGIのライトマップはテクスチャと...


モデリングをやり直しているとテクスチャも描きたくなってくるけど我慢…

そして再びDisplacement Map, Normal Mapを作成して、Multi Map ExporterでOBJファイルとテクスチャをエクスポート。
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
この記事の続きです↓ZBrushで作ったモデルをただBlender上に表示するだけならGoBでも良いんですが、今回の目的はリギング、アニメーションです。ZBrush上でモデルの準備前提として、モデルはすでにZBrush上で...


Blenderへインポートして、モディファイアでSubdivision Surface, Displacement Mapを設定した↓



ディティールの引き出しが全然無い。久しぶりにこの画集を引っ張り出して眺めるか↓

篠原 保 画集 イコン


スポンサーリンク

関連記事

Unityで360度ステレオVR動画を作る
Unreal Engineの薄い本
布のモデリング
3Dグラフィックスの入門書
Photogrammetry (写真測量法)
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
参考書
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
Vancouver Film Schoolのデモリール
アニゴジ関連情報
OpenMayaRender
「第一志望群」という謎の言葉よりも
黒歴史
人脈
ジュラシック・パークのメイキング
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unreal Engine 5の情報が公開された!
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
立体視を試してみた
2012のメイキングまとめ(途中)
社会人になったら…
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
テスト
Web時代の教育方法
参考になりそうなサイト
SIGGRAPH ASIAのマスコット
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ゴジラの造形
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
3DCGのモデルを立体化するサービス
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』

コメント