Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218

Intel® Open Image Denoise in Blender 2.81 | GDC 2020 | Intel Software


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH ASIAのマスコット
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushのUV MasterでUV展開
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
顔のモデリング
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Unreal Engineの薄い本
ゴジラの造形
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
UnityのGlobal Illumination
ジュラシック・パークのメイキング
AfterEffectsプラグイン開発
Maya LTのQuick Rigを試す
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ZScript
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
マジョーラ
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrush 4R7
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Unityの薄い本
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
adskShaderSDK
OpenMayaRender
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?

コメント