Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218

Intel® Open Image Denoise in Blender 2.81 | GDC 2020 | Intel Software


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
UnityでARKit2.0
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Unityで360度ステレオVR動画を作る
WebGL開発に関する情報が充実してきている
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Stanford Bunny
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Unityをレンダラとして活用する
ZBrushで基本となるブラシ
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZScript
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
生物の骨格
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ラクガキの立体化 目標設定
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
マイケル・ベイの動画の感覚
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
デスクトップPCを新調した!
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』

コメント