Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218

Intel® Open Image Denoise in Blender 2.81 | GDC 2020 | Intel Software


スポンサーリンク

関連記事

clearcoat Shader
生物の骨格
参考になりそうなサイト
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
UnityのAR FoundationでARKit 3
Oculus Goを購入!
ZBrush 4R8 リリース!
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
CGのためのディープラーニング
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Blender 2.8がついに正式リリース!
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
UnityでPoint Cloudを表示する方法
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
CreativeCOW.net
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Stanford Bunny
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Unreal Engine 5の情報が公開された!
PolyPaint
Houdiniのライセンスの種類

コメント