Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218



スポンサーリンク

関連記事

TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
素敵なパーティクル
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ゴジラ三昧
adskShaderSDK
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
UnityのAR FoundationでARKit 3
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrush 4R8 リリース!
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
WebGL開発に関する情報が充実してきている
デスクトップPCを新調した!
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Vancouver Film Schoolのデモリール
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushの作業環境を見直す
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZScript
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Unite 2014の動画
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Blender 2.8がついに正式リリース!
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ラクガキの立体化 目標設定
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Unityの薄い本
ゴジラの造形
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
CGのためのディープラーニング

コメント