Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218



スポンサーリンク

関連記事

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
無料で使える人体3DCG作成ツール
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
タマムシっぽい質感
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
Raytracing Wiki
SIGGRAPH Asia
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
色んな三面図があるサイト
ゴジラ(2014)のメイキング
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Photogrammetry (写真測量法)
UnityのTransformクラスについて調べてみた
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Mayaのプラグイン開発
注文してた本が届いた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ラクガキの立体化
PolyPaint
Paul Debevec
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
2012のメイキングまとめ(途中)
clearcoat Shader
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrush 2018での作業環境を整える
布地のシワの法則性
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン

コメント