Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218



スポンサーリンク

関連記事

Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Maya LTのQuick Rigを試す
黒歴史
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
CreativeCOW.net
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ゴジラ三昧
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ジュラシック・パークのメイキング
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
素敵なパーティクル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
アニゴジ関連情報
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
自前Shaderの件 解決しました
BlenderのRigifyでリギング
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
3Dグラフィックスの入門書
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
無料で使える人体3DCG作成ツール
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する

コメント