Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218



スポンサーリンク

関連記事

フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushトレーニング
Mayaのプラグイン開発
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
デスクトップPCのパワーアップを考える
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
デザインのリファイン再び
UnityのAR FoundationでARKit 3
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
シン・ゴジラのファンアート
iPhone欲しいなぁ
デスクトップPCを新調した!
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ラクガキの立体化 胴体の追加
Raytracing Wiki
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Unreal Engine 5の情報が公開された!

コメント