Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218

Intel® Open Image Denoise in Blender 2.81 | GDC 2020 | Intel Software


スポンサーリンク

関連記事

顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ゴジラの造形
Oculus Goを購入!
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ZBrush 4R8 リリース!
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
iPhone欲しいなぁ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Maya 2015から標準搭載されたMILA
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
生物の骨格
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
Mayaのレンダリング アトリビュート
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
海外ドラマのChromaKey
ジュラシック・パークのメイキング
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Blenderでよく使うaddon
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
顔のモデリング
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Stanford Bunny
素敵なパーティクル
Vancouver Film Schoolのデモリール
天体写真の3D動画

コメント