Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218


スポンサーリンク

関連記事

OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ゴジラ(2014)のメイキング
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
NICOGRAPHって有名?
なりたい自分?
MFnDataとMFnAttribute
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
色んな三面図があるサイト
Unityで360度ステレオVR動画を作る
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
素敵なパーティクル
ZBrushのUV MasterでUV展開
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
CEDEC 3日目
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
UnityでLight Shaftを表現する
ガメラ生誕50周年
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
布のモデリング
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Adobe Photoshop CS5の新機能
UnityでPoint Cloudを表示する方法
黒歴史
テスト
ラクガキの立体化 胴体の追加
ZBrushで基本となるブラシ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh

コメント