Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う

Blender 2.81からIntel Open Image Denoiseが標準搭載されたというので試してみた。

Blenderに搭載されているパストレーシングレンダラーCyclesのデフォルト設定ではレンダリング時のサンプリング数が128になっているけど、これをビューポートプレビューと同じ32まで減らしてみる↓




スポンサーリンク


そして、CompositingでDenoiseフィルタノードを追加し、以下のように接続↓



連番でファイル保存したかったのでFile Outputもつないでいるけど、1枚画をレンダリングしたいだけだったらCompositeだけでもOK。
AO出力に対してもDenoiseを繋いでいるのは、単にAOに対してもDenoiseを試したかっただけ大した意味は無いです。


スポンサーリンク



左がDenoise前、右がDenoise後↓



これでGIレンダリングのレンダリング時間もかなり短縮できるな。
https://3dnchu.com/archives/intel-open-image-denoiser-blender281/
https://t0rry.hatenablog.com/entry/2019/08/24/105218

Intel® Open Image Denoise in Blender 2.81 | GDC 2020 | Intel Software


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ZBrush 2018へのアップグレード
海外ドラマのChromaKey
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ZBrush 4R8 リリース!
AfterEffectsプラグイン開発
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
シン・ゴジラのファンアート
Pix2Pix:CGANによる画像変換
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
布のモデリング
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
UnityでPoint Cloudを表示する方法
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
服飾デザインツール『CLO』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Physically Based Rendering
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
iPhone欲しいなぁ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
PolyPaint
ZBrushで基本となるブラシ
自前Shaderの件 解決しました
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Maya 2015から標準搭載されたMILA
3D復元技術の情報リンク集

コメント