Unreal Engineの薄い本

Unreal Engineのソースコードについて解説した同人誌を買ってみた。

Dive to Unreal Engine 4

Dive to Unreal Engine 4

本書は「Unreal Engine 4のソースコードにどっぷり浸かって、知られていないUE4の深層を覗いてみよう」という趣旨で書かれてます。開発版のソースコードの取得・ビルドから、ソースコードから分かったUndocumentedな話まで取り上げています。


スポンサーリンク

今まであんまり同人誌というジャンルに縁が無かったんだけど、最近は通販で購入できたりするのでニッチな情報へのアクセスが格段に楽になった印象。


スポンサーリンク


こういう本を買いつつ、まだこっちの書籍を読みながらコーディング以外のUnreal Engineの基本操作を勉強している段階なんだけどね。↓

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

こっちの書籍のすごいところは、Unreal Engineに解説以前に、プロのゲーム制作のワークフローをベースとして順に操作方法を解説しているところ。非常に丁寧で、その分ボリュームもすごいです。本書の解説に使われているデータは購入者特典ダウンロードデータとして配布されているので、同じように真似しながら読み進めていける。

Unreal Engineは、プログラマによるコーディング作業をしなくてもかなりのレベルに作り込んでいけるブループリントという機能が大きな目玉となっているけど、オイラの用途としてはプラグインとか外部のライブラリとの連携を考えているので、内部の仕組みをそこそこ知っていないとチューニングできないだろうなぁ、と。Uneal Engineのスクリプト言語はC++と聞いているけど、普通にC++のライブラリが使えたりするんだろうか。
外部連携以外の部分はなるべくコーディング無しで仕上げたいのでGUIのマテリアルエディタも充実しているUnreal Engineに色々と期待してしまう。


スポンサーリンク

関連記事

MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ドットインストールのWordPress入門レッスン
HD画質の無駄遣い その2
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Blenderでよく使うaddon
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
Oculus Goを購入!
iPhone欲しいなぁ
Konashiを買った
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
Iterator
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
マジョーラ
MFnDataとMFnAttribute
ZScript
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
オープンソースの取引プラットフォーム
UnityでLight Shaftを表現する
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Raspberry PiでIoTごっこ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
Model View Controller
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
C++始めようと思うんだ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
ManimML:機械学習の概念を視覚的に説明するためのライブラリ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)

コメント