Unreal Engineの薄い本

Unreal Engineのソースコードについて解説した同人誌を買ってみた。

Dive to Unreal Engine 4

Dive to Unreal Engine 4

本書は「Unreal Engine 4のソースコードにどっぷり浸かって、知られていないUE4の深層を覗いてみよう」という趣旨で書かれてます。開発版のソースコードの取得・ビルドから、ソースコードから分かったUndocumentedな話まで取り上げています。


スポンサーリンク

今まであんまり同人誌というジャンルに縁が無かったんだけど、最近は通販で購入できたりするのでニッチな情報へのアクセスが格段に楽になった印象。


スポンサーリンク


こういう本を買いつつ、まだこっちの書籍を読みながらコーディング以外のUnreal Engineの基本操作を勉強している段階なんだけどね。↓

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

こっちの書籍のすごいところは、Unreal Engineに解説以前に、プロのゲーム制作のワークフローをベースとして順に操作方法を解説しているところ。非常に丁寧で、その分ボリュームもすごいです。本書の解説に使われているデータは購入者特典ダウンロードデータとして配布されているので、同じように真似しながら読み進めていける。

Unreal Engineは、プログラマによるコーディング作業をしなくてもかなりのレベルに作り込んでいけるブループリントという機能が大きな目玉となっているけど、オイラの用途としてはプラグインとか外部のライブラリとの連携を考えているので、内部の仕組みをそこそこ知っていないとチューニングできないだろうなぁ、と。Uneal Engineのスクリプト言語はC++と聞いているけど、普通にC++のライブラリが使えたりするんだろうか。
外部連携以外の部分はなるべくコーディング無しで仕上げたいのでGUIのマテリアルエディタも充実しているUnreal Engineに色々と期待してしまう。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ブログが1日ダウンしてました
UnityでARKit2.0
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ROSの薄い本
Subsurface scatteringの動画
TVML (TV program Making language)
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushトレーニング
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
布地のシワの法則性
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
WordPress on Windows Azure
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
CreativeCOW.net
clearcoat Shader
フルCGのウルトラマン!?
WebGL開発に関する情報が充実してきている
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Managing Software Requirements: A Unified Approach
今年もSSII
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Unityの薄い本

コメント