Unreal Engineの薄い本

Unreal Engineのソースコードについて解説した同人誌を買ってみた。

Dive to Unreal Engine 4

Dive to Unreal Engine 4

本書は「Unreal Engine 4のソースコードにどっぷり浸かって、知られていないUE4の深層を覗いてみよう」という趣旨で書かれてます。開発版のソースコードの取得・ビルドから、ソースコードから分かったUndocumentedな話まで取り上げています。


スポンサーリンク

今まであんまり同人誌というジャンルに縁が無かったんだけど、最近は通販で購入できたりするのでニッチな情報へのアクセスが格段に楽になった印象。


スポンサーリンク


こういう本を買いつつ、まだこっちの書籍を読みながらコーディング以外のUnreal Engineの基本操作を勉強している段階なんだけどね。↓

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

こっちの書籍のすごいところは、Unreal Engineに解説以前に、プロのゲーム制作のワークフローをベースとして順に操作方法を解説しているところ。非常に丁寧で、その分ボリュームもすごいです。本書の解説に使われているデータは購入者特典ダウンロードデータとして配布されているので、同じように真似しながら読み進めていける。

Unreal Engineは、プログラマによるコーディング作業をしなくてもかなりのレベルに作り込んでいけるブループリントという機能が大きな目玉となっているけど、オイラの用途としてはプラグインとか外部のライブラリとの連携を考えているので、内部の仕組みをそこそこ知っていないとチューニングできないだろうなぁ、と。Uneal Engineのスクリプト言語はC++と聞いているけど、普通にC++のライブラリが使えたりするんだろうか。
外部連携以外の部分はなるべくコーディング無しで仕上げたいのでGUIのマテリアルエディタも充実しているUnreal Engineに色々と期待してしまう。


スポンサーリンク

関連記事

iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
テスト
html5のcanvasの可能性
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
UnityでLight Shaftを表現する
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Adobe Photoshop CS5の新機能
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
布のモデリング
CreativeCOW.net
Raspberry Pi
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Blender 2.8がついに正式リリース!
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
C++の抽象クラス
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Unityの薄い本
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
オーバーロードとオーバーライド
WebGL開発に関する情報が充実してきている
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
プログラムによる景観の自動生成
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushの作業環境を見直す
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
『ピクサー展』へ行ってきた

コメント