Unreal Engineの薄い本

Unreal Engineのソースコードについて解説した同人誌を買ってみた。

Dive to Unreal Engine 4

Dive to Unreal Engine 4

本書は「Unreal Engine 4のソースコードにどっぷり浸かって、知られていないUE4の深層を覗いてみよう」という趣旨で書かれてます。開発版のソースコードの取得・ビルドから、ソースコードから分かったUndocumentedな話まで取り上げています。


スポンサーリンク

今まであんまり同人誌というジャンルに縁が無かったんだけど、最近は通販で購入できたりするのでニッチな情報へのアクセスが格段に楽になった印象。


スポンサーリンク


こういう本を買いつつ、まだこっちの書籍を読みながらコーディング以外のUnreal Engineの基本操作を勉強している段階なんだけどね。↓

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

こっちの書籍のすごいところは、Unreal Engineに解説以前に、プロのゲーム制作のワークフローをベースとして順に操作方法を解説しているところ。非常に丁寧で、その分ボリュームもすごいです。本書の解説に使われているデータは購入者特典ダウンロードデータとして配布されているので、同じように真似しながら読み進めていける。

Unreal Engineは、プログラマによるコーディング作業をしなくてもかなりのレベルに作り込んでいけるブループリントという機能が大きな目玉となっているけど、オイラの用途としてはプラグインとか外部のライブラリとの連携を考えているので、内部の仕組みをそこそこ知っていないとチューニングできないだろうなぁ、と。Uneal Engineのスクリプト言語はC++と聞いているけど、普通にC++のライブラリが使えたりするんだろうか。
外部連携以外の部分はなるべくコーディング無しで仕上げたいのでGUIのマテリアルエディタも充実しているUnreal Engineに色々と期待してしまう。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushの練習 手のモデリング
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
C++の抽象クラス
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Raspberry Pi 2を買いました
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ポリ男からMetaHumanを作る
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ラクガキの立体化 反省
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
オーバーロードとオーバーライド
Mayaのレンダリング アトリビュート
ROSの薄い本
ゴジラ三昧
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Vancouver Film Schoolのデモリール
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ZBrushでカスタムUIを設定する
Maya API Reference

コメント