WinSCP

WinSCPって、そいういえば学生の頃に使ってたなぁ、と最近思い出したんだけど、こいつを使えばPasSへの操作が楽になるんじゃないかと気づき始めた。WordPressを使うとほとんど管理画面上で設定できるんだけど、セキュリティが絡む設定はいじれないんで、やっぱり多少はssh接続での操作は必要になるんだよね。でもあんまりコマンドラインだけで操作したくない。個人的な感覚だけど、ミスが増えるんだよね。

改めて調べたら、内部でPuTTYを利用しているってのを初めて知った。↓


スポンサーリンク

WinSCPはSSHを利用してファイルを暗号化しコンピューター間でファイル転送を行うアプリケーションソフトウェア。Microsoft Windows上で動作する。SSHの機能のうちSCP (Secure copy) とSFTPサブシステムを利用することができ、FTPSサーバへの接続も可能である。
WinSCPは、チェコ出身のMartin Prikrylによって作成され、オープンソースとして発表されている。プログラム内部ではPuTTYを利用してSSHの利用を実現している。

ということで、Amazon EC2はPuTTYでの接続を推奨しているので相性が良さそう、と思ったら公式でも説明があった。
WinSCP を使った、インスタンスへのファイルの転送

【AWS】EC2上のAmazon Linux AMIへのWinscp接続

意外と、大学で学んだことは汎用性が高いな。


スポンサーリンク

関連記事

WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
ディープラーニング
Unreal Engineの薄い本
Raspberry Pi 2を買いました
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
クラスの基本
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
ブログが1日ダウンしてました
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
まだ続くブログの不調
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
このブログのデザインに飽きてきた
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
UnityでARKit2.0
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
ZScript

コメント