WinSCP

WinSCPって、そいういえば学生の頃に使ってたなぁ、と最近思い出したんだけど、こいつを使えばPasSへの操作が楽になるんじゃないかと気づき始めた。WordPressを使うとほとんど管理画面上で設定できるんだけど、セキュリティが絡む設定はいじれないんで、やっぱり多少はssh接続での操作は必要になるんだよね。でもあんまりコマンドラインだけで操作したくない。個人的な感覚だけど、ミスが増えるんだよね。

改めて調べたら、内部でPuTTYを利用しているってのを初めて知った。↓


スポンサーリンク

WinSCPはSSHを利用してファイルを暗号化しコンピューター間でファイル転送を行うアプリケーションソフトウェア。Microsoft Windows上で動作する。SSHの機能のうちSCP (Secure copy) とSFTPサブシステムを利用することができ、FTPSサーバへの接続も可能である。
WinSCPは、チェコ出身のMartin Prikrylによって作成され、オープンソースとして発表されている。プログラム内部ではPuTTYを利用してSSHの利用を実現している。

ということで、Amazon EC2はPuTTYでの接続を推奨しているので相性が良さそう、と思ったら公式でも説明があった。
WinSCP を使った、インスタンスへのファイルの転送

【AWS】EC2上のAmazon Linux AMIへのWinscp接続

意外と、大学で学んだことは汎用性が高いな。


スポンサーリンク

関連記事

実は頻発しているブログの不具合
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
続・ディープラーニングの資料
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
Konashiを買った
Unityで学ぶC#
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
adskShaderSDK
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Model View Controller
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
AMIMOTO HHVMのパッケージを3.9へ更新
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す

コメント