WinSCP

WinSCPって、そいういえば学生の頃に使ってたなぁ、と最近思い出したんだけど、こいつを使えばPasSへの操作が楽になるんじゃないかと気づき始めた。WordPressを使うとほとんど管理画面上で設定できるんだけど、セキュリティが絡む設定はいじれないんで、やっぱり多少はssh接続での操作は必要になるんだよね。でもあんまりコマンドラインだけで操作したくない。個人的な感覚だけど、ミスが増えるんだよね。

改めて調べたら、内部でPuTTYを利用しているってのを初めて知った。↓


スポンサーリンク

WinSCPはSSHを利用してファイルを暗号化しコンピューター間でファイル転送を行うアプリケーションソフトウェア。Microsoft Windows上で動作する。SSHの機能のうちSCP (Secure copy) とSFTPサブシステムを利用することができ、FTPSサーバへの接続も可能である。
WinSCPは、チェコ出身のMartin Prikrylによって作成され、オープンソースとして発表されている。プログラム内部ではPuTTYを利用してSSHの利用を実現している。

ということで、Amazon EC2はPuTTYでの接続を推奨しているので相性が良さそう、と思ったら公式でも説明があった。
WinSCP を使った、インスタンスへのファイルの転送

【AWS】EC2上のAmazon Linux AMIへのWinscp接続

意外と、大学で学んだことは汎用性が高いな。


スポンサーリンク

関連記事

C++始めようと思うんだ
Google Chromecast
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
WebGL開発に関する情報が充実してきている
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
adskShaderSDK
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
機械学習手法『Random Forest』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
まだ続くブログの不調
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
html5のcanvasの可能性
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Mean Stack開発の最初の一歩
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Mayaのプラグイン開発
OpenCVで動画の手ぶれ補正
オープンソースの取引プラットフォーム
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
実は頻発しているブログの不具合
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード

コメント