UnityでLight Shaftを表現する

ここ最近Unityの話題ばかりだけど、今回もまたUnity関連の話。

空気中の細かいチリや、煙を焚いた時に、光源から光の筋が見える現象を”Light Shaft“と呼んだりしますね。Mayaとかのプリレンダ環境なら、Depth Map Shadowとか使えば割と簡単に表現できる現象なんだけど、リアルタイムだとそれなりの計算コストになる。リアルタイムで実現するには、光源の数やバッファサイズにかなり気を付けないと処理落ちしてしまう。


スポンサーリンク


で、そんなLight Shaft表現をUnityで実現するScriptをGitHubで公開している方がいる↓

robertcupisz/LightShafts

I made a more decent light shafts effect for #unity: Anyone interested? 🙂 #unity3d

Robert Cupiszさん(@robertcupisz)が投稿した動画 –



このコード、ありがたいことにパブリックドメインだそうです。
使い方は簡単で、Unity標準のライトにアタッチして使用する。対応しているのはDirectional lightSpot light。後は様子を見ながらバッファサイズやサンプリングサイズを調整してやるだけ。

LightShafts

実装の元となった論文はこちら↓
https://www.semanticscholar.org/paper/Epipolar-sampling-for-shadows-and-crepuscular-rays-Engelhardt-Dachsbacher/2b9640253af2bf397232f2436eddce2cf1d5f1eb

こういう表現が加わると一気に奥行きが増して素敵ね。

その後、Unity Adam demoにも使われたようです↓
https://github.com/Unity-Technologies/VolumetricLighting

ADAM: Episode 1

2018年9月 追記:今ならAuraという無料のAssetがある↓


スポンサーリンク

Aura – Volumetric Lighting

Aura – Reveal Teaser

AuraはUnityのためのオープンソースのvolumetric lightingソリューションです。
開発はGitHubにホストされ、最新のパッケージはAsset Storeに公開されています。

Auraは、環境の空気などの媒体中の光の散乱や、この環境に存在する眼球/カメラには見えない微粒子の照明をシミュレートします。
この効果はvolumetric fogとも呼ばれます。

GitHubのリポジトリはこちら↓
https://github.com/raphael-ernaelsten/Aura

Aura – On/Off Comparison

ドキュメントはこちら↓
http://www.raphick.be/aura/documentation/

Auraの内部で行われる処理の概要図↓

Aura - Volumetric Lighting for Unity

2019年追記:有料版のAura 2がリリースされています↓

Aura 2 – Volumetric Lighting & Fog

Aura 2 – Release Trailer

Aura 2はUnity用のvolumetric lighting/fogソリューションです。
Aura 2は、環境中に存在する肉眼・カメラでは捉えられないほど小さな微粒子の照明効果をシミュレートします。

Aura 2はUnityに最先端のvolumetric lightingシステムを提供します。
このレンダリング手法は、Tomb Raider, God Of War, Red Dead Redemption 2, Assassin’s Creed Odysseyなどの最新のハイエンドゲームで使用されているものと同じです。

VOLUMETRIC LIGHTING in Unity | Aura 2 and Bolt


スポンサーリンク

関連記事

OpenMVSのサンプルを動かしてみる
デザインのリファイン再び
Open Shading Language (OSL)
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
OpenMayaのPhongShaderクラス
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
TVML (TV program Making language)
Pix2Pix:CGANによる画像変換
色んな三面図があるサイト
Physically Based Rendering
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrush 2018での作業環境を整える
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
テスト
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
C++始めようと思うんだ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushトレーニング
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...

コメント