UnityでLight Shaftを表現する

空気中の細かいチリや、煙を焚いた時に、光源から光の筋が見える現象を”Light Shaft“と呼んだりしますね。Mayaとかのプリレンダ環境なら、Depth Map Shadowとか使えば割と簡単に表現できる現象なんだけど、リアルタイムだとそれなりの計算コストになる。リアルタイムで実現するには、光源の数やバッファサイズにかなり気を付けないと処理落ちしてしまう。

追記:以下はUnity 5の時代の古い情報です。最新のUnityでは標準機能で表現可能です。


スポンサーリンク


で、そんなLight Shaft表現をUnityで実現するScriptをGitHubで公開している方がいる↓

robertcupisz/LightShafts

I made a more decent light shafts effect for #unity: Anyone interested? 🙂 #unity3d

Robert Cupiszさん(@robertcupisz)が投稿した動画 –



このコード、ありがたいことにパブリックドメインだそうです。
使い方は簡単で、Unity標準のライトにアタッチして使用する。対応しているのはDirectional lightSpot light。後は様子を見ながらバッファサイズやサンプリングサイズを調整してやるだけ。

LightShafts

実装の元となった論文はこちら↓
https://www.semanticscholar.org/paper/Epipolar-sampling-for-shadows-and-crepuscular-rays-Engelhardt-Dachsbacher/2b9640253af2bf397232f2436eddce2cf1d5f1eb

こういう表現が加わると一気に奥行きが増して素敵ね。

その後、Unity Adam demoにも使われたようです↓
https://github.com/Unity-Technologies/VolumetricLighting



2018年9月 追記:今ならAuraという無料のAssetがある↓


スポンサーリンク

Aura – Volumetric Lighting


AuraはUnityのためのオープンソースのvolumetric lightingソリューションです。
開発はGitHubにホストされ、最新のパッケージはAsset Storeに公開されています。

Auraは、環境の空気などの媒体中の光の散乱や、この環境に存在する眼球/カメラには見えない微粒子の照明をシミュレートします。
この効果はvolumetric fogとも呼ばれます。

GitHubのリポジトリはこちら↓
https://github.com/raphael-ernaelsten/Aura



ドキュメントはこちら↓
http://www.raphick.be/aura/documentation/

Auraの内部で行われる処理の概要図↓

Aura - Volumetric Lighting for Unity

2019年追記:有料版のAura 2がリリースされています↓

Aura 2 – Volumetric Lighting & Fog


Aura 2はUnity用のvolumetric lighting/fogソリューションです。
Aura 2は、環境中に存在する肉眼・カメラでは捉えられないほど小さな微粒子の照明効果をシミュレートします。

Aura 2はUnityに最先端のvolumetric lightingシステムを提供します。
このレンダリング手法は、Tomb Raider, God Of War, Red Dead Redemption 2, Assassin’s Creed Odysseyなどの最新のハイエンドゲームで使用されているものと同じです。



スポンサーリンク

関連記事

顔モデリングのチュートリアル
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
『ピクサー展』へ行ってきた
WordPress on Windows Azure
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
東京オリンピックと案内表示
仮想関数
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
ゴジラ三昧
PolyPaint
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
今年もSSII
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ファンの力
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
3DCGのモデルを立体化するサービス
このブログのデザインに飽きてきた
Ambient Occlusionを解析的に求める
Mayaのシェーディングノードの区分
この連休でZBrushの スキルアップを…
ラクガキの立体化 進捗
ZBrushCore
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Pix2Pix:CGANによる画像変換
日本でMakersは普及するだろうか?

コメント