UnityのuGUIチュートリアル

前も言ったようにUnityは3Dのツールだというのに2DのUI機能が標準搭載されたが個人的にちょっと不思議に感じるけど、世間的な需要はやっぱり高いんだろうな。今現在売り物にするアプリのUIには、今のデザインパラダイムが実装できないとユーザーに受け入れられない。(少し前はサードパーティ製のnGUIが主力だったね)

というわけで、Unity4.6から標準搭載されたUI開発環境「uGUI」についてちょっと勉強を始める。



リリース前に発表された上記の動画で使われているプロジェクトファイルはAsset Storeで無料配布されている。↓

Unity Samples: UI

In this example project we show various aspects of the new UI system in Unity 4.6.
Examples include:
UI aligned in 3D with perspective.
UI lit by light sources.
Scripts for handling drag-and-drop and for moving and resizing a window.
Placing a RenderTexture in the UI.
A scene demonstrating the built-in auto layout components, including a grid and nested layout groups.

この流れで、3D Textは旧機能みたいな扱いになったのかな。


スポンサーリンク



新しいことを学ぶには資料をたくさん集める派なので、関連書籍も手に入れてみた。↓

UnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダード

Canvasという概念が導入されて、レスポンシブなUI配置が手軽に実装できるようになった様子。今個人的に1番知りたいのは、uGUIでのTextの書き換えとか、グローエフェクトが使えるのかどうかなので、レンダラ側での描画順が結構気になるところ。

そして公式チュートリアルもある。こちらはかなりボリュームがあるので、ぼちぼちと行こう。↓

UI LESSONS

Learn the tools you need to create User Interface elements with the Unity UI system new to Unity 4.6.

UI CANVAS

UI RECT TRANSFORM

UI BUTTON

UI IMAGE

THE NEW UI


スポンサーリンク

関連記事