UnityのuGUIチュートリアル

前も言ったように、Unityは3Dのツールだというのに2DのUI機能が標準搭載されたが個人的にちょっと不思議に感じるけど、世間的な需要はやっぱり高いんだろうな。今現在売り物にするアプリのUIには、今のデザインパラダイムが実装できないとユーザーに受け入れられない。(少し前はサードパーティ製のnGUIが主力だったね)

というわけで、Unity4.6から標準搭載されたUI開発環境「uGUI」についてちょっと勉強を始める。



リリース前に発表された上記の動画で使われているプロジェクトファイルはAsset Storeで無料配布されている。↓

Unity Samples: UI

In this example project we show various aspects of the new UI system in Unity 4.6.
Examples include:
UI aligned in 3D with perspective.
UI lit by light sources.
Scripts for handling drag-and-drop and for moving and resizing a window.
Placing a RenderTexture in the UI.
A scene demonstrating the built-in auto layout components, including a grid and nested layout groups.

この流れで、3D Textは旧機能みたいな扱いになったのかな。


スポンサーリンク


新しいことを学ぶには資料をたくさん集める派なので、関連書籍も手に入れてみた。↓

UnityゲームUI実践ガイド 開発者が知っておきたいGUI構築の新スタンダード

Canvasという概念が導入されて、レスポンシブなUI配置が手軽に実装できるようになった様子。今個人的に1番知りたいのは、uGUIでのTextの書き換えとか、グローエフェクトが使えるのかどうかなので、レンダラ側での描画順が結構気になるところ。

そして公式チュートリアルもある。こちらはかなりボリュームがあるので、ぼちぼちと行こう。↓


スポンサーリンク

UI LESSONS

Learn the tools you need to create User Interface elements with the Unity UI system new to Unity 4.6.

UI CANVAS

UI RECT TRANSFORM

UI BUTTON

UI IMAGE

THE NEW UI


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Unityの薄い本
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
線画を遠近法で描く
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
天体写真の3D動画
映像ビジネスの未来
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
3DCG Meetup #4に行ってきた
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
歯を食いしばって見るべき動画
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
服飾デザインツール『CLO』
UnityでARKit2.0
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
変形ロボットのデザイン
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Unityで学ぶC#
胡散臭いデザインの参考サイト
UnityでOpenCVを使うには?
ミニ四駆で電子工作
Konashiを買った
Unityからkonashiをコントロールする
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
Profilograph
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Raspberry Pi 2を買いました
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Unite 2014の動画
Unityの各コンポーネント間でのやり取り

コメント