フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト

映画などに登場するやや未来的な情報ビジュアリゼーションやユーザーインターフェイスは大好物です。



この手のフィクションインターフェイスが登場するに作品情報のまとめサイトがあるらしい。↓

Kit FUI

FUIとは?

Fantasy User Interfaces, Fictional User Interfaces, Fake User Interfaces, Futuristic User Interfaces, Film User Interfaces, Future User Interfacesなど、Fが何の略なのかに関わらず、人気映画やテレビ番組の登場するユーザーインターフェース(UI)やヘッドアップディスプレイ(HUD)はFUIと言えます。
ほとんどの場合、FUIは実際のコンピュータプログラムではなく、ポストプロダクションで後から合成された単なるアニメーションです。これらは Adobe Illustrator, Adobe After Effects, Maxon Cinema 4Dといったソフトウェアでデザインされています。


スポンサーリンク

ということで、このサイトではフィクションに登場するユーザーインターフェイスのことをFUIと称している。


スポンサーリンク


最近は超未来技術を描いたようなSFジャンル以外でも、割とリアル路線の現代ドラマでこの手のUIデザインが登場するようになった気がする。

追記:また別のFake UIまとめサイト↓
http://fakeui.tumblr.com/

追記:映画のジェスチャーUIまとめサイト↓
http://www.cin.ufpe.br/~gesturescatalog/#/

007 スペクター」なんて結構リアル路線の現代劇だけど、Qの使う情報端末のUIはかなり未来的だった。↓

MI6の最新テクノロジーは、「メカ」ではなく「情報」で描かれるようになったということかな。新しいQの風貌も何となく情報系な感じするし。

『007 スペクター』×オメガ コラボ映像


スポンサーリンク

関連記事

UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
リニアアクチュエータ
3DCG Meetup #4に行ってきた
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Konashiを買った
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
Raspberry Pi 2を買いました
デザインのリファイン再び
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OpenCV
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
変形ロボットのデザイン
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
服飾デザインツール『CLO』
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
生物の骨格
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
UnityでPoint Cloudを表示する方法
インターフェイスは世界を規定する
書籍『伝わる イラスト思考』読了
東京オリンピックと案内表示
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Raspberry PiでIoTごっこ
Arduinoで人感センサーを使う
Profilograph
ミニ四駆で電子工作
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
プロダクトデザイン概論
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
歯を食いしばって見るべき動画

コメント