オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』

カーネギーメロン大学が開発している、顔画像から個人を識別するフレームワークOpenFaceと同じ名前で混乱しますが、



ケンブリッジ大学 Multicomp groupが開発しているOpenFaceという全く別のツールキットがあります。こちらは、顔検出、ランドマーク検出、頭の姿勢推定、表情変化の認識、視線推定などをリアルタイムに行うもの。
Copyright.txtによると、アカデミックまたは非商用に限り利用可能だそうです。商用利用は不可。

OpenFace: an open source facial behavior analysis toolkit

OpenFace


スポンサーリンク

OpenFaceは、コンピュータビジョン・機械学習の研究者、情緒的コンピューティングのコミュニティ、顔の動作・表情の変化を用いたインタラクティブなアプリケーションの開発者を対象としたツールです。

OpenFaceは、顔のランドマーク検出、頭の姿勢推定、顔のAction Unitの認識、視線推定が可能な最初のツールキットです。OpenFaceのコアとなるコンピュータビジョンアルゴリズムは、上記のタスクすべてでstate-of-the-artな結果を示しています。

さらに、OpenFaceはリアルタイムに動作し、普通のウェブカメラで実行できます。特別なハードウェアは必要ありません。


スポンサーリンク

Dockerfileもありますね。

公式Wikiはこちら↓
https://github.com/TadasBaltrusaitis/OpenFace/wiki

このツールキットの前身はCLM-framework(Cambridge face tracker)というフレームワークだったようです。↓
https://github.com/TadasBaltrusaitis/CLM-framework

YouTubeで公開されているデモ動画もCLM-framework時代のもの。

CLNF multiple face tracking

CLNF tracking on YouTube Celebrities dataset

顔のAction Unitって概念、そういえばKinect SDKの顔認識機能でもあったな。FACS(Facial Action Coding System)の考えがベースだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

サンプルコードにも間違いはある?
Active Appearance Models(AAM)
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Managing Software Requirements: A Unified Approach
コンピュータビジョンの技術マップ
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
Arduinoで人感センサーを使う
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
このブログのデザインに飽きてきた
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Unreal Engineの薄い本
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Blender 2.8がついに正式リリース!
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Amazon Web ServicesでWordPress
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
UnityでLight Shaftを表現する
Google Chromecast
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Paul Debevec
PCA (主成分分析)
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Python2とPython3
clearcoat Shader

コメント