人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。

このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Metrics社の共同プロジェクトで、実在の人間をそっくりそのままCGで復元してデジタルダブル(CGの俳優)の可能性を示したもの。
女優のEmily O’BrienさんをLight Stageでスキャンして本人そっくりのCGアニメーションを作成した。

ポール・デベヴェック 「メイキング・オブ・デジタルエミリー」

TEDxUSCでコンピュータグラフィックスの第一人者であるポール・デベヴェックが、デジタルエミリーの背後にある観客の目を奪うような技術について解説します。何度の撮り直しにも応えられるコンピュータで作り出されたリアルな人の顔をご覧ください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


こちらがこの研究のデモ映像。当時は不気味の谷を越えたと言われたりしてたけど、今見るとどうでしょう。



南カリフォルニア大学のポール・デベヴェックと言えば、イメージベースドレンダリングで超有名だよね。マトリックスのあの360度回転する映像の背景のCGは彼の技術によるもの。スパイダーマン2,3(サムライミ監督のシリーズ)での人の肌の表現も彼のLight Stageによるもの。



イメージベースドレンダリングは、学生の頃に初めて学校のお金で買ったこの本でもかなりフィーチャーされてた気がする。

CG Magic:レンダリング

ちなみにこの本は、2000年までのレンダリングの研究の歴史が日本語で読めるのでお勧めです。

そしてImage Metrics社は、マーカーレスの顔のパフォーマンスキャプチャをしている会社らしい。





この頃から5年経ったけど、今はリアルタイムでこんなの描画できちゃう時代になったんだよね。



スポンサーリンク

関連記事

ゴジラの造形
MFnMeshクラスのsplit関数
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
書籍『具体と抽象』読了
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
顔画像処理技術の過去の研究
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
MRenderUtil::raytrace
CLO:服飾デザインツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
機械学習手法『Random Forest』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushでアマビエを作る その2
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
CEDEC 3日目
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
PythonでBlenderのAdd-on開発
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
OpenCV
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ゴジラ トレーディングバトル
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Mayaのシェーディングノードの区分
東日本大震災の記憶
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
仮面ライダー4号の最終話を観た

コメント