Photogrammetry (写真測量法)

最近何かと話題のPhotogrammetry(フォトグラメトリー)。

Photogrammetryを日本語に訳すと写真測量法となるらしいんだけど、今はそのままフォトグラメトリーで通じちゃいますね。
測量という意味を超えて「複数枚の2D画像から被写体の3D Meshを得る手段」を指すようになっちゃった。以前は3D Reconstructionとか呼ばれてましたね。

個々のプロセスを細かく見ていくと、Structure from Motion,Multi-View Stereo, Surface Reconstructionと色々ありますけど。



複数枚の写真から被写体の3D形状(Mesh)を復元するまでの一連のプロセスを自動でやってくれるソフトウェアが随分と増えた。
http://kazukisakamoto.hateblo.jp/entry/2018/03/07/175925
https://manabuokajima.hatenablog.com/entry/2018/04/09/195819


スポンサーリンク


個々のツールの使い方ではなく、Photogrammetryで3DのMeshとテクスチャを得るまでの一般的なプロセスの解説という点では、Unity Technologiesが公開している資料が1番充実してるんじゃないかと。
https://unity3d.com/jp/solutions/photogrammetry

フォトグラメトリーとは?

フォトグラメトリーとは、現実世界のオブジェクトの写真を使い、高品質かつゲームや映像作品に対応したデジタルアセットをオーサリングするプロセスです。

3Dデジタルスカルプティングで作成する時間がかかるオブジェクトに最適です。高品質のジオメトリとテクスチャを生成しますが、これらのテクスチャには除去が必要なライティング情報も多く含まれています。

Photogrammetry In Unity: An Overview

Photogrammetry Workflowを解説したeBookの内容については、Siggraph 2017でもUnity Technologiesのセッションがあったらしい。


スポンサーリンク
Siggraph 2017 – Photogrammetry workflow and the tech behind the de-lighting tool

https://blogs.unity3d.com/jp/2018/03/12/photogrammetry-in-unity-making-real-world-objects-into-digital-assets/

Fontainebleau – Photogrammetry assets for games using material layering

Unity Technologiesは3DスキャンやPhotogrammetryで取得したテクスチャから照明成分を除去するツールも配布してる。


De-lighting Tutorial – Unity Official Tutorials


スポンサーリンク

関連記事

Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Maya API Reference
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
MRenderUtil::raytrace
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
SIGGRAPH ASIAのマスコット
UnityのuGUIチュートリアル
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Ambient Occlusionを解析的に求める
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ZBrushのUV MasterでUV展開
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Vancouver Film Schoolのデモリール
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Paul Debevec
3Dグラフィックスの入門書

コメント