Photogrammetry (写真測量法)

最近何かと話題のPhotogrammetry(フォトグラメトリー)。

Photogrammetryを日本語に訳すと写真測量法となるらしいんだけど、今はそのままフォトグラメトリーで通じちゃいますね。
測量という意味を超えて「複数枚の2D画像から被写体の3D Meshを得る手段」を指すようになっちゃった。以前は3D Reconstructionとか呼ばれてましたね。

個々のプロセスを細かく見ていくと、Structure from Motion,Multi-View Stereo, Surface Reconstructionと色々ありますけど。



複数枚の写真から被写体の3D形状(Mesh)を復元するまでの一連のプロセスを自動でやってくれるソフトウェアが随分と増えた。
http://kazukisakamoto.hateblo.jp/entry/2018/03/07/175925
https://manabuokajima.hatenablog.com/entry/2018/04/09/195819


スポンサーリンク


個々のツールの使い方ではなく、Photogrammetryで3DのMeshとテクスチャを得るまでの一般的なプロセスの解説という点では、Unity Technologiesが公開している資料が1番充実してるんじゃないかと。
https://unity3d.com/jp/solutions/photogrammetry

フォトグラメトリーとは?

フォトグラメトリーとは、現実世界のオブジェクトの写真を使い、高品質かつゲームや映像作品に対応したデジタルアセットをオーサリングするプロセスです。

3Dデジタルスカルプティングで作成する時間がかかるオブジェクトに最適です。高品質のジオメトリとテクスチャを生成しますが、これらのテクスチャには除去が必要なライティング情報も多く含まれています。


スポンサーリンク



Photogrammetry Workflowを解説したeBookの内容については、Siggraph 2017でもUnity Technologiesのセッションがあったらしい。



https://blogs.unity3d.com/jp/2018/03/12/photogrammetry-in-unity-making-real-world-objects-into-digital-assets/



Unity Technologiesは3DスキャンやPhotogrammetryで取得したテクスチャから照明成分を除去するツールも配布してる。
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Unity Technologiesが、3Dスキャンで取得したテクスチャから照明成分を除去してAlbedo Mapを作成するツールをGitHubで公開した。こういうツールがVFX関係の会社じゃなくて、ゲームエンジンの会社から提供される...




スポンサーリンク

関連記事

FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
機械学習手法『Random Forest』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Adobe Photoshop CS5の新機能
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Unreal Engineの薄い本
ガメラ生誕50周年
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
MFnDataとMFnAttribute
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Mayaのプラグイン開発
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Maya LTのQuick Rigを試す
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ラクガキの立体化 目標設定
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ゴジラ三昧
Subsurface scatteringの動画
clearcoat Shader
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ

コメント