Photogrammetry (写真測量法)

最近何かと話題のPhotogrammetry(フォトグラメトリー)。

Photogrammetryを日本語に訳すと写真測量法となるらしいんだけど、今はそのままフォトグラメトリーで通じちゃいますね。
測量という意味を超えて「複数枚の2D画像から被写体の3D Meshを得る手段」を指すようになっちゃった。以前は3D Reconstructionとか呼ばれてましたね。

個々のプロセスを細かく見ていくと、Structure from Motion,Multi-View Stereo, Surface Reconstructionと色々ありますけど。



複数枚の写真から被写体の3D形状(Mesh)を復元するまでの一連のプロセスを自動でやってくれるソフトウェアが随分と増えた。
http://kazukisakamoto.hateblo.jp/entry/2018/03/07/175925
https://manabuokajima.hatenablog.com/entry/2018/04/09/195819


スポンサーリンク


個々のツールの使い方ではなく、Photogrammetryで3DのMeshとテクスチャを得るまでの一般的なプロセスの解説という点では、Unity Technologiesが公開している資料が1番充実してるんじゃないかと。
https://unity3d.com/jp/solutions/photogrammetry

フォトグラメトリーとは?

フォトグラメトリーとは、現実世界のオブジェクトの写真を使い、高品質かつゲームや映像作品に対応したデジタルアセットをオーサリングするプロセスです。

3Dデジタルスカルプティングで作成する時間がかかるオブジェクトに最適です。高品質のジオメトリとテクスチャを生成しますが、これらのテクスチャには除去が必要なライティング情報も多く含まれています。

Photogrammetry In Unity: An Overview

Photogrammetry Workflowを解説したeBookの内容については、Siggraph 2017でもUnity Technologiesのセッションがあったらしい。


スポンサーリンク
Siggraph 2017 – Photogrammetry workflow and the tech behind the de-lighting tool

https://blogs.unity3d.com/jp/2018/03/12/photogrammetry-in-unity-making-real-world-objects-into-digital-assets/

Fontainebleau – Photogrammetry assets for games using material layering

Unity Technologiesは3DスキャンやPhotogrammetryで取得したテクスチャから照明成分を除去するツールも配布してる。


De-lighting Tutorial – Unity Official Tutorials


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Unite 2014の動画
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
コンピュータビジョンの技術マップ
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrushCore
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
ラクガキの立体化 胴体の追加
Blender 2.8がついに正式リリース!
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
色んな三面図があるサイト
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ジュラシック・パークのメイキング
天体写真の3D動画
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
3DCG Meetup #4に行ってきた
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
線画を遠近法で描く
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Mayaのレンダリング アトリビュート
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
プログラムによる景観の自動生成
日本でMakersは普及するだろうか?

コメント