Photogrammetry (写真測量法)

最近何かと話題のPhotogrammetry(フォトグラメトリー)。

Photogrammetryを日本語に訳すと写真測量法となるらしいんだけど、今はそのままフォトグラメトリーで通じちゃいますね。
測量という意味を超えて「複数枚の2D画像から被写体の3D Meshを得る手段」を指すようになっちゃった。以前は3D Reconstructionとか呼ばれてましたね。

個々のプロセスを細かく見ていくと、Structure from Motion,Multi-View Stereo, Surface Reconstructionと色々ありますけど。



複数枚の写真から被写体の3D形状(Mesh)を復元するまでの一連のプロセスを自動でやってくれるソフトウェアが随分と増えた。
http://kazukisakamoto.hateblo.jp/entry/2018/03/07/175925
https://manabuokajima.hatenablog.com/entry/2018/04/09/195819


スポンサーリンク


個々のツールの使い方ではなく、Photogrammetryで3DのMeshとテクスチャを得るまでの一般的なプロセスの解説という点では、Unity Technologiesが公開している資料が1番充実してるんじゃないかと。
https://unity3d.com/jp/solutions/photogrammetry

フォトグラメトリーとは?

フォトグラメトリーとは、現実世界のオブジェクトの写真を使い、高品質かつゲームや映像作品に対応したデジタルアセットをオーサリングするプロセスです。

3Dデジタルスカルプティングで作成する時間がかかるオブジェクトに最適です。高品質のジオメトリとテクスチャを生成しますが、これらのテクスチャには除去が必要なライティング情報も多く含まれています。

Photogrammetry In Unity: An Overview

Photogrammetry Workflowを解説したeBookの内容については、Siggraph 2017でもUnity Technologiesのセッションがあったらしい。


スポンサーリンク
Siggraph 2017 – Photogrammetry workflow and the tech behind the de-lighting tool

https://blogs.unity3d.com/jp/2018/03/12/photogrammetry-in-unity-making-real-world-objects-into-digital-assets/

Fontainebleau – Photogrammetry assets for games using material layering

Unity Technologiesは3DスキャンやPhotogrammetryで取得したテクスチャから照明成分を除去するツールも配布してる。


De-lighting Tutorial – Unity Official Tutorials


スポンサーリンク

関連記事

Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
服飾デザインツール『CLO』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
3DCGのモデルを立体化するサービス
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
HD画質の無駄遣い その2
タマムシっぽい質感
ZBrushのUV MasterでUV展開
マイケル・ベイの動画の感覚
ラクガキの立体化 目標設定
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
顔モデリングのチュートリアル
Maya API Reference
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
TVML (TV program Making language)
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ジュラシック・パークのメイキング
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ラクガキの立体化
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
コンピュータビジョンの技術マップ
ラクガキの立体化 モールドの追加
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』

コメント