Photogrammetry (写真測量法)

最近何かと話題のPhotogrammetry(フォトグラメトリー)。

Photogrammetryを日本語に訳すと写真測量法となるらしいんだけど、今はそのままフォトグラメトリーで通じちゃいますね。
測量という意味を超えて「複数枚の2D画像から被写体の3D Meshを得る手段」を指すようになっちゃった。以前は3D Reconstructionとか呼ばれてましたね。

個々のプロセスを細かく見ていくと、Structure from Motion,Multi-View Stereo, Surface Reconstructionと色々ありますけど。



複数枚の写真から被写体の3D形状(Mesh)を復元するまでの一連のプロセスを自動でやってくれるソフトウェアが随分と増えた。
http://kazukisakamoto.hateblo.jp/entry/2018/03/07/175925
https://manabuokajima.hatenablog.com/entry/2018/04/09/195819


スポンサーリンク


個々のツールの使い方ではなく、Photogrammetryで3DのMeshとテクスチャを得るまでの一般的なプロセスの解説という点では、Unity Technologiesが公開している資料が1番充実してるんじゃないかと。
https://unity3d.com/jp/solutions/photogrammetry

フォトグラメトリーとは?

フォトグラメトリーとは、現実世界のオブジェクトの写真を使い、高品質かつゲームや映像作品に対応したデジタルアセットをオーサリングするプロセスです。

3Dデジタルスカルプティングで作成する時間がかかるオブジェクトに最適です。高品質のジオメトリとテクスチャを生成しますが、これらのテクスチャには除去が必要なライティング情報も多く含まれています。


スポンサーリンク



Photogrammetry Workflowを解説したeBookの内容については、Siggraph 2017でもUnity Technologiesのセッションがあったらしい。



https://blogs.unity3d.com/jp/2018/03/12/photogrammetry-in-unity-making-real-world-objects-into-digital-assets/



Unity Technologiesは3DスキャンやPhotogrammetryで取得したテクスチャから照明成分を除去するツールも配布してる。
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Unity Technologiesが、3Dスキャンで取得したテクスチャから照明成分を除去してAlbedo Mapを作成するツールをGitHubで公開した。こういうツールがVFX関係の会社じゃなくて、ゲームエンジンの会社から提供される...




スポンサーリンク

関連記事

3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ラクガキの立体化 モールドの追加
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
MRenderUtil::raytrace
CreativeCOW.net
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ZBrush 2018へのアップグレード
自前Shaderの件 解決しました
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
ニューラルネットワークと深層学習
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ポイントクラウドコンソーシアム
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
映像ビジネスの未来
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
デザインのリファイン再び
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ラクガキの立体化
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ

コメント