Photogrammetry (写真測量法)

最近何かと話題のPhotogrammetry(フォトグラメトリー)。

Photogrammetryを日本語に訳すと写真測量法となるらしいんだけど、今はそのままフォトグラメトリーで通じちゃいますね。
測量という意味を超えて「複数枚の2D画像から被写体の3D Meshを得る手段」を指すようになっちゃった。以前は3D Reconstructionとか呼ばれてましたね。

個々のプロセスを細かく見ていくと、Structure from Motion,Multi-View Stereo, Surface Reconstructionと色々ありますけど。



複数枚の写真から被写体の3D形状(Mesh)を復元するまでの一連のプロセスを自動でやってくれるソフトウェアが随分と増えた。
http://kazukisakamoto.hateblo.jp/entry/2018/03/07/175925
https://manabuokajima.hatenablog.com/entry/2018/04/09/195819


スポンサーリンク


個々のツールの使い方ではなく、Photogrammetryで3DのMeshとテクスチャを得るまでの一般的なプロセスの解説という点では、Unity Technologiesが公開している資料が1番充実してるんじゃないかと。
https://unity3d.com/jp/solutions/photogrammetry

フォトグラメトリーとは?

フォトグラメトリーとは、現実世界のオブジェクトの写真を使い、高品質かつゲームや映像作品に対応したデジタルアセットをオーサリングするプロセスです。

3Dデジタルスカルプティングで作成する時間がかかるオブジェクトに最適です。高品質のジオメトリとテクスチャを生成しますが、これらのテクスチャには除去が必要なライティング情報も多く含まれています。

Photogrammetry In Unity: An Overview

Photogrammetry Workflowを解説したeBookの内容については、Siggraph 2017でもUnity Technologiesのセッションがあったらしい。


スポンサーリンク
Siggraph 2017 – Photogrammetry workflow and the tech behind the de-lighting tool

https://blogs.unity3d.com/jp/2018/03/12/photogrammetry-in-unity-making-real-world-objects-into-digital-assets/

Fontainebleau – Photogrammetry assets for games using material layering

Unity Technologiesは3DスキャンやPhotogrammetryで取得したテクスチャから照明成分を除去するツールも配布してる。


De-lighting Tutorial – Unity Official Tutorials


スポンサーリンク

関連記事

粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushのZScript入門
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ニューラルネットワークと深層学習
Mayaのシェーディングノードの区分
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
注文してた本が届いた
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
SIGGRAPH Asia
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
OpenCV
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Active Appearance Models(AAM)
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ZBrushで基本となるブラシ
『ピクサー展』へ行ってきた
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushの作業環境を見直す
なんかすごいサイト
Open Shading Language (OSL)

コメント