オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』

ライブラリではなく、ちゃんとGUIを備えたオープンソースのStructure from Motionのアプリケーションを見つけた。
このRegard3DのソースコードはMIT licenseだそうだ。

Regard3D

Regard3D

Regard3Dは、無料でオープンソースのStructure from Motionツールです。
Regard3Dは、被写体を別々のアングルで撮影した複数枚の写真から、被写体の3Dモデルを生成します。

特長:

  • マルチプラットフォーム対応(Windows, OSX, Linux)
  • 強力なサードパーティツールとライブラリがベース
  • 完全無料でオープンソース

動作環境:

  • 64ビットのOS (Windows, Mac, Linux)
  • OpenGL対応のグラフィックスカード/チップ
  • 高解像度の画像を扱う場合はメモリ8GB以上を推奨

この手のGUIアプリケーションだとVisualSFMの方が有名ではありますが↓




スポンサーリンク


公式のイントロダクションによると、Regard3DではAKAZE特徴を使い、LIOP (Local Intensity Order Pattern)という方法で画像間のマッチングを行うとか。

Regard3DのソースコードはGitHub上にある↓
https://github.com/rhiestan/Regard3D

で、まあ、中身ではopenMVGを使っているみたい。
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
最近、この手の2D→3D復元系のライブラリを色々と調べている。何となく、自分で3D復元ツールを作ってみたくてね。この間のOpenGVは複数画像からカメラ(視点)の3次元位置・姿勢を推定するライブラリだった。↓こっちのopenMVG...


openMVGの機能をGUIで手軽に使えるようにしたようなツールだが、疎な点群の復元だけでなく、密な点群の復元”densificationを行う機能も備わっている。密な点群の復元には以下2通りの方法を選べる。中でこれらのツールを呼び出してるってことかな。


スポンサーリンク

3D Model From Photos – Testing Free Software Regard3D

Exifからカメラ情報を取得する関係で、入力画像のフォーマットはJPEGオンリー。また、撮影に使用したカメラ(の内部パラメータ)がデータベースに登録されていないと三角測量の処理でエラーになってしまう。(無いなら無いでデフォルト値を使うとかしてくれても良いのに…)
手持ちのiPhone6Sで撮った画像では上手く行かなかった。データベースへ追加する方法はあるのだろうか。

追記:Regard3Dのデータベースにカメラ情報を追加する方法があった。公式サイトのPicture Setのページに書いてあった。

もし、あなたのお使いのカメラが不明(“Sensor width“カラムに”N/A“と表示され、”not available“)な場合は、以下のステップを行ってください:

  • お使いのカメラの正確モデルを特定(例えば、カメラメーカー、カメラモデル等の情報)し、インターネットでそのカメラの特性について調べ、カメラのセンサー幅を決定します。
  • Unixの改行コードに対応したテキストエディタ(Notepad++など)で”sensor_database.csv“ファイルを開きます。ファイルは、Windows環境なら
    C:\Users\[User name]\AppData\Local\Regard3D
    OS X環境ならRegard3Dのインストールディレクトリ(ほとんどの場合 /Applications/Regard3D.app/Contents/Resources)にあります。
  • ファイルの”Camera maker“列と”Camera model“列、そしてセンサーの幅をmm単位で入力し、”;“で区切ります。
    記入例:Nikon;Nikon D5500;23.5
  • ファイルを保存してエディタを終了し、Regard3Dを再起動します。

このファイルについてのより詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://github.com/openMVG/CameraSensorSizeDatabase

Regard3Dの形式(つまりopenMVG形式)のカメラセンサーデータCSVのリポジトリがGitHubにある。↓
https://github.com/openMVG/CameraSensorSizeDatabase

最新バージョンのsensor_database.csvにiPhone6までは入ってた。


スポンサーリンク

関連記事

口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
prosper
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
UnityでLight Shaftを表現する
Virtual Network Computing
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Open Shading Language (OSL)
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenGVのライブラリ構成
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ディープラーニング
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Active Appearance Models(AAM)
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
3D復元技術の情報リンク集
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OpenCV
Pix2Pix:CGANによる画像変換
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク

コメント