Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー

コンピュータービジョンで扱う対象が2Dの画像だけでなく3Dデータに広がってきて、コンピューターグラフィックスとの垣根がどんどん無くなってきているように感じる。

Blendifyは、Blenderの機能をPythonのモジュールとして呼び出せるbpyモジュールをコンピュータービジョン用途で扱いやすいようにラップしたモジュール。

Blendify



Blendifyは、Blenderでシーンを作成・レンダリングするための高レベルAPIを提供する軽量のPythonフレームワークです。3Dコンピュータービジョンの可視化に重点を置いて開発されたBlendifyなら、Blenderの関数やオブジェクトへのアクセスを簡略化できます。

Blendifyの主な特徴:

  1. シンプルなインターフェイス:Blendify は、複雑なBlender APIを意識することなく、一般的な可視化タスクを実行できるユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供します。
  2. 組み合わせが容易:Blendifyは開発Scriptとシームレスに統合され、よく使用されるルーチンと関数を実装しています:
    • 点群、メッシュ、プリミティブをネイティブでサポート
    • 頂点カラーやテクスチャのサポート
    • シャドウキャッチャーオブジェクトを使用した高度な影
    • カメラがスムーズに移動するビデオのレンダリング
    • 一般的なカメラモデルのサポート
    • .blendファイルのインポート・エクスポートによるBlenderとの密な連携
  3. クイックスタート:Blendifyは簡単に使い始めることができ、スタンドアロンのBlenderをインストールする必要はありません。pip install blendifyを実行するだけで導入できます。

Blendifyを使用すればBlenderとの対話を簡略化でき、アプリケーションの開発に集中できます。以下は、Blender APIネイティブとBlendifyによる可視化コードの単純さを比較した例です。


スポンサーリンク

BlenderのPython APIはちょっととっつきにくいので、用途に合わせて抽象化の切り口を変えたラッパーが欲しくなるのも理解できる。
というか、IDEのコード補完が効かないのでそもそもCG用途でも割ととっつきにくい。疑似的にコード補完を実現するfake-bpy-moduleがあるにはあるけど。
https://github.com/nutti/fake-bpy-module


スポンサーリンク



Blenderはオープンソースであることと、もともとAPIがPythonで用意されてる辺りがML界隈でも利用される理由だろうか。


Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
久しぶりにコンピュータビジョン系の話題。 Google Researchから機械学習用のアノテーション付き動画を生成するためのツールがオープンソースで公開された↓ Kubric Kubricは、Instance Segmentationマス...


ML系の人達がやたらPythonばかり使いたがる理由がイマイチ分からない。動的型付け言語は読みづらくて、階層の深いコードや大きなアプリケーションを作りにくいと感じるのだが。
ML系ではそういうプログラムをそもそも書かないということなのか?よほどIDEの補助が手厚くないとオイラには使いこなせない。


スポンサーリンク

関連記事

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ブログのデザイン変えました
3D復元技術の情報リンク集
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
天体写真の3D動画
2012のメイキングまとめ(途中)
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
Konashiを買った
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Raspberry Pi 2を買いました
CLO:服飾デザインツール
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ベイズ推定とグラフィカルモデル
HD画質の無駄遣い その2
アニゴジ関連情報
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Model View Controller
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Raspberry Pi
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
OANDAのfxTrade API
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
マイケル・ベイの動画の感覚
サンプルコードにも間違いはある?
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ManimML:機械学習の概念を視覚的に説明するためのライブラリ
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ

コメント