ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加

脚の作り込みを進めている。



触る頻度をもっと上げていきたいと思いながら、結局1ヶ月に1度くらいのペースになってるな。作り始めてからそろそろ2年経つ。

映画小さき勇者たち~ガメラ~」でのアヴァン・ガメラ登場シーンは少ない上に夜だけなので、劇中シーンから腕と脚のトゲの配置を確認するのは困難。
腕と脚の資料として、パーフェクションに載っていたメイキング写真が1番参考になると気づいた↓

平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)

腕と脚のトゲを別のSubToolで作って配置していこう。ついでに手足の爪も別SubToolに置き換えるか。


スポンサーリンク


球体をMoveブラシで変形させてトゲのベース形状を作る↓



このSubToolを複製して、Moveブラシでさらに細長く尖らせて爪のベース形状とする↓



脚のトゲの位置を把握するのがなかなか大変そうだったので、とりあえずまずは手の爪を別SubToolに置き換えた↓



爪のSubToolのスケールを調整して配置するだけでも結構大変だった。スケールするとピボットの位置がズレてしまい、その度に位置を調整し直す必要があった。
配置し終わったら、手のSubTool側をいじって爪の生え際を調整した。

足の爪も別SubToolに置き換え、トゲのSubToolも少し配置してみた。



この調子で全部のトゲを配置するのはかなり面倒そうだ。脚のSubTool側に、ある程度トゲが生える位置のアタリを作ってから配置すべきだった。
でも、トゲのアタリを作るには脚のSubToolの解像度をもっと上げないとDynaMeshで潰れてしまいそう。

足に爪を配置してみると、アヴァン・ガメラの足はもっと丸っこくすべきだと気づいた。こんなに平たく面積の大きい足じゃない。足の爪はもっと引っ込んでいないといけない。



尻尾のSubToolをほんの少しだけいじって、胴体からのラインの不自然さを解消した。甲羅はもう少し前傾させた方が良いかな↓



ちびちびと修正し続けるのはだいぶ窮屈な作業だ。大胆にサクサク進めていくには、最初の概形の段階でかなりシルエットを近づける必要があるのだろうな。



脚のトゲを別SubToolで用意するなら、もっとディティールを作り込んだ状態で作っておいた方が良かっただろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

今回は脚しかいじってない。前回から足首付近にダブついたヒダを入れたけど、脚全体に少しずつヒダを入れ始めた。



爪のSubToolを作ったことで腕と脚に意識が向いたけど、まだ甲羅と腹甲も修正が必要だし、尻尾はまだ全然だ。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

デザインのリファイン再び
SIGGRAPH Asia
ゴジラ三昧
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
UnityのAR FoundationでARKit 3
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
UnityでARKit2.0
ラクガキの立体化 胴体の追加
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
シン・ゴジラ第四形態の造形
タダでRenderManを体験する方法
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ZBrushのUV MasterでUV展開
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
プログラムによる景観の自動生成
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
CGのためのディープラーニング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Mayaのシェーディングノードの区分
CEDEC 3日目
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
平成ガメラ
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
SIGGRAPH ASIAのマスコット
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック

コメント