ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加

脚の作り込みを進めている。



触る頻度をもっと上げていきたいと思いながら、結局1ヶ月に1度くらいのペースになってるな。作り始めてからそろそろ2年経つ。

映画小さき勇者たち~ガメラ~」でのアヴァン・ガメラ登場シーンは少ない上に夜だけなので、劇中シーンから腕と脚のトゲの配置を確認するのは困難。
腕と脚の資料として、パーフェクションに載っていたメイキング写真が1番参考になると気づいた↓

平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)

腕と脚のトゲを別のSubToolで作って配置していこう。ついでに手足の爪も別SubToolに置き換えるか。


スポンサーリンク


球体をMoveブラシで変形させてトゲのベース形状を作る↓



このSubToolを複製して、Moveブラシでさらに細長く尖らせて爪のベース形状とする↓



脚のトゲの位置を把握するのがなかなか大変そうだったので、とりあえずまずは手の爪を別SubToolに置き換えた↓



爪のSubToolのスケールを調整して配置するだけでも結構大変だった。スケールするとピボットの位置がズレてしまい、その度に位置を調整し直す必要があった。
配置し終わったら、手のSubTool側をいじって爪の生え際を調整した。

足の爪も別SubToolに置き換え、トゲのSubToolも少し配置してみた。



この調子で全部のトゲを配置するのはかなり面倒そうだ。脚のSubTool側に、ある程度トゲが生える位置のアタリを作ってから配置すべきだった。
でも、トゲのアタリを作るには脚のSubToolの解像度をもっと上げないとDynaMeshで潰れてしまいそう。

足に爪を配置してみると、アヴァン・ガメラの足はもっと丸っこくすべきだと気づいた。こんなに平たく面積の大きい足じゃない。足の爪はもっと引っ込んでいないといけない。



尻尾のSubToolをほんの少しだけいじって、胴体からのラインの不自然さを解消した。甲羅はもう少し前傾させた方が良いかな↓



ちびちびと修正し続けるのはだいぶ窮屈な作業だ。大胆にサクサク進めていくには、最初の概形の段階でかなりシルエットを近づける必要があるのだろうな。



脚のトゲを別SubToolで用意するなら、もっとディティールを作り込んだ状態で作っておいた方が良かっただろうか。


スポンサーリンク

作業の振り返り

今回は脚しかいじってない。前回から足首付近にダブついたヒダを入れたけど、脚全体に少しずつヒダを入れ始めた。



爪のSubToolを作ったことで腕と脚に意識が向いたけど、まだ甲羅と腹甲も修正が必要だし、尻尾はまだ全然だ。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

BlenderのRigifyでリギング
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrushのUV MasterでUV展開
顔モデリングのチュートリアル
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
デザインのリファイン再び
ゴジラ三昧
プログラムによる景観の自動生成
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
PolyPaint
自前Shaderの件 解決しました
Oculus Goを購入!
ガレージキットのフィニッシャー
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
マイケル・ベイの動画の感覚
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
MeshroomでPhotogrammetry
恐竜造形の指南書

コメント