映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た

キングコング: 髑髏島の巨神」を観てきた。原題は”Kong: Skull Island

ネタバレとかそういうのを気にする類の映画じゃないだろうと思って公開初日には観に行かなかったんだけど、完全に油断した。映画公開直後にインターネットでたまたまネタバレに遭遇してしまった。知りたくなかった。。。

キングコング: 髑髏島の巨神

映画『キングコング:髑髏島の巨神』日本版予告編【HD】2017年3月25日公開

本作は2014年に公開されたハリウッド版のゴジラと地続きの世界観。モンスターユニバースとか言うんですかね。



なので、ゴジラに登場した秘密機関「MONARCH(モナーク)」も登場する。最近のハリウッド映画では、アベンジャーズを始めとしてこの手の作品をまたがって世界観を共有するシリーズが増えてますね。


スポンサーリンク


ゴジラと同一の世界だけど、本作の舞台はゴジラとMUTOの戦いからだいぶ時代を遡った1973年。ベトナム戦争の終結間際の頃ですね。

地球のどこかにまだ未開の島があり、その秘境に人類が足を踏み入れるという作品の根幹となるギミックは、GPSや無人探査機が発達した現代では描きづらい。そういえば2005年公開のピーター・ジャクソン版も時代が古めに設定されていたな。

本作は「主人公達が髑髏島に住む巨大生物に翻弄され、髑髏島の生態を知る」と、言葉にするとそれだけなんだけど、髑髏島のモンスターを白昼でたっぷり暴れさせる派手なシーンが沢山。

ニュースサイトで本作を語るのにシン・ゴジラを引き合いに出してたりするけど、ベクトルは全く異なり、本作はストレートなハリウッドモンスター映画です。シン・ゴジラはモンスターというか、怪獣映画ですね。

CMでは「怪獣」という言葉を使っているけど、怪獣というよりやっぱりモンスター映画だなぁという印象でした。エンドロールの途中で退席せずに最後まで観ましょう。

映画公開に合わせてメイキング本も出ています。

キングコング:髑髏島の巨神 メイキングブック

さて、モンスター映画の金字塔キングコングですが、日米でキングコングが登場する映画はいくつかある。


スポンサーリンク
  • 1933年:キング・コング (原題:King Kong)
  • 1933年:コングの復讐 (原題:Son of Kong)
  • 1962年:キングコング対ゴジラ (東宝製作)
  • 1967年:キングコングの逆襲 (東宝製作)
  • 1976年:キングコング (原題:King Kong)
  • 1986年:キングコング2 (原題:King Kong Lives)
  • 2005年:キング・コング (原題:King Kong)
  • 2017年:キングコング:髑髏島の巨神 (原題:Kong: Skull Island)

結構新しいと思っていたピーター・ジャクソン版ももう12年前なのか。
1933年の最初のキングコングはストップモーションや音響効果など、色んな映画効果のパイオニア的存在で、ムービーマジックで何度か取り上げられてたな。



髑髏島の巨神のVFXのブレイクダウンが公開されている。
http://www.cgmeetup.net/home/kong-skull-island-vfx-breakdown/

'Kong: Skull Island' – The VFX Tools Behind the King of the Jungle | Design FX | WIRED

"Kong: Skull Island" 2017 | VFX Breakdown: Creating Character


スポンサーリンク

関連記事

TOHOシネマズ新宿
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
平成ガメラ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
ゴジラ三昧
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
ゴジラの口の色
Transformers: Revenge of the Fallen
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 完成
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
仕事の速いファンアート
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
積みキットの下地処理
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
映像ビジネスの未来
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた

コメント