映画『破裏拳ポリマー』を観た

40年以上前に放送されたタツノコプロのテレビアニメを実写化した映画「破裏拳ポリマー」を観てきた。
ちょっと前にムビチケを購入しておいたんだけど、いざ映画が公開されたら上映館が異常に少なくてビックリした(笑)

破裏拳ポリマー



オイラは世代じゃないんで、オリジナルのアニメの方は全く知りませんが(笑)



坂本浩一監督による実写化という前情報ぐらいしか知らずに観に行ったわけです。


スポンサーリンク



この手の実写化はシリアス・リアルに持っていくパターンが結構多いけど、本作は主要登場人物のキャラクターを濃くすることで、ほどほどに荒唐無稽なテンション・空気感が成立するリアリティレベル。
もちろんアクションはスピーディーで迫力があり、物語が進むにつれ、最近ではめずらしい正統派ヒーローものの様相を呈してクライマックスへ向かう。

ところで、ちょいちょいレトロな小道具が登場していたけど、劇中の時代設定って明言されてたりするんでしょうか。何となく、現代社会とは違う空気感を狙った演出の一環だった気はするけど。

平日の夜の回だったこともあるけど、観客がオイラも含めて4人しかいなかった。
上映規模も小さいし、あんまり大々的に宣伝してない感じだけど、公式YouTube動画は妙に充実している。













スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.