映画『ブレードランナー 2049』のVFX

もう映画公開から1ヶ月以上経っているので、「ブレードランナー 2049」のネタバレなメイキングも大丈夫でしょうか。



最近は、過去の名作の続編が制作されることが増えた。古い作品の続編では「当時のキャストの風貌をCGで再現する」というのがつきもののようです。(と言ってもスター・ウォーズぐらいだけど)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下...


これより下は完全にネタバレ。


スポンサーリンク


ということで、「ブレードランナー 2049」では、1982年の「ブレードランナー」でショーン・ヤングが演じたレイチェルが当時の風貌のまま登場します。
https://3dtotal.jp/news/9748/


スポンサーリンク
Blade Runner 2049 – The making of Rachael by MPC

厳密にいうと、物語上の設定ではレイチェル本人ではなく、レイチェルの容姿そっくりに作られた新型のレプリカントなのですが。
https://www.gizmodo.jp/2017/10/bladerunner2049-replicant.html
https://www.fxguide.com/featured/mpc-replicating-rachael-in-blade-runner-2049/

役者の若き日の姿、故人、架空の人物を問わず、CGでフォトリアルな人間の顔を作る技術にとても興味がある。


「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
最近、よくTEDを見てる。これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrichデジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者...


ここ最近は、人間の肌や髪の毛の質感を自然にレンダリングするなんて大した問題じゃなくなってるな。
モデリングについても、最近は3Dスキャンの手段がたくさんあるし、写真から測量するPhotogrammetry系の方法なら過去の資料から形状を再現するのも(以前に比べると)それほど大変じゃない。

CGのレンダリングと画像認識技術の進歩が表現力を高めている印象。こうなってくると、技術的なボトルネックはアニメーション(時間軸方向の構造)になってくるのかなぁ。

https://www.youtube.com/watch?v=lID0jsheYG8


スポンサーリンク

関連記事

機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
布地のシワの法則性
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
日本でMakersは普及するだろうか?
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Maya API Reference
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
Maya 2015から標準搭載されたMILA
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
ゴジラの日
Mayaのレンダリング アトリビュート
ゴジラの音楽
MRenderUtil::raytrace
YouTubeの予告編チャネル
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
iPhone欲しいなぁ
BlenderのRigifyでリギング
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ゴジラ三昧
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
生物の骨格
ZBrush 2018での作業環境を整える
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
4Kニューマスター版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観た
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrush キャラクター&クリーチャー
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
この本読むよ
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』

コメント