映画『ブレードランナー 2049』のVFX

もう映画公開から1ヶ月以上経っているので、「ブレードランナー 2049」のネタバレなメイキングも大丈夫でしょうか。



最近は、過去の名作の続編が制作されることが増えた。古い作品の続編では「当時のキャストの風貌をCGで再現する」というのがつきもののようです。(と言ってもスター・ウォーズぐらいだけど)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。 映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下を...


これより下は完全にネタバレ。


スポンサーリンク


ということで、「ブレードランナー 2049」では、1982年の「ブレードランナー」でショーン・ヤングが演じたレイチェルが当時の風貌のまま登場します。
https://3dtotal.jp/news/9748/



厳密にいうと、物語上の設定ではレイチェル本人ではなく、レイチェルの容姿そっくりに作られた新型のレプリカントなのですが。
https://www.gizmodo.jp/2017/10/bladerunner2049-replicant.html
https://www.fxguide.com/featured/mpc-replicating-rachael-in-blade-runner-2049/

役者の若き日の姿、故人、架空の人物を問わず、CGでフォトリアルな人間の顔を作る技術にとても興味がある。
https://blog.negativemind.com/2014/09/27/%E4%BA%BA%E9%96%93%E3%81%AE%E9%A1%94%E3%82%92%E3%81%9D%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%81%BEcg%E3%81%A7%E5%BE%A9%E5%85%83%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8Edigital-emily-project/
https://blog.negativemind.com/2014/07/11/%E3%80%8C%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9F%E3%83%B3%C2%B7%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%B3%E6%95%B0%E5%A5%87%E3%81%AA%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86/

ここ最近は、人間の肌や髪の毛の質感を自然にレンダリングするなんて大した問題じゃなくなってるな。
モデリングについても、最近は3Dスキャンの手段がたくさんあるし、写真から測量するPhotogrammetry系の方法なら過去の資料から形状を再現するのも(以前に比べると)それほど大変じゃない。

CGのレンダリングと画像認識技術の進歩が表現力を高めている印象。こうなってくると、技術的なボトルネックはアニメーション(時間軸方向の構造)になってくるのかなぁ。



スポンサーリンク

関連記事

MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
顔モデリングのチュートリアル
ゴジラ(2014)のメイキング
ZBrushのUV MasterでUV展開
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
3Dグラフィックスの入門書
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
天体写真の3D動画
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
clearcoat Shader
ポリ男をリファイン
YouTubeの予告編チャネル
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
機動警察パトレイバー2 the Movie 4DXを観てきた
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
ラクガキの立体化 進捗
ラクガキの立体化 モールドの追加
ポリ男からMetaHumanを作る
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
映画『GODZILLA x KONG : THE NEW EMPIRE』の予告編が公開された!
『さらば あぶない刑事』を観た
7月にNHK BSプレミアムでゴジラ映画が放送されるぞ
Maya API Reference
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた

コメント