映画『ブレードランナー 2049』のVFX

もう映画公開から1ヶ月以上経っているので、「ブレードランナー 2049」のネタバレなメイキングも大丈夫でしょうか。



最近は、過去の名作の続編が制作されることが増えた。古い作品の続編では「当時のキャストの風貌をCGで再現する」というのがつきもののようです。(と言ってもスター・ウォーズぐらいだけど)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下...


これより下は完全にネタバレ。


スポンサーリンク


ということで、「ブレードランナー 2049」では、1982年の「ブレードランナー」でショーン・ヤングが演じたレイチェルが当時の風貌のまま登場します。
https://3dtotal.jp/news/9748/



厳密にいうと、物語上の設定ではレイチェル本人ではなく、レイチェルの容姿そっくりに作られた新型のレプリカントなのですが。
https://www.gizmodo.jp/2017/10/bladerunner2049-replicant.html
https://www.fxguide.com/featured/mpc-replicating-rachael-in-blade-runner-2049/

役者の若き日の姿、故人、架空の人物を問わず、CGでフォトリアルな人間の顔を作る技術にとても興味がある。
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Met...

「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
最近、よくTEDを見てる。これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrichデジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者...


ここ最近は、人間の肌や髪の毛の質感を自然にレンダリングするなんて大した問題じゃなくなってるな。
モデリングについても、最近は3Dスキャンの手段がたくさんあるし、写真から測量するPhotogrammetry系の方法なら過去の資料から形状を再現するのも(以前に比べると)それほど大変じゃない。

CGのレンダリングと画像認識技術の進歩が表現力を高めている印象。こうなってくると、技術的なボトルネックはアニメーション(時間軸方向の構造)になってくるのかなぁ。



スポンサーリンク

関連記事

3D復元技術の情報リンク集
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
3DCGのモデルを立体化するサービス
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を観てきた (ネタバレ無し)
Mayaのプラグイン開発
映画『破裏拳ポリマー』を観た
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Paul Debevec
布地のシワの法則性
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
UnityでARKit2.0
YouTubeの予告編チャネル
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
トランスフォーマー:リベンジ
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Mr.ビーン
UnityのGlobal Illumination
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
この本読むよ
Physically Based Rendering
ZBrushのお勉強
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Pix2Pix:CGANによる画像変換
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
フルCGのウルトラマン!?
7月にNHK BSプレミアムでゴジラ映画が放送されるぞ
Stanford Bunny
ラクガキの立体化 モールドの追加
ゴジラの音楽
ウルトラ×ライダー

コメント