映画『ブレードランナー 2049』のVFX

もう映画公開から1ヶ月以上経っているので、「ブレードランナー 2049」のネタバレなメイキングも大丈夫でしょうか。



最近は、過去の名作の続編が制作されることが増えた。古い作品の続編では「当時のキャストの風貌をCGで再現する」というのがつきもののようです。(と言ってもスター・ウォーズぐらいだけど)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下...


これより下は完全にネタバレ。


スポンサーリンク


ということで、「ブレードランナー 2049」では、1982年の「ブレードランナー」でショーン・ヤングが演じたレイチェルが当時の風貌のまま登場します。
https://3dtotal.jp/news/9748/



厳密にいうと、物語上の設定ではレイチェル本人ではなく、レイチェルの容姿そっくりに作られた新型のレプリカントなのですが。
https://www.gizmodo.jp/2017/10/bladerunner2049-replicant.html
https://www.fxguide.com/featured/mpc-replicating-rachael-in-blade-runner-2049/

役者の若き日の姿、故人、架空の人物を問わず、CGでフォトリアルな人間の顔を作る技術にとても興味がある。
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
これはもう2009年の話だけど、たまたまTEDのプレゼンを見つけたのでメモ代わりに。このThe Digital Emily Projectは、アメリカの南カリフォルニア大学 ICT Graphics LabとイギリスのImage Met...

「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
最近、よくTEDを見てる。これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrichデジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者...


ここ最近は、人間の肌や髪の毛の質感を自然にレンダリングするなんて大した問題じゃなくなってるな。
モデリングについても、最近は3Dスキャンの手段がたくさんあるし、写真から測量するPhotogrammetry系の方法なら過去の資料から形状を再現するのも(以前に比べると)それほど大変じゃない。

CGのレンダリングと画像認識技術の進歩が表現力を高めている印象。こうなってくると、技術的なボトルネックはアニメーション(時間軸方向の構造)になってくるのかなぁ。



スポンサーリンク

関連記事

注文してた本が届いた
平成ガメラ
単純に遊びに行くのはだめなのか?
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
Subsurface scatteringの動画
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
Photogrammetry (写真測量法)
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
UnityのAR FoundationでARKit 3
映画『ウルトラマントリガー エピソードZ』を観てきた
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushのお勉強
自前のShaderがおかしい件
YouTubeの予告編チャネル
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Mr.ビーン
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
ゴジラ誕生祭 スピンオフ 池袋HUMAXシネマズ ゴジラまつり
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
機械から情報の時代へ
TVML (TV program Making language)
ZBrushのUV MasterでUV展開
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
Mayaのシェーディングノードの区分
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
映画『カメラを止めるな!』を観た (ネタバレあり)
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
色んな三面図があるサイト
2021年 観に行った映画振り返り
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
PS4用ソフト『スター・ウォーズ バトルフロント』を購入
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
3DCGのモデルを立体化するサービス

コメント