映画『ブレードランナー 2049』のVFX

もう映画公開から1ヶ月以上経っているので、「ブレードランナー 2049」のネタバレなメイキングも大丈夫でしょうか。



最近は、過去の名作の続編が制作されることが増えた。古い作品の続編では「当時のキャストの風貌をCGで再現する」というのがつきもののようです。(と言ってもスター・ウォーズぐらいだけど)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下...


これより下は完全にネタバレ。


スポンサーリンク


ということで、「ブレードランナー 2049」では、1982年の「ブレードランナー」でショーン・ヤングが演じたレイチェルが当時の風貌のまま登場します。
https://3dtotal.jp/news/9748/


スポンサーリンク
Blade Runner 2049 – The making of Rachael by MPC

厳密にいうと、物語上の設定ではレイチェル本人ではなく、レイチェルの容姿そっくりに作られた新型のレプリカントなのですが。
https://www.gizmodo.jp/2017/10/bladerunner2049-replicant.html
https://www.fxguide.com/featured/mpc-replicating-rachael-in-blade-runner-2049/

役者の若き日の姿、故人、架空の人物を問わず、CGでフォトリアルな人間の顔を作る技術にとても興味がある。


「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
最近、よくTEDを見てる。これは映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のVFXの話。How Benjamin Button got his face- Ed Ulbrichデジタルドメイン社のデジタル·エフェクトの第一人者...


ここ最近は、人間の肌や髪の毛の質感を自然にレンダリングするなんて大した問題じゃなくなってるな。
モデリングについても、最近は3Dスキャンの手段がたくさんあるし、写真から測量するPhotogrammetry系の方法なら過去の資料から形状を再現するのも(以前に比べると)それほど大変じゃない。

CGのレンダリングと画像認識技術の進歩が表現力を高めている印象。こうなってくると、技術的なボトルネックはアニメーション(時間軸方向の構造)になってくるのかなぁ。

https://www.youtube.com/watch?v=lID0jsheYG8


スポンサーリンク

関連記事

PolyPaint
映画『ダウンサイズ』を観た
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
デザインのリファイン再び
ゴジラ三昧
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
素敵なパーティクル
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
2015年10月21日
Maya API Reference
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
UnityのAR FoundationでARKit 3
映画『この世界の片隅に』を観た
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
タマムシっぽい質感
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
シン・ゴジラのDVD&Blu-rayは2017年3月22日発売
clearcoat Shader
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
3DCG Meetup #4に行ってきた
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ラクガキの立体化 反省
Unityで360度ステレオVR動画を作る
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
UnityでARKit2.0
3D復元技術の情報リンク集

コメント