映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング

映画「ジュラシック・ワールド」のVFXブレイクダウン動画が公開された。


スポンサーリンク

JURASSIC WORLD Vfx Breakdown – Dinosaurs




スポンサーリンク


「ジュラシック・パークⅢ」で筋肉のシュミレーションが導入された当時は結構驚いたけど、今は恐竜に限らず、フルCGのクリーチャーは筋肉のシミュレーションぐらい当たり前の時代になっちゃったよなぁ。
ジュラシック・パークⅢで模型が動きの情報量でCGに敵わなくなって、今や質感の情報量もCGの方が上かもしれない。

2015年10月23日追記:本作で新しく登場した最強の人工恐竜 Indominus Rex(インドミナス・レックス)のメイキング動画も公開された。↓





2016年9月29日追記:恐竜のメイキング↓



ジュラシック・ワールド3D ブルーレイ&DVDセット(ボーナスDVD付) [Blu-ray]


スポンサーリンク

関連記事

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
布のモデリング
Photogrammetry (写真測量法)
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Mayaのプラグイン開発
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
BlenderのGeometry Nodeで遊ぶ
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
恐竜造形の指南書
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushの作業環境を見直す
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
顔モデリングのチュートリアル
ゴジラ三昧
Unite 2014の動画
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Unityの薄い本
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ラクガキの立体化 反省
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ

コメント