仮面ライダーバトライド・ウォー

仮面ライダー版の無双シリーズっぽい「バトライド・ウォー」ももう3作目になる。

仮面ライダー バトライド・ウォー 創生



今回はゴーストがメインキャラクターだ。前作のメインは鎧武だったから、ちょうどドライブの期間が空いてるね。


スポンサーリンク


第1作は、仮面ライダーゲームで初のPS3対応だったので、グラフィックスの進歩がうれしかった。オイラはそれに合わせてPS3を購入したのです。



オイラがこの手のキャラクターゲームに求めるものはハッキリしていて、「ごっこ遊び」が満喫できるかどうかなのです。これで言うと「仮面ライダーごっこ」がどれだけ楽しめるか、というのが大きなポイント。
仮面ライダーの最新作はまだ放送が始まったばかりだから、ストーリーは別ものになるのは仕方がないんだけど、過去作品に登場したライダー達については、そのキャラクター性が楽しめるものであってほしい。
その点、サモンライドは酷かったな。ドライブが登場するゲームがまだ無かったから期待してたのに。


スポンサーリンク

仮面ライダーサモンライド



発売して割とすぐに投げ売り状態になってた気がする。



思い出してみると、平成ライダーも始まった当初はゲーム展開も一応あったな。
クウガ、アギト、龍騎は初代Play Station対応のゲームが発売されていた。



ファイズ、ブレイド、響鬼、カブトはPS2のゲームが発売されていた。ここまでは全部購入してたぞ。(カブトはかなりの名作だった気がする)



電王、キバの頃はゲームが出てなくて、ディケイドの頃に平成ライダーが総登場する「クライマックスヒーローズ」がPS2で発売された。クライマックスヒーローズは無印とオーズだけは買ったな。



その次の流れがバトライド・ウォーなのだ。

そういえば、ウルトラマンのゲームはPS2の時代で止まっているな。そろそろ新しいグラフィックスでウルトラマンのゲームをやりたいところ。


スポンサーリンク

関連記事

マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
消費の記録
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
Ambient Occlusionを解析的に求める
ミニ四駆のラジコン化情報
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
もちもち泡のネコ
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
恐竜造形の指南書
深海魚
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
iPhoneをエレキギターのアンプにする
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
なりたい自分?
情報の編集
調べものは得意なのかもしれない
2015年の振り返り
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
ほっこり日常まんが
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
かっこいい大人にはなれなかったけど
2017年 観に行った映画振り返り
仮面ライダークウガ 20周年
2019年 観に行った映画振り返り
『さらば あぶない刑事』を観た
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
2016年の振り返り
PowerPointによるプレゼン
機械学習での「回帰」とは?
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送

コメント