『帰ってきたウルトラマンの世界』展

11月26日に「帰ってきたウルトラマン」のBlu-Ray BOXが発売されるのに合わせて、高島屋で無料の展示イベントが開催されているので見てきた。写真をiPhone6S画質でお届けします。

帰ってきたウルトラマンの世界

帰ってきたウルトラマン Blu-Ray BOX




スポンサーリンク



エヴァンゲリオンで有名な庵野秀明監督が「帰ってきたウルトラマン」好きなのは有名な話。新劇場版冒頭のスタジオカラーのロゴの効果音は帰ってきたウルトラマンの変身音だよね。



もちろんオイラは「帰ってきたウルトラマン」のリアルタイム世代ではないんだけど、小学校に上がる前、NHKのBS放送が始まって間もない頃に、夕方の再放送をよく見ていた。まだBSで放送するコンテンツが無かったからなのか、当時はウルトラQやウルトラマンなどの円谷特撮の再放送を毎日やっていた。オイラにとってのウルトラマン原体験はそういうNHKでの再放送だった。
リアルタイムのテレビ放送ウルトラマンを体験するのはずっと後、ウルトラマンティガからだった。



その前にグレートやパワードというビデオ展開の時代はありましたが。

再放送を見ていた当時の記憶はおぼろげだけど、オイラの中の「帰ってきたウルトラマン」のイメージは、やたらと2体以上の怪獣・宇宙人に挟まれて苦戦しているシーンが印象に残っている。
後のシリーズで定番となる他のウルトラマンが割って助けに入るっていう描写が無い分、ほとんどリンチ状態でもウルトラマンが耐え続ける画面。
そして、「帰ってきたウルトラマンの世界展」でもちゃんとそんな感じのジオラマ展示があった(笑)

ウルトラマンがナックル星人とブラックキングにボコボコにされる夕日のシーンを再現した展示

ウルトラマンがナックル星人とブラックキングにボコボコにされる夕日のシーンを再現した展示



残念ながらツインテールとグドンはセットじゃなかった。

「エビのような味がする」という設定は小学館の雑誌発らしい

「エビのような味がする」という設定は小学館の雑誌発らしい



帰ってきたウルトラマンのマスクは初代ウルトラマンのCタイプと同じ型から作られていると言われているけど、やっぱり初代マンとは違う顔に見える。眼の造りでだいぶ印象が変わるのかな。

帰ってきたウルトラマンのマスク

グッズコーナーでは何故か帰ってきたウルトラマン以外のものが充実していた。(デュワッ!)

グッズコーナーでやたら充実していたウルトラアイ

最近欲望に任せてお金を使い過ぎという自覚があるけど、Blu-Ray BOXどうしようかな。



高島屋でのこの手の展示は、有料・無料を問わず、別フロアのエレベーター前とかにも目玉となる展示を持って来たりするから、そっちの方を知らずに終わっちゃったりするんのがちょっと困る。以前もゴジラの展示(有料)の時に見逃したことがあった。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.