携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』

SHARPがとてもシャープなケータイ(?)を発表した。


スポンサーリンク

ココロ、動く電話。RoBoHoN



このRoBoHoNは現在CEATEC JAPAN 2015で展示されているようです。
このデザイン見ると、もう誰が作ってるか一目瞭然な感じ。


スポンサーリンク


Robiでおなじみのロボットクリエイター 高橋智隆氏の仕事ですね。
週刊「ロビ」のRobiは、ジュニアが出たりガチャガチャになったりプラモデルになったりと大人気。





さて、このRoBoHoNは携帯電話+ロボットという構成で、ちょっと相棒みたいな感じ。かわいくていいかもなぁ、と思いつつ、個人的にはトランスフォームとかもしてほしい(笑)
個人的に少し気になるのは、こいつのOS。Androidとかだったらユーザーが任意のアプリを作ってうごかせるんだろうか、と。

これを見てちょっと思い出したのが、2008年に放送されていた「ケータイ捜査官7」に登場した携帯電話から変形する小型ロボット フォンブレイバー。(地上波がデジタルへ移行する過渡期の番組でしたね)



現在は、当時と携帯電話の形状や概念がだいぶ違ってきているけど、「ネットワークに繋がったモバイル機器が人間の相棒になる」ってのは人工知能やロボット技術の目指すところなのかなぁという気がする。iPhoneのSiriとかも、進化したらもっと相棒っぽくなるだろうし。
実際に手足を付けちゃう携帯電話って結構ぶっ飛んでる感じもするけど。


スポンサーリンク

関連記事

画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
ゴジラ トレーディングバトル
Amazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』を観た
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ROSの薄い本
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
操演という仕事
ブログをWordpressに引っ越して1周年
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』を観た
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
感じたことを言語化する
仮面ライダーバトライド・ウォー
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
自分のスキルセット
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』を観た (ややネタバレ)
あの頃で止まった時間
HerokuでMEAN stack
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
ガワコス
書籍『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』読了
『社会人』を諦めました
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
まだまだ続く空想科学読本
Mr.ビーン
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
調べものは得意なのかもしれない
企画とエンジニア 時間感覚の違い
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
ZBrushのお勉強
デザインのリファイン再び
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
動画配信ぐらい当たり前の時代
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ファンの力
情報の編集
平成ガメラ

コメント