携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』

SHARPがとてもシャープなケータイ(?)を発表した。


スポンサーリンク

ココロ、動く電話。RoBoHoN



このRoBoHoNは現在CEATEC JAPAN 2015で展示されているようです。
このデザイン見ると、もう誰が作ってるか一目瞭然な感じ。


スポンサーリンク


Robiでおなじみのロボットクリエイター 高橋智隆氏の仕事ですね。
週刊「ロビ」のRobiは、ジュニアが出たりガチャガチャになったりプラモデルになったりと大人気。





さて、このRoBoHoNは携帯電話+ロボットという構成で、ちょっと相棒みたいな感じ。かわいくていいかもなぁ、と思いつつ、個人的にはトランスフォームとかもしてほしい(笑)
個人的に少し気になるのは、こいつのOS。Androidとかだったらユーザーが任意のアプリを作ってうごかせるんだろうか、と。

これを見てちょっと思い出したのが、2008年に放送されていた「ケータイ捜査官7」に登場した携帯電話から変形する小型ロボット フォンブレイバー。(地上波がデジタルへ移行する過渡期の番組でしたね)



現在は、当時と携帯電話の形状や概念がだいぶ違ってきているけど、「ネットワークに繋がったモバイル機器が人間の相棒になる」ってのは人工知能やロボット技術の目指すところなのかなぁという気がする。iPhoneのSiriとかも、進化したらもっと相棒っぽくなるだろうし。
実際に手足を付けちゃう携帯電話って結構ぶっ飛んでる感じもするけど。


スポンサーリンク

関連記事

SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
ウルトラマンパワードがBlu-Ray Box化!
書籍『天才を殺す凡人』読了
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
成果を待てない長学歴化の時代
動画配信ぐらい当たり前の時代
書籍『具体と抽象』読了
ファンの力
顔のモデリング
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
4K HDR『ガメラ3 邪神覚醒』
エアブラシの思い出
2020年9月 振り返り
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
ロボットクリエーター
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
『風の谷のナウシカ』を映画館で観た
仮面ライダーバトライド・ウォー
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』を観てきた (ネタバレ無し)
Amazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』を観た
HerokuでMEAN stack
『社会人』を諦めました
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
キャリアの振り返り
2021年4月 振り返り
ゴジラムービースタジオツアー
ガワコス
企画とエンジニア 時間感覚の違い
遺伝子検査で自己分析
2019年10月 行動振り返り
なりたい自分?
2015年の振り返り
ブログをWordpressに引っ越して1周年
情報の編集
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Ambient Occlusionを解析的に求める
Web配信時代のコンテンツ構成
ZBrushのお勉強
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編

コメント