ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る

前回は目元周辺だけディティールを作り込んでみて、似ているか雰囲気を確認しながら全体のバランスを調整した。特定の角度限定でも、似ているように感じるとモチベーションが上がる。



年末にPixologicがMaxonに買収されたと発表され、ついにZBrushのアップグレードが有償になるようだ。オイラは2009年にZBrush 4を購入以来、ずっと無償でZBrushを最新版にアップグレードできていたので、いい加減お金を払わないと申し訳ない気もしていた。アップグレードはおいくらになるんだろうか。
https://www.maxon.net/ja/article/maxon-announces-an-agreement-to-acquire-the-assets-of-pixologic-makers-of-zbrush


スポンサーリンク


前回は目元と上アゴばかり見ていたので、今回は頬から側頭部、首へと流れるボリュームを探っていく。



実際のスーツは頬・側頭部の皮膚にダブつきを持たせているようで、ポーズによってダブついた分が横側へ広がってシルエットに影響するようだ。



頭頂部から後頭部にかけてはまだ全然手を着けられていないので、シルエットがアンバランス。



資料として映画公開当時に発売された東宝公式のメイキング書籍を購入した↓

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃 (東宝SF特撮映画シリーズSPECIAL EDITION)

付録のCD-ROMに画像や合成前の動画素材が収録されるのが当時の流行りだった。付録のデータはhtmlで構成されているけど、現在はhtmlに埋め込まれたmovを再生する術が無い。。。

ゴジラ・ストア限定で販売されているヴィジュアル・ブックのVol.11を以前購入していたのを思い出し、引っ張り出してきた↓



劇中のスーツだと、首を動かしたり口を開けると下アゴの付け根にかなり深いしわが入るから、頬から首につながる筋肉の流れのようなボリュームがあまり意味を成さないようだな。


スポンサーリンク

作業の振り返り

動画のコントラスト強めにして陰影が分かりやすいようにすると、雰囲気が似て見える気がする。



このままでは首のラインの目安を掴みにくいので、次は身体のアタリを作ってみるか。

まとめページ↓
ゴジラ 2001
まだ作り途中…2001年公開の映画「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」に登場する通称GMKゴジラをZBrushでモデリング。過去何度か、このゴジラの実際の造形物を見る機会があった。映画公開半年後に岡本太郎美術館で開催された...


スポンサーリンク

関連記事

Vancouver Film Schoolのデモリール
アニメーション映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の予告編が公開された!
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
積みキット進捗
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
2012のメイキングまとめ(途中)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
平成ガメラ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
S.H.MonsterArts GMKゴジラ(2001)届きました
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神」
UnityのAR FoundationでARKit 3
機動武闘伝Gガンダム
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
薩摩剣八郎のゴジラ剣法
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
無料で使える人体3DCG作成ツール
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
4K HDR『ガメラ 大怪獣空中決戦』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
UnityでPoint Cloudを表示する方法
adskShaderSDK
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ZBrush 4R8 リリース!
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集

コメント