海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装

前回までで気泡処理を終えました。(もう飽きました)

引き続き、まだ気泡と戦っています(笑) そろそろ、軸打ち加工してからしばらく放置していた背びれパーツの気泡も埋めていく。 すでに赤ペンで気泡箇所のマーキングは済ませている。 背びれパーツの気泡はそれほど数が多くないので1つ1つ...

改めて全体にプライマーサーフェイサーを吹いた。



やっと塗装作業に入れる。
ソフビキットゴジラの塗装はこれで4回目だけど、未だに組み立てと塗装の順序は模索中。


スポンサーリンク


とりあえず最初は口内の塗装。基本的に、組み立て後だとパーツが入り組んで筆が入らないような箇所は、組み立てる前に塗装する方針。

キンゴジの時は全体に黒サーフェイサーまで吹いた後に口内の塗装に入った。
下地処理が終わったので、本格的に塗装作業に入る。 まずは口の中を塗装して、下アゴのパーツをさっさと接着してしまいたい。 口の中の塗装は、基本的に以前ビオゴジ出現を塗った時と同じ手順で行こうと思う。 もっと良いやり方は無...

モスゴジの時は全体にグレーサーフェイサーを吹いた後に口内の塗装を行った。
前回は塗装をやりやすくするための後ハメ加工目的で背びれパーツを真鍮線で軸打ちした。 次は口内を小改造。ソフビ成型でエッジがだるくなっている牙を延長して尖らせる。 これは難しい加工ではないけど、ソフビキットでやっておくと結構印象が...

塗料の明度と隠蔽力の関係で言えば、歯茎のような明るい色を塗る場合、発色を考えると下地も明るい方が良いわけで、キンゴジの時のやり方はナンセンスだったな。

ということで、今回もモスゴジの時と同じように、グレーサーフェイサーの上から口内の塗装を進めていく。



まずは写真集を見ながら84ゴジラの口内を観察。

GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集

見た限り、昭和ゴジラの延長なのか、あんまり凝った塗装がされてなさそうだ。(生物感が強調されるのはビオゴジ以降っぽい)

なので、生物感はあまり意識せず、陰影を強調する方向で塗ることにする。

口内の塗装プラン

大まかに以下のようなプランで口内を塗っていく。(結局いつもとあんまり変わらないかも)


スポンサーリンク
  1. 口内全体にラッカー系のアイボリーを塗る
  2. 歯茎にラッカー系のピンクを塗る
  3. 牙の影色としてアクリル系のクリアーオレンジを塗る
  4. 歯茎の影色としてエナメル系のクリアーレッドを塗る

上アゴ、下アゴ、舌パーツ共にグレーサーフェイサーを吹いた状態からスタート。





Mr.カラーの通常のホワイトよりも隠ぺい力が強いらしいクールホワイトに、同じくMr.カラーのクリアーオレンジ微量、クリアーイエロー微量加えてアイボリー色を作成。



このアイボリーを口内全体に塗っていく。
上アゴの写真撮影失敗…(何だコレ)





塗ったアイボリーが生乾きの状態で、Mr.カラーのピンクにクリアーオレンジを少量加えた色を歯茎に塗る。生乾きのアイボリーと少し混ざった方が情報量が増えて良いじゃないかと。(微妙に下地のサフが溶けちゃってるけど気にしない)



この段階で舌パーツは接着してしまった。



ここでいったん手を止めて乾くのを待つ。仮組みして様子を見てみた。まだ全然雰囲気出てないな。



タミヤカラーアクリル塗料のクリアーオレンジをベースにクリアーブルー少量、クリアーイエロー微量を混ぜて作った濁ったクリアーブラウンを牙の影色として使う。



これを溶剤多めに溶いて口内全体をウォッシング。





ウォッシングした塗料が乾いたら、牙の先端や舌など、凸部分の塗料を溶剤を含ませた綿棒などで拭き取る。





タミヤカラーエナメル塗料のクリアーレッドをベースにクリアーブルー少量、クリアーオレンジ微量で作ったワインレッド(?)で歯茎をウォッシングしていく。







塗料が乾いたら下アゴパーツを接着。



パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める。



パテが硬化したら、剥がれないように瞬間接着剤でしっかりと固定。
パテを盛った箇所、および塗装がはみ出したり垂れちゃってた箇所にプライマーサーフェイサーを筆塗りして均した。



これで口内の塗装完了。
次は眼の塗装かな。


スポンサーリンク

関連記事