メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ

窓の塗装と墨入れが済んだので、苦手な水転写デカールを貼る作業に突入する。

メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
基本の色は大体塗り終わったので、次は細部の塗り足しだ。 この段階でもう全部のパーツを接着しておく。ここでは瞬間接着剤を使った。 そして、まずタミヤカラー エナメル塗料のフラットブラックで全体に墨入れして、その後窓部分に同じくタミ...

ホントに、デカールを貼る作業に良い思い出が無いので、びびって色んなツールを揃えた。
このデカールトレイは、水に浸したデカールをすくい上げるザルと櫛みたいな道具。↓

デカールトレイ

Mr.マークソフターは、デカールを柔らかくして曲面や凹凸に密着させるための液体。↓

Mr.マークソフター MS231

デカールって塗装では表現しづらい細かいマーキングとかを再現するためのものなので、それぞれが小さくて不器用なオイラにはちょっときついのです。


スポンサーリンク



デカールを水に浸し、10秒ぐらい待つ。台紙からデカールが浮いてずらせるようになったら、台紙ごとキットの貼りたい場所の隣に持ってきて、綿棒でデカールをスライドさせて台紙からキットへ移す。キット上にあらかじめマークソフターを垂らしておくとデカールがスムーズに滑って位置合わせしやすい。
綿棒で水分を吸い取るとだんだん位置が定着してくる。もう少し動かしたかったらマークソフターの刷毛でずらすとスムーズだった。ズレを直そうとして逆に大きくズレたり、しわになったりすると反射的に変な声が出た(笑)

で、悪戦苦闘した末に貼り終わりました。こっち側から見るとそれなりにきれいに貼れてるように見えるでしょ?

貼り終わった

でもね、実は反対側の”SIII”は失敗して破れてしまったのだ。。。
塗装のメタリックな赤の色とデカールの朱な赤の色のギャップがちょっと気になるだろうか。

全体のつやを整えるのと、デカールの段差を埋めるため、全体にMr.スーパークリアー スプレー 半光沢を吹くことにした。光沢にしようかとも思ったけど、スケール感を考えたらピカピカ過ぎるよりちょっと鈍い方が良いと思ったので。

Mr.スーパークリアー スプレー 半光沢 B516

全体に半光沢を吹く。デカールが上手く左右対称に貼れてないですね。

半光沢でコーティング

実は半光沢で仕上げるのは初めてだ。今までは怪獣系ばっかりだったから、ほとんどつや消しで仕上げていた。

これぐらいの小ささのキット全体にスプレーする際、持ち手とかどうやったら良いんだろう。掴む所も、棒を挿すような穴もないし。結局、表・裏の2回に分けて吹いたけど、やってる途中で羽根のミサイル(?)が片方折れちゃった。。。。
墨入れの際のエナメル塗料が侵食してややひびが入っていたのは気づいてたけど、こんなに脆くなってたとは。仕方がないので瞬間接着剤で補修した。けど、接着がちょっとズレちゃって目立つな。先端の塗装はげちゃったし。。。

完成…

半光沢にしたことでギラギラしたメタリック反射がやや落ち着いて、墨入れの効果がよく見えるようになった。つやを抑えるとその分彩度が落ち、明度が上がるんですよね。メタリック塗装の赤と、デカールの朱な赤のギャップがやや薄まったかな?

これでもう大体完成だから、後でちゃんと写真を撮ろう。今回は色々と反省点が多かったな。上手くリカバーできない失敗が多かった。

制作記事のまとめページ作った。↓
https://blog.negativemind.com/portfolio/bandai-mecha-collection-ultraman-series-no-1-jet-beetle/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.