ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理

実は、ちょっと前にバンダイのPERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコンを二次受注で購入してしまったのです。こんなに高価なプラモデルを買うのは初めて。
http://bandai-hobby.net/sw/jp/products/millenniumfalcon_72_1.html



そして、こんなにパーツ数の多いプラモデルがそもそも初めてなので、闇雲に手をつけたら台無しになりそうでちょっと慎重になっている。

追記:っていうか、え?一般販売されるの?

PG スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン(スタンダードVer.)  1/72スケール 色分け済みプラモデル


スポンサーリンク


以前組み立てたファインモールドのキットは1/144スケールだったし、バンダイのキットと違ってパーツ数がかなり絞られていて組みやすかった。
エアブラシで本格的にメカのグラデーション塗装をやったのはこの時が初めてだった。
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン
学生の頃に購入してから5年ほど、サーフェイサーを吹いただけで積んでいたキット。 新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が公開され、テンションが再燃して制作を再開した。 新作の公開に合わせて同スケールでもっと組み立てやすいバンダイのキットが...


ということで(?)、予行演習としてもっと小さくてシンプルな同じくバンダイのビークルモデルを組み立てる。

ビークルモデル 006 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン プラモデル

塗装は以前のを踏襲しようかと。
あの頃はまだあんまりエアブラシ塗装に慣れてなかったけど、今ならもうちょっと上手くグラデーション塗装できる気がする。


スポンサーリンク

組み立てプラン

まずはビークルモデルシリーズではお馴染み、箱の裏の説明書を眺めてプランニング。



内側からハメ込むタイプのディティールパーツはランナー状態のまま塗装しても良さそうだな。

台座の組み立て

台座は工夫の余地が無いのでとりあえず先に組み上げてしまう。



ハメ込み位置を選択できるダボ穴は不要なのでエポキシパテで埋めちゃう。



さらに溶きパテで均す。


塗装の準備

A2(5)とA4(21)、A1(1)とA2(6)は先に接着。



A2(11)とA2(13)も先に接着しておく。



A2(12)、A3(20)、A2(9)、A2(10)、A3(17)、A3(18)はランナーから切り取った状態で塗装する。





それ以外のパーツは組み立て後にゲート跡が隠れるのでランナー状態のまま塗装する。

サーフェイサー

影塗装も兼ねて下地はサーフェイサー エヴォ ブラックを使う。

ガイアノーツ GS-03 サーフェイサー エヴォ ブラック 50ml

ということで吹いたんだけど、アンテナパーツA3(20)だけ吹き忘れた。。。



このキットの制作記事まとめページを作りました↓



スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 マスキング・シルバー塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 仮組み
今年も怪獣大進撃
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム パーツの接着・合わせ目消し
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
シフトカーを改造する人達
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
2016年 観に行った映画振り返り
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
2019年 観に行った映画振り返り
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
ワンダーフェスティバル2021[冬]はWeb開催
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
模型用塗料の収納問題
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
溶剤
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型を作る
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 基本工作
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装

コメント