ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理

実は、ちょっと前にバンダイPERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコンを二次受注で購入してしまったのです。こんなに高価なプラモデルを買うのは初めて。




そして、こんなにパーツ数の多いプラモデルがそもそも初めてなので、闇雲に手をつけたら台無しになりそうでちょっと慎重になっている。

追記:っていうか、え?一般販売されるの?

PG スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン(スタンダードVer.)  1/72スケール 色分け済みプラモデル


スポンサーリンク



以前組み立てたファインモールドのキットは1/144スケールだったし、バンダイのキットと違ってパーツ数がかなり絞られていて組みやすかった。
エアブラシで本格的にメカのグラデーション塗装をやったのはこの時が初めてだった。
学生の頃に購入してから5年ほど、サーフェイサーを吹いただけで積んでいたキット。 新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が公開され、テンションが再燃して制作を再開した。 新作の公開に合わせて同スケールでもっと組み立てやすいバンダイのキ...

ということで(?)、予行演習としてもっと小さくてシンプルな同じくバンダイのビークルモデルを組み立てる。

ビークルモデル 006 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン プラモデル

塗装は以前のを踏襲しようかと。
あの頃はまだあんまりエアブラシ塗装に慣れてなかったけど、今ならもうちょっと上手くグラデーション塗装できる気がする。

組み立てプラン

まずはビークルモデルシリーズではお馴染み、箱の裏の説明書を眺めてプランニング。



内側からハメ込むタイプのディティールパーツはランナー状態のまま塗装しても良さそうだな。

台座の組み立て

台座は工夫の余地が無いのでとりあえず先に組み上げてしまう。



ハメ込み位置を選択できるダボ穴は不要なのでエポキシパテで埋めちゃう。



さらに溶きパテで均す。


塗装の準備

A2(5)とA4(21)、A1(1)とA2(6)は先に接着。



A2(11)とA2(13)も先に接着しておく。



A2(12)、A3(20)、A2(9)、A2(10)、A3(17)、A3(18)はランナーから切り取った状態で塗装する。





それ以外のパーツは組み立て後にゲート跡が隠れるのでランナー状態のまま塗装する。

サーフェイサー

影塗装も兼ねて下地はサーフェイサー エヴォ ブラックを使う。

ガイアノーツ GS-03 サーフェイサー エヴォ ブラック 50ml

ということで吹いたんだけど、アンテナパーツA3(20)だけ吹き忘れた。。。



スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.