海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装

前回までで口内の加工を終えた。



ようやく塗装作業に入る。再び全体にサーフェイサーを吹いた。



何回サーフェイサー吹いてんだか。。。


スポンサーリンク


下アゴパーツもサーフェイサー。



舌のパーツもちゃんと忘れずにね。


G1ガメラの口内の色

下アゴパーツを接着する前に、まずは口内を塗装していく。色はBlu-rayと、こちらの書籍を参考に。

平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)

説明書に載っている塗装レシピや、塗装見本の写真では口内がかなり赤くなってるけど、劇中のガメラの印象だとアイボリーよりちょっとオレンジ寄りぐらいの薄い色をしている。

Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ガメラ1995 約200mm PVC製 未塗装組立キット



クリアーカラーを塗り重ねて口内の生物感を出していこうと思う。というか、怪獣の塗装で生物感を意識する箇所ってそれ以外にあんまり無い気もする。
大まかな塗装プランとしては以下。

  1. 口内全体にアイボリーを塗る(ラッカー系)
  2. 口内をウォッシングして歯茎の色に変化をつける(アクリル系)
  3. 口内をオレンジでウォッシングして凹凸を強調(エナメル系)
  4. 牙周辺をブラウンで墨入れ(エナメル系)

あくまでこれは基本方針として、適宜様子を見ながら調整していく。

口内全体にアイボリー塗装

まずはMr.カラーのキャラクターフレッシュ + ピュワホワイトで作ったアイボリーを口内全体に筆塗り。筆塗りで下地のサーフェイサーがちょっと溶け出しちゃったな。





乾いたら舌パーツは接着し、下アゴパーツを仮組みして様子を見る。
作ったアイボリーが肌色に近過ぎて、牙まで粘膜組織っぽく見えるな。。。



ただ、歯茎色として良い感じの透明感ではある。

牙のアイボリー塗装

ピュワホワイト + クリアーイエローでもっと白の強いアイボリーを作り、牙部分を塗り直す。



ついでに下地が溶けだしてしまった歯茎部分も塗り直す。




アクリル塗料でウォッシング

タミヤカラー アクリル塗料のクリアーオレンジをベースにブラウンを加え、クリアーレッドを少量足した色で口内全体をウォッシングする。



溶剤多めでジャブジャブして、モールドの凹部に塗料が多く残るように塗る。意図的に塗りムラを作る感じですかね。



そして溶剤を含ませた綿棒で凸部の塗料を拭き取る。



やっていることはほとんど墨入れみたいだけど、ラッカー塗料の上に塗ったアクリル塗料が完全には拭き取れないことを利用して凸部にも少し色を残すわけです。



ブラウンは顔料系の色を使ったからか、最初の歯茎の透明感が薄れてしまったな。


スポンサーリンク

エナメル塗料でウォッシング

さらにその上からエナメル塗料でウォッシングしていく。タミヤカラー エナメル塗料のクリアーイエローをベースに、クリアーオレンジ、クリアーレッド、スモークを加えて調整した薄くダークなクリアーオレンジを作り、溶剤多めでジャブジャブと塗る。





薄いクリアーオレンジだけじゃちょっと物足りない気もしたので、深い凹部などの要所要所でクリアーレッドを少し増やした。




牙の生え際にエナメル塗料で墨入れ

さらに、牙の生え際にはブラウン + ブラックで作ったくらい茶色で墨入れして、歯茎の粘膜と牙の境目をぼかす。





左右の大きな2本の牙の生え際も墨入れでやろうとしたけど、あんまり自然なグラデーションになってくれない。
レジンキットの場合なら、爪や牙の生え際付近には微細なモールドが入っているから、そこに墨入れのように上手くエナメル塗料が残ってくれるんだけど、ソフビキットはモールドがツルンとしているので上手くエナメル塗料が残ってくれないようだ。



仕方がないので、大きな2本の牙だけは再びMr.カラーのピュワホワイト + クリアーイエローで作ったアイボリーで牙の先端付近からドライブラシして生え際までのグラデーションを表現。







その上からエナメル塗料のクリアーオレンジを重ねて茶色とアイボリーの境目を馴染ませ、仮組みして様子を見る。



ちなみに、白目も塗っておいた。(Mr.カラー ピュワホワイト)



劇中のガメラのイメージだと、大きな2本の牙は歯茎というより緑の皮膚部分から生えている感じなので、まだこの段階では何とも言えないかな。



色々と塗り重ねてしまって、当初の目論見よりもだいぶ歯茎の色味が強くなり過ぎてしまったような気もする。。。赤過ぎるかなぁ。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓



スポンサーリンク

関連記事

積みキットの下地処理
酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) の予約受付開始
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
4K HDR『ガメラ 大怪獣空中決戦』
日本でMakersは普及するだろうか?
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
恐竜骨格のプラモデル
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 墨入れ・クリアーコート
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 全身の黒塗装 その2・その他レタッチ
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
シフトカーの改造
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
GMKゴジラの爪の塗装
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ワンダーフェスティバル2021[冬]はWeb開催
模型用塗料の収納問題
ワンダーフェスティバル 2021[秋] オンライン
模型をターンテーブルで撮影
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
怪獣ガレージキット
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
顔のモデリング
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型

コメント