ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める

ここまで8時間ほど作業してきた。



ここまでのUndo Historyを削除してZBrushのプロジェクトファイルを軽くした。これでファイルを開くのがかなり速くなった。(ZBrush 2020.1は何でこんなに動作が重いの?)

Windows Updateとペンタブレットの挙動

作業を続けようとしたら、ペンタブレットの挙動がおかしい。ペンの位置座標が二重に認識されてずっとチカチカしている。
Windows Updateしたからかな。
ペンタブレット側の設定と、Windows側のデバイス設定を直して、再起動したら解決。(Windows Ink云々…)

毎度毎度、こういうのでペースを乱されるんだよな。Windows Updateで設定を強制変更するのやめてほしい…


スポンサーリンク


やっと本題。

資料の補充

オイラが特撮のDNAで撮った写真だけでは資料としてイマイチだった。



ネット上で他の人が撮ったアヴァンガメラヘッドの写真を探してみて、オイラが撮った写真よりも良い写真がいくつか見つかった。口の中が分かる写真とか。

さらに映画公開当時に出版されたムック「小さき勇者たち~ガメラ~公式ガイドブック」と小学館の「小さき勇者たち~ガメラ~超全集」を購入した。これらのムックには全身のバランスが分かる前後左右の写真が載っていた。
設定によると、アヴァンガメラは体高35m、体長55mで、歴代ガメラの中でもかなり小さいんだな。

そして気分を盛り上げるためにサントラCDも購入(笑)

小さき勇者たち GAMERA オリジナルサウンドトラック

頬の突起

頭のSubToolのDynaMeshの解像度を144に上げて、頬の突起というか、大きい鱗の形をちゃんと作っていきましょう。
今まで資料を大雑把にしか見ていなかったけど、よく見ると、この大きな鱗は眼の下から後頭部にかけてラインを描くように生えている(?)んですね。



資料とにらめっこしながら進めていたら、だんだん目つきの違いが気になり始めて、眼球の位置や眉(?)のラインもいじり始める。
口の中が分かる資料も手に入れたから、口の中も少しいじった。目つきはだいぶ似てきたと思うんだけどなぁ↓



そして、また脱線して身体も少しいじる↓



全身の資料も一応手に入ったので、だいぶバランスが分かるようになった。



身体はいったんトトの形状を模してベースにした方が良いような気もしてきた。アヴァンガメラのスーツはトトと同じ型をベースに突起を追加して作られたらしいし。


スポンサーリンク

作業の振り返り

ペンタブレットの挙動を直したり、仕事で疲れてあんまり時間が取れなかったので、前回から2時間ぐらいしか作業できなかった。なので、あんまり切りの良いところまで到達しなかった。

前回からの差分を1分の動画にまとめた↓

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング Part 3

今回はどこにフォーカスして作業したわけでもなく、ちょいちょい色んな所に手を付けてますね。
資料が少ない頭頂部はまだビビッてあんまり手を入れていない。たぶんプロの原型師の方々は、資料が不足している箇所も他の生物の解剖的な知見で補完して作ってるんだろうな。

ある程度概形が出来上がってからは、ハッキリと分かる進捗が減ってモチベーションを保ちづらくなってくると気づいた。

今回は以下2つの障壁(ちょっと大袈裟?)を乗り越えたので良しとする。

  • ペンタブレットの動作不良
  • 資料不足

挫折ポイントで手を止めてそのまま終わってしまうより、「障壁を乗り越えた」という成功体験を積んでいきたい。仕事でも何でもそうだけど、ものづくりでは最低限必要な要素

  • 情報(資料)
  • 作業時間

を満たしていないと絶対に完成度は上がらない。この要素を満たしていない段階で諦めるのはもったいない。

作業をしていて1つ思い出した。中学生の頃、発泡スチロールとペットボトルを材料にガメラ3のガメラ(飛行形態)を作ってみたことがあったんだ。造形の経験は無かったけど、とにかく作りたい執着心が導いてくれた記憶。

ここまででトータル10時間は作業したので、目標の20時間までもう折り返し地点だ。頭のモデリングだけならあと10時間でもなんとか完成に持って行けそうな気はする。
時間当たりの進捗がとてもノロノロだけど、進捗/作業時間は世界最高峰レベルの人達と比べちゃダメで、あくまで以前の自分と比較するんだ。
ZBrushは迷いながらでも盛り足して少しずつ整えていけるので、初学者でも完成度を上げていきやすい気がする。

頬の突起が出来たら左右非対称な作業に入るかな。口の中は別SubTool化しないと上手く作れないかもしれない。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



スポンサーリンク

関連記事

『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
UnityのAR FoundationでARKit 3
Paul Debevec
ガワコス
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ラクガキの立体化 反省
エアブラシの思い出
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
2015年の振り返り
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Physically Based Rendering
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Maya 2015から標準搭載されたMILA
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
感じたことを言語化する
フルCGのウルトラマン!?
積みキット進捗
海外ドラマのChromaKey
無能の作り方
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
顔のモデリング
仮面ライダーバトライド・ウォー
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
服飾デザインツール『CLO』
MeshroomでPhotogrammetry
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrush 4R7
ゴジラのガレージキット組み立て動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
恐竜造形の指南書

コメント