ラクガキの立体化 目標設定

ぼちぼちと進めているラクガキの立体化ですが、これを初の3Dプリント作品の習作としたいのです。


目標設定

昨年末に抱いた「スクラッチで模型を作りたい」という願望のハードルを自分なりに下げた結果、
3Dモデリング → 3Dプリント → 手作業による修正
というプランに行き着いたのです。大部分がデジタル工程とは言え、スクラッチに変わりはないのです。



で、3Dプリント後の手作業はゴールデンウィーク中にやりたいところ。なのでそこからスケジュールを逆算すると、4月半ばには3Dプリント発注しちゃわないといけない。DMMの3Dプリントサービスが手軽そう。
http://make.dmm.com/print/


スポンサーリンク

モデリングの進捗

身体が一体パーツだとだんだん作業がやりづらくなってきたので、大まかなパーツごとにSubToolを分割。
この時点でターンテーブル動画をレンダリングしてYouTubeにアップしてみた。



いったん作業から離れて現状を冷静に見るという点ではこういう方法も悪くない気がします。


スポンサーリンク


なんとなく目つきが可愛く見えてきたので、眼を少し小型化して球面っぽさを強調し、もっと凶悪な感じの目つきへ修正した。



最初は筋肉を意識し過ぎてたから身体のディティールに鎧っぽさが薄かったので、少し骨っぽく方向転換中。胴体は悩んだ末に肋骨っぽいディティールを入れ始めた。
鎧というか、外骨格っぽくした方が機能的な分割ができて後々の物理的に組み立てが楽だしね。

手首とか脚が上手く作れない。既存のベースメッシュからの移植を検討した方が良いかもしれない。(それじゃスクラッチじゃない?)
3Dプリントのスケジュールを考えると、やっぱり胸像まででいったん終えるのが無難だろうか。



目標設定すると俄然クオリティマネジメント的な段取り思考が働くのは仕事の影響か?


スポンサーリンク

関連記事

能力者
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ラクガキの立体化 胴体の追加
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Unite 2014の動画
ゴジラ(2014)のメイキング
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
HD画質の無駄遣い
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ラクガキの立体化 モールドの追加
顔のモデリング
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushのZScript入門
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
3Dグラフィックスの入門書
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
なんかすごいサイト
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理

コメント