ラクガキの立体化 目標設定

ぼちぼちと進めているラクガキの立体化ですが、これを初の3Dプリント作品の習作としたいのです。


目標設定

昨年末に抱いた「スクラッチで模型を作りたい」という願望のハードルを自分なりに下げた結果、
3Dモデリング → 3Dプリント → 手作業による修正
というプランに行き着いたのです。大部分がデジタル工程とは言え、スクラッチに変わりはないのです。



で、3Dプリント後の手作業はゴールデンウィーク中にやりたいところ。なのでそこからスケジュールを逆算すると、4月半ばには3Dプリント発注しちゃわないといけない。DMMの3Dプリントサービスが手軽そう。
http://make.dmm.com/print/

モデリングの進捗

身体が一体パーツだとだんだん作業がやりづらくなってきたので、大まかなパーツごとにSubToolを分割。
この時点でターンテーブル動画をレンダリングしてYouTubeにアップしてみた。


スポンサーリンク
Zbrushの練習

いったん作業から離れて現状を冷静に見るという点ではこういう方法も悪くない気がします。


スポンサーリンク


なんとなく目つきが可愛く見えてきたので、眼を少し小型化して球面っぽさを強調し、もっと凶悪な感じの目つきへ修正した。



最初は筋肉を意識し過ぎてたから身体のディティールに鎧っぽさが薄かったので、少し骨っぽく方向転換中。胴体は悩んだ末に肋骨っぽいディティールを入れ始めた。
鎧というか、外骨格っぽくした方が機能的な分割ができて後々の物理的に組み立てが楽だしね。

手首とか脚が上手く作れない。既存のベースメッシュからの移植を検討した方が良いかもしれない。(それじゃスクラッチじゃない?)
3Dプリントのスケジュールを考えると、やっぱり胸像まででいったん終えるのが無難だろうか。



目標設定すると俄然クオリティマネジメント的な段取り思考が働くのは仕事の影響か?


スポンサーリンク

関連記事

物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
2012のメイキングまとめ(途中)
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushトレーニング
ZBrush 2018での作業環境を整える
3D復元技術の情報リンク集
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
多忙な人
ラクガキの立体化 反省
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
グローバル化社会
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
分類
参考になりそうなサイト
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
「立場が人を作る」って言ったりするよね
テクニック
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
この連休でZBrushの スキルアップを…
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
UnityでARKit2.0
色んな三面図があるサイト
Blender 2.8がついに正式リリース!
生物の骨格
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
最近のフィギュアの製造工程
Maya 2015から標準搭載されたMILA
能力者
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
シン・ゴジラのファンアート
Adobe Photoshop CS5の新機能
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Pix2Pix:CGANによる画像変換
3DCGのモデルを立体化するサービス

コメント