ラクガキの立体化 目標設定

ぼちぼちと進めているラクガキの立体化ですが、これを初の3Dプリント作品の習作としたいのです。


目標設定

昨年末に抱いた「スクラッチで模型を作りたい」という願望のハードルを自分なりに下げた結果、
3Dモデリング → 3Dプリント → 手作業による修正
というプランに行き着いたのです。大部分がデジタル工程とは言え、スクラッチに変わりはないのです。



で、3Dプリント後の手作業はゴールデンウィーク中にやりたいところ。なのでそこからスケジュールを逆算すると、4月半ばには3Dプリント発注しちゃわないといけない。DMMの3Dプリントサービスが手軽そう。
http://make.dmm.com/print/


スポンサーリンク

モデリングの進捗

身体が一体パーツだとだんだん作業がやりづらくなってきたので、大まかなパーツごとにSubToolを分割。
この時点でターンテーブル動画をレンダリングしてYouTubeにアップしてみた。



いったん作業から離れて現状を冷静に見るという点ではこういう方法も悪くない気がします。


スポンサーリンク


なんとなく目つきが可愛く見えてきたので、眼を少し小型化して球面っぽさを強調し、もっと凶悪な感じの目つきへ修正した。



最初は筋肉を意識し過ぎてたから身体のディティールに鎧っぽさが薄かったので、少し骨っぽく方向転換中。胴体は悩んだ末に肋骨っぽいディティールを入れ始めた。
鎧というか、外骨格っぽくした方が機能的な分割ができて後々の物理的に組み立てが楽だしね。

手首とか脚が上手く作れない。既存のベースメッシュからの移植を検討した方が良いかもしれない。(それじゃスクラッチじゃない?)
3Dプリントのスケジュールを考えると、やっぱり胸像まででいったん終えるのが無難だろうか。



目標設定すると俄然クオリティマネジメント的な段取り思考が働くのは仕事の影響か?


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラの造形
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
『ピクサー展』へ行ってきた
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ZBrushの練習 手のモデリング
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Unreal Engineの薄い本
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ポリ男をリファイン
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
今後の抱負
ラクガキの立体化
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Unityの薄い本
OpenMayaのPhongShaderクラス
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
AfterEffectsプラグイン開発
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ポリ男からMetaHumanを作る
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
UnityでARKit2.0
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
頭脳派
個人情報の開示
TVML (TV program Making language)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』

コメント