ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む

ここまで11時間半費やした。



まだDynaMeshの解像度144のままで続けている。
目元や頬の突起はそろそろ解像度を上げないと作り込めないけど、これ以上作り込もうとすると左右非対称な範囲に踏み込んでしまうな。

その前に左右対象で行ける範囲をさっさと整えてしまおう。
まずはおでこから後頭部にかけての鱗(?)のラインのバランスを調整。



頭頂部は資料が少ないので、トトガメラの写真や想像で補完するしかない。


スポンサーリンク


まだのっぺりしていた首周りも何となくしわっぽいディティールをDam Standardブラシでさっさと入れて、ClayBuildUpブラシでちょっと均す。表面を荒らすとそれっぽい雰囲気に見えるだけかもしれないな。



口の中は別のSubToolに分けないと作り込みにくい気もするけど、とりあえずこのままで、歯のSubToolを追加して進めて行こうかな。



結局またちょっと眼球の位置を調節して、目の周りの彫りを込んだ。DynaMeshの解像度足りないのに。



特撮のDNAで展示されていたレプリカのアヴァンガメラは、右目の下瞼がやや閉じ気味だったからそれを真似しているんだけど、劇中のアヴァンガメラは結構目を見開いていた気もするな。この辺りはどの瞬間を切り取るか自分で決めないといけない。


スポンサーリンク

作業の振り返り

前回からの作業時間は2時間半ってところかな。計測ツールを使って機械的に作業時間を測ったわけじゃないから、だいぶアバウトだけど。何か良いツール無いかな?
テレワークと出社がごちゃ混ぜだったり、オンライン英会話を始めたりして、結局あんまり計画的に時間を確保できていない。

2時間半の作業履歴を1分半の動画にまとめた↓

ZBrushでアヴァンガメラをモデリング Part 5

だいぶ集中力が切れてきている。もうDynaMeshの解像度を一気に上げてしまおうか。
ここまでで14時間費やしてみたけど、あと残り6時間使うとすると、まあ頭部は仕上がりそうかな。

身体も作っちゃった方が充実感はありそうだけど、今回は何もいじっていない。



頭を引きで見るとかなり仕上がっているように見えるな。次は下アゴと口内をもうちょっと作り込んでいくか。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓



スポンサーリンク

関連記事

Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神」
ガメラ生誕50周年
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
平成ガメラ
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
ZBrushの作業環境を見直す
Unreal Engine 5の情報が公開された!
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
iPhone欲しいなぁ
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
顔モデリングのチュートリアル
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
恐竜造形の指南書
最近のフィギュアの製造工程
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
CreativeCOW.net
天体写真の3D動画
TVML (TV program Making language)
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
『特撮のDNA』を見てきた
Subsurface scatteringの動画
UnityでLight Shaftを表現する
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』

コメント