Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン

久しぶりにコンピュータビジョン系の話題。

Google Researchから機械学習用のアノテーション付き動画を生成するためのツールがオープンソースで公開された↓

Kubric



Kubricは、Instance SegmentationマスクやDepthマップ、オプティカルフローなどのリッチなアノテーション付きのセミリアルな動画を作成するためのデータ生成パイプラインです。

 ※このプロジェクトはまだアルファ段階であり、大幅に変更される可能性があります。

モチベーションと設計

機械学習システムの訓練と評価、特にunsupervised multi-object video understandingにおいてはより良いデータが必要です。既存のシステムは、toy datasetsでは上手く行くものの、現実世界のデータでは失敗してしまいます。複雑さの異なる適切なデータセットをオンデマンドで作成できれば、進歩を大幅に加速できる可能性があります。
Kubricは、主にpybullet(物理シミュレーション用)とBlender(レンダリング用)をベースに構築されていますが、コードはモジュール式に保たれているため、様々なレンダリングバックエンドをサポートできる可能性があります。


スポンサーリンク

Kubricは特に数千台のマシンを使って処理できるスケーラビリティに重点を置いて開発されているらしい。
詳しくはarXivで公開されているKubric: A scalable dataset generatorや、公式ドキュメントを参照。


スポンサーリンク


レンダリングに使われているBlenderについてはもはや説明不要でしょう。
物理シミュレーションに使われているpybulletというのは、Bullet Physics SDKというC++の物理シミュレーションフレームワークのPythonバインディング。強化学習方面ではすでに結構利用されているらしい。
https://zenn.dev/ymd_h/articles/14397e6ae7ea3d

Kubricの公式ドキュメントを読むと、一式揃ったDockerイメージも用意されているようですね。
https://kubric.readthedocs.io/en/latest/source/0_installing.html

ここ数年、機械学習用の画像・動画データをCGで生成する需要に応えるツールが少しずつ増えてきたな。
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ROS#もそうですが、ロボット制御ソフトウェアの開発、特にコンピュータビジョン関係は学習やテスト用の画像収集がボトルネックで、最近は学習や動作のシミュレーション環境にCGを活用する例が増えている。このUnrealCVはUnrealEn...

BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した...


最近はUnityが公式にUnity Computer Visionというデータセット生成サービスを始めていて、それに使用しているPerception Packageも公開している↓

Perception Package (Unity Computer Vision)



Perceptionパッケージは、コンピュータビジョンの訓練と検証のための大規模なデータセットを生成するためのツールキットを提供します。 現在は、カメラベースのユースケースに焦点を当てており、最終的には他の形式のセンサーや機械学習タスクに拡張される予定です。

ツールと製品の詳細についてはUnity Computer Visionページにアクセスしてください。

https://blog.unity.com/ja/technology/supercharge-your-computer-vision-models-with-synthetic-datasets-built-by-unity


スポンサーリンク

関連記事

Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrushで基本となるブラシ
Active Appearance Models(AAM)
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Google Chromecast
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ラクガキの立体化
3D復元技術の情報リンク集
立体視を試してみた
NICOGRAPHって有名?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
HD画質の無駄遣い
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
クラスの基本
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
3Dグラフィックスの入門書
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
全脳アーキテクチャ勉強会
ゴジラの造形
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
ポリ男からMetaHumanを作る
Raspberry Pi 2を買いました
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
アニゴジ関連情報
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング

コメント