オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』

度々似たような話題ですが(笑)
また別のオープンソースStructure from Motionライブラリを見つけた。↓

Theia

Theia-SfM

TheiaChris Sweeneyが開発したコンピュータービジョンライブラリで、効率的で信頼性の高いStructure from Motion(SfM)アルゴリズムを提供するために作られました。このライブラリは、研究者達へmulti-view reconstructionのための簡単に拡張可能なbox-toolの提供を目指しています。
姿勢推定、特徴検出と特長記述、マッチング、再構築のための多くの共通アルゴリズムが実装されています。シンプルなインターフェイス、少ない依存関係、そして豊富なドキュメントが用意されています。

ライセンスは修正BSDライセンス(New BSD License)なので商用利用も可能。
ソースコードはこちら↓
https://github.com/sweeneychris/TheiaSfM


スポンサーリンク


このライブラリは、ACMが主催するOpen Source Software Competition 2015でファイナリストにまで残ったライブラリだそうです。
(それがどれほどすごいことなのかはよくわかりません。。。)

もともとはカリフォルニア大学サンタバーバラ校のFour Eyes Labで開発されていたものがベースで、後にオープンソース化されたものだそうだ。
現在の開発の中心となっているChris Sweeney氏のページはこちら↓
http://cs.ucsb.edu/~cmsweeney/

Theiaライブラリのビルド方法を見てみたら、以下のライブラリに依存しているらしい。


スポンサーリンク

この手のライブラリではお馴染みのCeres Solverが入っている。ここの解説にもある通り、Ceres Solverは「非線形問題」を解くためのライブラリ。Structure from Motionでは、推定した変換行列の再投影誤差が最小となるパラメータを求めるBundle Adjustment処理で使われている。(最近やっと理解)

ちょっとライブラリの構成を眺めてみた。OpenMVGのサンプルでも感じたけど、Structure from Motionのライブラリって、画像のExifデータを利用する仕様が割と当たり前なのね。大抵、ライブラリにカメラの機種ごとのプロファイルデータベースもセットになっている。


スポンサーリンク

関連記事

海外ドラマのChromaKey
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
clearcoat Shader
プログラムによる景観の自動生成
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
サンプルコードにも間違いはある?
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
UnityでLight Shaftを表現する
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Google Chromecast
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
オープンソースの取引プラットフォーム
Open Shading Language (OSL)
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
ドットインストールのWordPress入門レッスン
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
ディープラーニング
定数
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
WordPressのテーマを自作する
python-twitterで自分のお気に入りを取得する

コメント

  1. わたなべ より:

    いつもCV関係の紹介記事、参考にさせていただいてます。
    このTheia、作者がWindows向けに作っていないため、何回かCMakeで挑戦してみましたがceres等他の必要なライブラリ部分で詰まり中断していました。

    Visual Studio 2015(Update 3)/2017限定になりますが、C++のオープンソフトウェアパッケージ管理のvcpkgにTheiaが登録されたため、(vcpkgを導入すれば)コマンドライン1行たたくだけで使えるようになっています。vcpkg自体もGitHubからpullしてbatファイルを叩くだけなので簡単でした。

    exeもありますが、APIを利用できる感じになっているので、SfM部分を勉強したりトレンド(CVPR2017のHybridSfMも最近実装されました)をおいかけたりするには良さそうです。