Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ

度々似たような話題ですが(笑)
また別のオープンソースStructure from Motionライブラリを見つけた↓

Theia

Theia-SfM

TheiaChris Sweeneyが開発したコンピュータービジョンライブラリで、効率的で信頼性の高いStructure from Motion(SfM)アルゴリズムを提供するために作られました。このライブラリは、研究者達へmulti-view reconstructionのための簡単に拡張可能なbox-toolの提供を目指しています。
姿勢推定、特徴検出と特長記述、マッチング、再構築のための多くの共通アルゴリズムが実装されています。シンプルなインターフェイス、少ない依存関係、そして豊富なドキュメントが用意されています。

ライセンスは修正BSDライセンス(New BSD License)なので商用利用も可能。
ソースコードはこちら↓
https://github.com/sweeneychris/TheiaSfM


スポンサーリンク


このライブラリは、ACMが主催するOpen Source Software Competition 2015でファイナリストにまで残ったライブラリだそうです。
(それがどれほどすごいことなのかはよくわかりません。。。)

もともとはカリフォルニア大学サンタバーバラ校のFour Eyes Labで開発されていたものがベースで、後にオープンソース化されたものだそうだ。
現在の開発の中心となっているChris Sweeney氏のページはこちら↓
http://cs.ucsb.edu/~cmsweeney/

Theiaライブラリのビルド方法を見てみたら、以下のライブラリに依存しているらしい。


スポンサーリンク

この手のライブラリではお馴染みのCeres Solverが入っている。ここの解説にもある通り、Ceres Solverは「非線形問題」を解くためのライブラリ。Structure from Motionでは、推定した変換行列の再投影誤差が最小となるパラメータを求めるBundle Adjustment処理で使われている。(最近やっと理解)

ちょっとライブラリの構成を眺めてみた。OpenMVGのサンプルでも感じたけど、Structure from Motionのライブラリって、画像のExifデータを利用する仕様が割と当たり前なのね。大抵、ライブラリにカメラの機種ごとのプロファイルデータベースもセットになっている。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのTransformクラスについて調べてみた
ディープラーニング
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Konashiを買った
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Maya API Reference
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
UnityでPoint Cloudを表示する方法
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
ポイントクラウドコンソーシアム
UnityのAR FoundationでARKit 3
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
定数
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Quartus II
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
自前Shaderの件 解決しました
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Unreal Engineの薄い本
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
clearcoat Shader
3Dグラフィックスの入門書
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
ROMOハッカソンに行ってきた
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました

コメント

  1. わたなべ より:

    いつもCV関係の紹介記事、参考にさせていただいてます。
    このTheia、作者がWindows向けに作っていないため、何回かCMakeで挑戦してみましたがceres等他の必要なライブラリ部分で詰まり中断していました。

    Visual Studio 2015(Update 3)/2017限定になりますが、C++のオープンソフトウェアパッケージ管理のvcpkgにTheiaが登録されたため、(vcpkgを導入すれば)コマンドライン1行たたくだけで使えるようになっています。vcpkg自体もGitHubからpullしてbatファイルを叩くだけなので簡単でした。

    exeもありますが、APIを利用できる感じになっているので、SfM部分を勉強したりトレンド(CVPR2017のHybridSfMも最近実装されました)をおいかけたりするには良さそうです。