TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール

久しぶりにPhotogrammetry系の話題。

このTeleSculptorは、KitwareによるKWIVER (Kitware Image and Video Exploitation and Retrieval)の1つで、空撮動画から地形をPhotogrammetryするために設計されたアプリケーション。

TeleSculptor

TeleSculptorは、クロスプラットフォームのデスクトップPhotogrammetryアプリケーションです。
TeleSculptorはUAV(無人航空機)が収集した動画など、空撮動画に重点を置いて設計されており、地理空間座標の処理や、GPSやIMUセンサーからのメタデータが利用可能な場合はそれらを使用することもできます。しかし、このソフトウェアは地理空間データやメタデータが無い画像セットであっても処理可能です。
TeleSculptorは、Structure from Motion技術を使用して、3Dのランドマークの疎な集合とカメラパラメーターを推定します。TeleSculptorは、Multi-View Stereo技術を使用してキーフレームの密なDepthマップを推定し、そのDepthマップと入力画像の色を融合してSurface Meshを作成します。

latest releaseページの下部にあるLinux、MacOS、Windows用のコンパイル済みバイナリからTeleSculptorをインストールできます。詳しくはInstallationセクションに従ってください。
TeleSculptor GUIの使用方法はUser Guideを参照してください。動作環境には16GB以上のRAMを搭載したコンピューターを推奨します。

プロジェクトをソースコードからビルドする上級ユーザーは、Building TeleSculptorセクションに進んでください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


ということで、Windows, Mac, Linuxで利用可能なクロスプラットフォームなツールです。すでにビルド済みのバイナリが配布されているのでインストールは簡単。

割と最近バージョン1.1がリリースされたみたい↓
https://blog.kitware.com/telesculptor-1-1-released/


スポンサーリンク

関連記事

HD画質の無駄遣い
MeshroomでPhotogrammetry
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Active Appearance Models(AAM)
clearcoat Shader
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Raspberry Pi 2を買いました
今年もSSII
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Photogrammetry (写真測量法)
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』を観た
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
書籍『ROSプログラミング』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ブログの復旧が難航してた話
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
統計的な顔モデル
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
GoogleのDeep Learning論文
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
立体視を試してみた
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
prosper
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Konashiを買った

コメント