TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール

久しぶりにPhotogrammetry系の話題。

このTeleSculptorは、KitwareによるKWIVER (Kitware Image and Video Exploitation and Retrieval)の1つで、空撮動画から地形をPhotogrammetryするために設計されたアプリケーション。

TeleSculptor

TeleSculptorは、クロスプラットフォームのデスクトップPhotogrammetryアプリケーションです。
TeleSculptorはUAV(無人航空機)が収集した動画など、空撮動画に重点を置いて設計されており、地理空間座標の処理や、GPSやIMUセンサーからのメタデータが利用可能な場合はそれらを使用することもできます。しかし、このソフトウェアは地理空間データやメタデータが無い画像セットであっても処理可能です。
TeleSculptorは、Structure from Motion技術を使用して、3Dのランドマークの疎な集合とカメラパラメーターを推定します。TeleSculptorは、Multi-View Stereo技術を使用してキーフレームの密なDepthマップを推定し、そのDepthマップと入力画像の色を融合してSurface Meshを作成します。

latest releaseページの下部にあるLinux、MacOS、Windows用のコンパイル済みバイナリからTeleSculptorをインストールできます。詳しくはInstallationセクションに従ってください。
TeleSculptor GUIの使用方法はUser Guideを参照してください。動作環境には16GB以上のRAMを搭載したコンピューターを推奨します。

プロジェクトをソースコードからビルドする上級ユーザーは、Building TeleSculptorセクションに進んでください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


ということで、Windows, Mac, Linuxで利用可能なクロスプラットフォームなツールです。すでにビルド済みのバイナリが配布されているのでインストールは簡単。

割と最近バージョン1.1がリリースされたみたい↓
https://blog.kitware.com/telesculptor-1-1-released/


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
統計的な顔モデル
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Managing Software Requirements: A Unified Approach
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCV
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Boost オープンソースライブラリ
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
OpenGVの用語
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ZBrush 4R8 リリース!
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
html5のcanvasの可能性
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
ROMOハッカソンに行ってきた
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Open Shading Language (OSL)
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
定数
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Raspberry Pi 2を買いました
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Mayaのレンダリング アトリビュート

コメント