TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール

久しぶりにPhotogrammetry系の話題。

このTeleSculptorは、KitwareによるKWIVER (Kitware Image and Video Exploitation and Retrieval)の1つで、空撮動画から地形をPhotogrammetryするために設計されたアプリケーション。

TeleSculptor

TeleSculptorは、クロスプラットフォームのデスクトップPhotogrammetryアプリケーションです。
TeleSculptorはUAV(無人航空機)が収集した動画など、空撮動画に重点を置いて設計されており、地理空間座標の処理や、GPSやIMUセンサーからのメタデータが利用可能な場合はそれらを使用することもできます。しかし、このソフトウェアは地理空間データやメタデータが無い画像セットであっても処理可能です。
TeleSculptorは、Structure from Motion技術を使用して、3Dのランドマークの疎な集合とカメラパラメーターを推定します。TeleSculptorは、Multi-View Stereo技術を使用してキーフレームの密なDepthマップを推定し、そのDepthマップと入力画像の色を融合してSurface Meshを作成します。

latest releaseページの下部にあるLinux、MacOS、Windows用のコンパイル済みバイナリからTeleSculptorをインストールできます。詳しくはInstallationセクションに従ってください。
TeleSculptor GUIの使用方法はUser Guideを参照してください。動作環境には16GB以上のRAMを搭載したコンピューターを推奨します。

プロジェクトをソースコードからビルドする上級ユーザーは、Building TeleSculptorセクションに進んでください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


ということで、Windows, Mac, Linuxで利用可能なクロスプラットフォームなツールです。すでにビルド済みのバイナリが配布されているのでインストールは簡単。

割と最近バージョン1.1がリリースされたみたい↓
https://blog.kitware.com/telesculptor-1-1-released/


スポンサーリンク

関連記事

CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
プログラムによる景観の自動生成
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
サンプルコードにも間違いはある?
Pix2Pix:CGANによる画像変換
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
pythonもかじってみようかと
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Boost オープンソースライブラリ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
ZScript
Unityの薄い本
Virtual Network Computing
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
WordPressの表示を高速化する
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
参考書
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Quartus II
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenGVのライブラリ構成
Kinect for Windows v2の日本価格決定

コメント