TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール

久しぶりにPhotogrammetry系の話題。

このTeleSculptorは、KitwareによるKWIVER (Kitware Image and Video Exploitation and Retrieval)の1つで、空撮動画から地形をPhotogrammetryするために設計されたアプリケーション。

TeleSculptor

TeleSculptorは、クロスプラットフォームのデスクトップPhotogrammetryアプリケーションです。
TeleSculptorはUAV(無人航空機)が収集した動画など、空撮動画に重点を置いて設計されており、地理空間座標の処理や、GPSやIMUセンサーからのメタデータが利用可能な場合はそれらを使用することもできます。しかし、このソフトウェアは地理空間データやメタデータが無い画像セットであっても処理可能です。
TeleSculptorは、Structure from Motion技術を使用して、3Dのランドマークの疎な集合とカメラパラメーターを推定します。TeleSculptorは、Multi-View Stereo技術を使用してキーフレームの密なDepthマップを推定し、そのDepthマップと入力画像の色を融合してSurface Meshを作成します。

latest releaseページの下部にあるLinux、MacOS、Windows用のコンパイル済みバイナリからTeleSculptorをインストールできます。詳しくはInstallationセクションに従ってください。
TeleSculptor GUIの使用方法はUser Guideを参照してください。動作環境には16GB以上のRAMを搭載したコンピューターを推奨します。

プロジェクトをソースコードからビルドする上級ユーザーは、Building TeleSculptorセクションに進んでください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


ということで、Windows, Mac, Linuxで利用可能なクロスプラットフォームなツールです。すでにビルド済みのバイナリが配布されているのでインストールは簡単。

割と最近バージョン1.1がリリースされたみたい↓
https://blog.kitware.com/telesculptor-1-1-released/


スポンサーリンク

関連記事

HerokuでMEAN stack
続・ディープラーニングの資料
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenGVの用語
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
顔画像処理技術の過去の研究
Open Shading Language (OSL)
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
Mean Stack開発の最初の一歩
ベイズ推定とグラフィカルモデル
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
スクレイピング
プログラムによる景観の自動生成
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
MRenderUtil::raytrace
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
OpenMayaのPhongShaderクラス
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
NeRF (Neural Radiance Fields):深層学習による未知視点合成
ブログが1日ダウンしてました
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
仮想関数
ROSの薄い本
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
C++始めようと思うんだ
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
Raspberry PiでIoTごっこ
Active Appearance Models(AAM)
タマムシっぽい質感
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ

コメント