C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

だいぶ前からこれの真似をしてみたくて色々調べてるんだけど、そもそも遺伝的アルゴリズムの知識が無いのでピンとこない。↓
http://qiita.com/haminiku/items/a032d94e4f0d862df2b2

遺伝的アルゴリズムって、機械学習とは違うんですかね?
機械学習と同じように、遺伝的アルゴリズムも何か手軽なライブラリが無いかと探してみたら、C#で書かれたものを見つけた。↓

GeneticSharp

GeneticSharpは高速で拡張性があり、マルチプラットフォーム、マルチスレッドに対応したC#の遺伝的アルゴリズムライブラリです。GeneticSharpを使えば遺伝的アルゴリズム(GA)を使用したアプリケーションを手軽に開発することができます。
GeneticSharpは、ASP, .NET MVC, Web Forms, Windows Forms, GTK#, Unityといった様々な.NETアプリケーションで利用することができます。


スポンサーリンク

ということで、Unityからも利用できるという。Unityから利用できるということはつまり、Monoにも対応しているということかな。


スポンサーリンク


例のごとく、まだあんまり流行っていないライブラリみたいですが、このGeneticSharpで50都市の巡回セールスマン問題(TSP)を解く例がYouTubeにアップされている。↓

GeneticSharp solving TSP (Travelling Salesman Problem)

そしてなんと、サンプルコードにはちゃんとUnity用のプロジェクトも入っている。↓
https://github.com/giacomelli/GeneticSharp/tree/master/src/Samples/Unity/Checkers

遺伝的アルゴリズムの入門書を探してみるか。


スポンサーリンク

関連記事

Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
C++の抽象クラス
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Quartus II
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
クラスの基本
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
FX初心者
Unityで学ぶC#
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
プログラミングスキルについて考える
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Unityからkonashiをコントロールする
3D復元技術の情報リンク集
HerokuでMEAN stack
仮想関数
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
C++始めようと思うんだ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
AfterEffectsプラグイン開発
OpenCVで顔のモーフィングを実装する

コメント