C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

だいぶ前からこれの真似をしてみたくて色々調べてるんだけど、そもそも遺伝的アルゴリズムの知識が無いのでピンとこない。↓
http://qiita.com/haminiku/items/a032d94e4f0d862df2b2

遺伝的アルゴリズムって、機械学習とは違うんですかね?
機械学習と同じように、遺伝的アルゴリズムも何か手軽なライブラリが無いかと探してみたら、C#で書かれたものを見つけた。↓

GeneticSharp

GeneticSharpは高速で拡張性があり、マルチプラットフォーム、マルチスレッドに対応したC#の遺伝的アルゴリズムライブラリです。GeneticSharpを使えば遺伝的アルゴリズム(GA)を使用したアプリケーションを手軽に開発することができます。
GeneticSharpは、ASP, .NET MVC, Web Forms, Windows Forms, GTK#, Unityといった様々な.NETアプリケーションで利用することができます。


スポンサーリンク

ということで、Unityからも利用できるという。Unityから利用できるということはつまり、Monoにも対応しているということかな。


スポンサーリンク


例のごとく、まだあんまり流行っていないライブラリみたいですが、このGeneticSharpで50都市の巡回セールスマン問題(TSP)を解く例がYouTubeにアップされている。↓



そしてなんと、サンプルコードにはちゃんとUnity用のプロジェクトも入っている。↓
https://github.com/giacomelli/GeneticSharp/tree/master/src/Samples/Unity/Checkers

遺伝的アルゴリズムの入門書を探してみるか。


スポンサーリンク

関連記事

Unityをレンダラとして活用する
まだ続くブログの不調
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
機械学習で遊ぶ
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
WinSCP
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
オープンソースの取引プラットフォーム
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
3DCG Meetup #4に行ってきた
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
ニューラルネットワークで画像分類
Boost オープンソースライブラリ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
機械学習について最近知った情報
今年もSSII
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
ブログのデザイン変えました
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
3D復元技術の情報リンク集
クラスの基本
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Raspberry PiでIoTごっこ
Mayaのプラグイン開発
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

コメント