C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

だいぶ前からこれの真似をしてみたくて色々調べてるんだけど、そもそも遺伝的アルゴリズムの知識が無いのでピンとこない。↓
http://qiita.com/haminiku/items/a032d94e4f0d862df2b2

遺伝的アルゴリズムって、機械学習とは違うんですかね?
機械学習と同じように、遺伝的アルゴリズムも何か手軽なライブラリが無いかと探してみたら、C#で書かれたものを見つけた。↓

GeneticSharp

GeneticSharpは高速で拡張性があり、マルチプラットフォーム、マルチスレッドに対応したC#の遺伝的アルゴリズムライブラリです。GeneticSharpを使えば遺伝的アルゴリズム(GA)を使用したアプリケーションを手軽に開発することができます。
GeneticSharpは、ASP, .NET MVC, Web Forms, Windows Forms, GTK#, Unityといった様々な.NETアプリケーションで利用することができます。


スポンサーリンク

ということで、Unityからも利用できるという。Unityから利用できるということはつまり、Monoにも対応しているということかな。


スポンサーリンク


例のごとく、まだあんまり流行っていないライブラリみたいですが、このGeneticSharpで50都市の巡回セールスマン問題(TSP)を解く例がYouTubeにアップされている。↓

GeneticSharp solving TSP (Travelling Salesman Problem)

そしてなんと、サンプルコードにはちゃんとUnity用のプロジェクトも入っている。↓
https://github.com/giacomelli/GeneticSharp/tree/master/src/Samples/Unity/Checkers

遺伝的アルゴリズムの入門書を探してみるか。


スポンサーリンク

関連記事

JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
手を動かしながら学ぶデータマイニング
ROSの薄い本
Raspberry Pi
UnityでLight Shaftを表現する
konashiのサンプルコードを動かしてみた
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
機械学習で遊ぶ
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
映像ビジネスの未来
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
プログラムによる景観の自動生成
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
CGのためのディープラーニング
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Blender 2.8がついに正式リリース!
UnityのGlobal Illumination
Pix2Pix:CGANによる画像変換
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
UnityのTransformクラスについて調べてみた
クラスの基本
Maya LTのQuick Rigを試す
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
OANDAのfxTrade API
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Unreal Engineの薄い本
定数
動的なメモリの扱い
GoogleのDeep Learning論文
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Amazon Web ServicesでWordPress
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...

コメント