C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

だいぶ前からこれの真似をしてみたくて色々調べてるんだけど、そもそも遺伝的アルゴリズムの知識が無いのでピンとこない。↓
http://qiita.com/haminiku/items/a032d94e4f0d862df2b2

遺伝的アルゴリズムって、機械学習とは違うんですかね?
機械学習と同じように、遺伝的アルゴリズムも何か手軽なライブラリが無いかと探してみたら、C#で書かれたものを見つけた。↓

GeneticSharp

GeneticSharpは高速で拡張性があり、マルチプラットフォーム、マルチスレッドに対応したC#の遺伝的アルゴリズムライブラリです。GeneticSharpを使えば遺伝的アルゴリズム(GA)を使用したアプリケーションを手軽に開発することができます。
GeneticSharpは、ASP, .NET MVC, Web Forms, Windows Forms, GTK#, Unityといった様々な.NETアプリケーションで利用することができます。


スポンサーリンク

ということで、Unityからも利用できるという。Unityから利用できるということはつまり、Monoにも対応しているということかな。


スポンサーリンク


例のごとく、まだあんまり流行っていないライブラリみたいですが、このGeneticSharpで50都市の巡回セールスマン問題(TSP)を解く例がYouTubeにアップされている。↓

GeneticSharp solving TSP (Travelling Salesman Problem)

そしてなんと、サンプルコードにはちゃんとUnity用のプロジェクトも入っている。↓
https://github.com/giacomelli/GeneticSharp/tree/master/src/Samples/Unity/Checkers

遺伝的アルゴリズムの入門書を探してみるか。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
3D復元技術の情報リンク集
定数
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Mean Stack開発の最初の一歩
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
スクレイピング
Maya LTのQuick Rigを試す
Verilog HDL
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Unreal Engineの薄い本
Google Chromecast
Raspberry Pi 2を買いました
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
仮想関数
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
adskShaderSDK
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Google App Engineのデプロイ失敗
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
Iterator
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む

コメント