C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

だいぶ前からこれの真似をしてみたくて色々調べてるんだけど、そもそも遺伝的アルゴリズムの知識が無いのでピンとこない。↓
http://qiita.com/haminiku/items/a032d94e4f0d862df2b2

遺伝的アルゴリズムって、機械学習とは違うんですかね?
機械学習と同じように、遺伝的アルゴリズムも何か手軽なライブラリが無いかと探してみたら、C#で書かれたものを見つけた。↓

GeneticSharp

GeneticSharpは高速で拡張性があり、マルチプラットフォーム、マルチスレッドに対応したC#の遺伝的アルゴリズムライブラリです。GeneticSharpを使えば遺伝的アルゴリズム(GA)を使用したアプリケーションを手軽に開発することができます。
GeneticSharpは、ASP, .NET MVC, Web Forms, Windows Forms, GTK#, Unityといった様々な.NETアプリケーションで利用することができます。


スポンサーリンク

ということで、Unityからも利用できるという。Unityから利用できるということはつまり、Monoにも対応しているということかな。


スポンサーリンク


例のごとく、まだあんまり流行っていないライブラリみたいですが、このGeneticSharpで50都市の巡回セールスマン問題(TSP)を解く例がYouTubeにアップされている。↓

GeneticSharp solving TSP (Travelling Salesman Problem)

そしてなんと、サンプルコードにはちゃんとUnity用のプロジェクトも入っている。↓
https://github.com/giacomelli/GeneticSharp/tree/master/src/Samples/Unity/Checkers

遺伝的アルゴリズムの入門書を探してみるか。


スポンサーリンク

関連記事

画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Unityで学ぶC#
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Google App EngineでWordPress
adskShaderSDK
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ROSの薄い本
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ZBrushのZScript入門
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ROMOハッカソンに行ってきた
Raspberry PiでIoTごっこ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
UnityのGlobal Illumination
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
動的なメモリの扱い
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Unityからkonashiをコントロールする
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
オープンソースの取引プラットフォーム
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
仮想関数
Maya LTのQuick Rigを試す
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール

コメント