オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』

Structure from MotionからMulti-View StereoまでできるCOLMAPというツールを見つけた。そこからさらにSurface ReconstructionまでやらないとPhotogrammetryとは言わないのかね。

COLMAP

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

COLMAPは、GUIとCLIを備えた汎用的なStructure from Motion(SfM)とMulti-View Stereo(MVS)のパイプラインです。COLMAPは、順序のある画像、順序不同の画像群から再構築を行うための幅広い機能を提供します。
このソフトウェアはGNU General Publicライセンスです。

研究で利用する場合は以下を引用してください。


スポンサーリンク

GNU GPLライセンスとのことだけど、GPL v1ということだろうか。だとしたら商用利用可能だけど、ライブラリとして使用する場合は著作権の明記と、ソースコードの開示が必要。
まあ、ツールとして出来上がっているのでそのまま使えば良いんですが。


スポンサーリンク


元となっているのはECCV 2016の”Pixelwise View Selection for Unstructured Multi-View Stereo“という論文。

https://www.youtube.com/watch?v=GRW2APWn9wY

ソースコードがGitHubで公開されているけど↓
https://github.com/colmap/colmap

ビルド済みバイナリの配布もある↓
https://demuc.de/colmap/

これを知った経緯としては、こちらの記事にコメントで教えていただいて↓
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
度々似たような話題ですが(笑)また別のオープンソースStructure from Motionライブラリを見つけた。↓TheiaTheiaはChris Sweeneyが開発したコンピュータービジョンライブラリで、効率的で信頼...


CVPR2017で発表されたHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)という手法がTheiaに実装されたのを知り→TheiaSfM/src/theia/sfm/hybrid_reconstruction_estimator.h

そのHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)の論文中でCOLMAPが引用されていたからなのです。

それぞれのライブラリ、ツールに実装されている手法の特性についてもうちょっと詳しく知るべきだよな。。。


スポンサーリンク

関連記事

動的なメモリの扱い
Model View Controller
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Raspberry Pi
オープンソースの取引プラットフォーム
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Google Chromecast
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
海外ドラマのChromaKey
konashiのサンプルコードを動かしてみた
仮想関数
Amazon Web ServicesでWordPress
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenMayaRender
Photogrammetry (写真測量法)
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
OpenMayaのPhongShaderクラス
WordPressの表示を高速化する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Raspberry Pi 2を買いました
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト

コメント