オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』

Structure from MotionからMulti-View StereoまでできるCOLMAPというツールを見つけた。そこからさらにSurface ReconstructionまでやらないとPhotogrammetryとは言わないのかね。

COLMAP

YouTube

COLMAPは、GUIとCLIを備えた汎用的なStructure from Motion(SfM)とMulti-View Stereo(MVS)のパイプラインです。COLMAPは、順序のある画像、順序不同の画像群から再構築を行うための幅広い機能を提供します。
このソフトウェアはGNU General Publicライセンスです。

研究で利用する場合は以下を引用してください。


スポンサーリンク

GNU GPLライセンスとのことだけど、GPL v1ということだろうか。だとしたら商用利用可能だけど、ライブラリとして使用する場合は著作権の明記と、ソースコードの開示が必要。
まあ、ツールとして出来上がっているのでそのまま使えば良いんですが。


スポンサーリンク


元となっているのはECCV 2016の”Pixelwise View Selection for Unstructured Multi-View Stereo“という論文。

https://www.youtube.com/watch?v=GRW2APWn9wY

ソースコードがGitHubで公開されているけど↓
https://github.com/colmap/colmap

ビルド済みバイナリの配布もある↓
https://demuc.de/colmap/

これを知った経緯としては、こちらの記事にコメントで教えていただいて↓
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
度々似たような話題ですが(笑)また別のオープンソースStructure from Motionライブラリを見つけた。↓TheiaTheiaはChris Sweeneyが開発したコンピュータービジョンライブラリで、効率的で信頼...


CVPR2017で発表されたHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)という手法がTheiaに実装されたのを知り→TheiaSfM/src/theia/sfm/hybrid_reconstruction_estimator.h

そのHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)の論文中でCOLMAPが引用されていたからなのです。

それぞれのライブラリ、ツールに実装されている手法の特性についてもうちょっと詳しく知るべきだよな。。。


スポンサーリンク

関連記事

3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
このブログのデザインに飽きてきた
pythonもかじってみようかと
Paul Debevec
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
UnityでOpenCVを使うには?
書籍『ROSプログラミング』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
WordPressのテーマを自作する
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Mayaのシェーディングノードの区分
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
MFnDataとMFnAttribute
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
PCA (主成分分析)
オーバーロードとオーバーライド
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
海外ドラマのChromaKey
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

コメント