オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』

Structure from MotionからMulti-View StereoまでできるCOLMAPというツールを見つけた。そこからさらにSurface ReconstructionまでやらないとPhotogrammetryとは言わないのかね。

COLMAP

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

COLMAPは、GUIとCLIを備えた汎用的なStructure from Motion(SfM)とMulti-View Stereo(MVS)のパイプラインです。COLMAPは、順序のある画像、順序不同の画像群から再構築を行うための幅広い機能を提供します。
このソフトウェアはGNU General Publicライセンスです。

研究で利用する場合は以下を引用してください。


スポンサーリンク

GNU GPLライセンスとのことだけど、GPL v1ということだろうか。だとしたら商用利用可能だけど、ライブラリとして使用する場合は著作権の明記と、ソースコードの開示が必要。
まあ、ツールとして出来上がっているのでそのまま使えば良いんですが。


スポンサーリンク


元となっているのはECCV 2016の”Pixelwise View Selection for Unstructured Multi-View Stereo“という論文。

https://www.youtube.com/watch?v=GRW2APWn9wY

ソースコードがGitHubで公開されているけど↓
https://github.com/colmap/colmap

ビルド済みバイナリの配布もある↓
https://demuc.de/colmap/

これを知った経緯としては、こちらの記事にコメントで教えていただいて↓
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
度々似たような話題ですが(笑)また別のオープンソースStructure from Motionライブラリを見つけた。↓TheiaTheiaはChris Sweeneyが開発したコンピュータービジョンライブラリで、効率的で信頼...


CVPR2017で発表されたHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)という手法がTheiaに実装されたのを知り→TheiaSfM/src/theia/sfm/hybrid_reconstruction_estimator.h

そのHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)の論文中でCOLMAPが引用されていたからなのです。

それぞれのライブラリ、ツールに実装されている手法の特性についてもうちょっと詳しく知るべきだよな。。。


スポンサーリンク

関連記事

このブログのデザインに飽きてきた
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
自前Shaderの件 解決しました
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
UnityでPoint Cloudを表示する方法
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
なんかすごいサイト
Quartus II
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
OpenGVのライブラリ構成
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
GoogleのDeep Learning論文
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
MFnDataとMFnAttribute
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
HerokuでMEAN stack
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Mayaのプラグイン開発
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Amazon Web ServicesでWordPress
Photogrammetry (写真測量法)
プログラムによる景観の自動生成
Verilog HDL
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
海外ドラマのChromaKey

コメント