オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』

Structure from MotionからMulti-View StereoまでできるCOLMAPというツールを見つけた。そこからさらにSurface ReconstructionまでやらないとPhotogrammetryとは言わないのかね。

COLMAP

COLMAPは、GUIとCLIを備えた汎用的なStructure from Motion(SfM)とMulti-View Stereo(MVS)のパイプラインです。COLMAPは、順序のある画像、順序不同の画像群から再構築を行うための幅広い機能を提供します。
このソフトウェアはGNU General Publicライセンスです。

研究で利用する場合は以下を引用してください。

GNU GPLライセンスとのことだけど、GPL v1ということだろうか。だとしたら商用利用可能だけど、ライブラリとして使用する場合は著作権の明記と、ソースコードの開示が必要。
まあ、ツールとして出来上がっているのでそのまま使えば良いんですが。


スポンサーリンク





ソースコードがGitHubで公開されているけど↓
colmap - COLMAP - Structure-from-Motion and Multi-View Stereo

ビルド済みバイナリの配布もある↓

これを知った経緯としては、こちらの記事にコメントで教えていただいて↓
度々似たような話題ですが(笑) また別のオープンソースStructure from Motionライブラリを見つけた。↓ Theia TheiaはChris Sweeneyが開発したコンピュータービジョンライブラリで、効率的で信頼...

CVPR2017で発表されたHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)という手法がTheiaに実装されたのを知り→TheiaSfM/src/theia/sfm/hybrid_reconstruction_estimator.h

そのHSfM(Hybrid Structure-from-Motion)の論文中でCOLMAPが引用されていたからなのです。

それぞれのライブラリツールに実装されている手法の特性についてもうちょっと詳しく知るべきだよな。。。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.