クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』

表現のための機械学習(というかディープラーニング)がじわじわと来ている、と勝手に思っている。実際、グラフィックス系のカンファレンスでもディープラーニングのセッションが大盛況だし。



クリエイターが機械学習の恩恵を受けられるアプリケーションは、Adobe Senseiみたいに既存ツールの拡張機能という形で普及していくと思っていたけど、単独のアプリケーションも登場していますね。

Runway ML

Runway ML

クリエイターのための機械学習ツール。
あなたの創作活動に人工知能の力を、直感的でシンプルなビジュアルインターフェースで提供します。
さあ、今日から新しい創作方法を始めましょう。

Runwayは、あらゆるジャンルのクリエイターが機械学習を直感的に利用できるプラットフォームです。

まだベータ版ですが、Runway MLはMac, Windows, Linux環境で使える機械学習アプリケーション。要するに非プログラマーでも機械学習の恩恵を受けられるツール。
NIPS 2018のセッションでも紹介されていたようですね。


スポンサーリンク


GUI操作だけでModels Directoryから様々な機械学習手法の学習済みモデルを検索でき、アセットとして利用できる。

Models Directory

アプリケーション自体は無料だけど、有料でクラウドのGPU演算リソースを利用することもできる。
現在のBeta Programでは、アカウント登録すると10ドル分のGPUクレジットがもらえる。GPU利用時間1分あたり5セントらしい。

クラウドGPUではなく、ローカルで実行する場合は別途Dockerのインストールが必要。(モデルによってはクラウドGPUでしか実行できないものもあるようです)

Pythonで使えるRunway Model SDKも用意されており、既存のモデルをRunway MLへ持ってくることもできるらしい。
https://github.com/runwayml/model-sdk

また、公式のGitHubリポジトリにはUniy, Processing, TouchDesigner, arduinoなどからRunway MLを利用するサンプルが公開されている。

モノクロ映像のカラー化

ということで、公式ドキュメントを読みながらRunway MLに触ってみた。インストール方法に従ってオイラはWindows環境でインストール。

試しにモノクロ映像のカラー化をやってみよう。Models Directoryで”colorize”と検索してみると、Automatic ColorizationDeOldifyの2つがヒットした↓



とりあえずDeOldifyの方を使ってみよう。Add to Workspaceでワークスペースに追加。
このモデルはクラウドGPUでのみ実行できるようだ。Artistic, Stable, Video,の3つのモデルが選べるらしいけど、とりあえずArtisticで。
InputとOutputの形式を指定して、Run Remotelyボタンを押すだけ。

DeOldify


スポンサーリンク

オイラは手元にある初代ゴジラ (1954)の映像を使ってみた↓





昼間のシーンは割と上手くカラー化されたな。

まだベータ版だからなのか、Runway MLのインストール先ディレクトリを指定できなくて、Cドライブの変な場所を作業ディレクトリとして使われてしまうのが難アリな感じではある。
OutputのExport DirectoryをCドライブとは別のドライブに指定したらエラーで結果が保存されなかった。Export DirectoryにはCドライブ以下のディレクトリを指定しておかないと無駄なGPUクレジットを消費するはめになる。

InputとOutputに動画ファイルを指定することはできるけど、Output形式を動画にするとエンコードが粗くて低画質な動画が吐かれるので、Outputは連番静止画(Image Directory)にした方が無難。
そして、Input形式に動画ファイルを指定すると、Outputがコマ落ちしたりするので、ここも連番静止画の方が安全だ。

Runway MLには他にもモデルが沢山あり、DensePoseも手軽に試せそう。



最近のアップデートで複数のモデルを接続できるようになったらしい↓
https://medium.com/runwayml/adding-support-for-model-chaining-cd507f0fa935

Live Stream #182: Introduction to RunwayML

Introduction to Runway: Machine Learning for Creators (Part 1)

Introduction to Runway: Machine Learning for Creators (Part 2)


スポンサーリンク

関連記事

ニンテンドー3DSのGPU PICA200
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
自前Shaderの件 解決しました
Unityの薄い本
積みキット進捗
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
サンプルコードにも間違いはある?
書籍『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』の発売日が2016年12月30日(金)に決定
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
GMKゴジラ完成!
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
GMKゴジラの口の塗装
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
機械学習手法『Random Forest』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
ZBrush 2018での作業環境を整える
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
HD画質の無駄遣い
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ZBrushの作業環境を見直す
GoogleのDeep Learning論文
生物の骨格
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
S.H.MonsterArtsから『ゴジラ(2016)第4形態覚醒Ver.』が出るぞ~!
SIGGRAPH ASIAのマスコット
最近のフィギュアの製造工程

コメント