写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』

Autodeskから無料の3D復元・編集ツールが出てた。まだベータ版らしい。
複数枚写真からの3Dメッシュ生成だけじゃなく、3Dスキャナーで撮った点群の編集もできるみたい。

追記:ベータ版だったAutodesk Mementoから名称が変わり、Autodesk Remakeになりました。機能限定版なら引き続き無料で利用できます。
Autodesk Memento

Autodesk Remake

Autodesk Mementoは、現実空間からキャプチャされたあらゆる入力(写真やスキャンデータなど)を高精細な3Dメッシュへ変換し、クリーンアップ、補修、Web・モバイル・3Dプリントへの最適化が行えるエンドツーエンドのソリューションです。
MementoはAutodeskのReality Computing portfolioの1つであり、ReCapの素晴らしい派生ツールです。

Autodesk Memento Overview

いわゆるプロダクション向けじゃなくて、コンシューマー向けの3D復元はだいぶ前から無料モバイルアプリのAutodesk 123D Catchが出てたけど、このMementoはどうやらコンテンツ制作者向けの無料ツールっぽい。プロダクション向けにはAutodesk ReCapっていう大規模なソリューションがあったけど、昨今の制作ツールの低価格化を受けて、個人制作者をターゲットにしてるのかな。Mayaも低価格版が出たしね。


スポンサーリンク


と思って推奨動作環境見たら、個人レベルではちょっと過剰な感じ。。。これを試せるのはほとんどプロの人ですね。

推奨環境

OS: Microsoft® Windows® 7 (SP1), Windows® 8 または Windows® 8.1 Professional
CPU: 64-bit Intel® または AMD® のマルチコアプロセッサー
グラフィックス: VRAM 2GB以上のNVIDIA または AMD製のOpenGL 3.2以上 または DirectX10以上対応のグラフィックスカード
メモリ: 12GB
ストレージ: SSD推奨
ポインティングデバイス: スクロールホイール付き3ボタンマウス

メモリ12GBでさらにSSDを推奨してくるって、どんだけ大量のデータ書き込むんだ。KinectのKinect Fusionも大概だったけど、3Dのハイレゾデータを扱うのはまだまだハードウェアの要求スペックが飛び抜けてるね。いずれこのスペックが一般的なPC、あるいはスマホのスペックになるんだろうか。

この記事の紹介だと、処理のコア部分はクラウドサービスを使うって書いてあるけど、クライアント端末側に何でそんなにスペック必要なんだろう。↓


スポンサーリンク

Autodesk、写真から高精細3Dモデルを作成できる「Memento」β版公開

Autodesk MementoはWindows版のソフトウェアだが、処理のコア部分はAutodeskのクラウドサービスを使っており、利用にはAutodeskのIDを取得する必要がある。このIDは誰でも無償で登録できるので、Autodesk Mementoベータ版は実質的に誰でも試すことができる。
Autodesk Mementoは、写真や3Dスキャンデータを3Dモデルにするという、時間も手間もかかるがクリエイティブではない作業を楽にするものだ。最大250枚の写真画像や、高精細3Dスキャンデータの入力から高精細メッシュデータを生成し、不要な部分のデータ削除や修正、自動解析によるエラーの発見/修正、OBJ、STL、PLYなどの各種3Dデータの読み込みと書き出しといった数々の機能を備える。3Dプリント向けにデータを最適化することも可能だ。

複数枚の写真から3D形状を復元するのはStructure from Motionですね。でもこんなツールが無料で出てくると、もう自分でアルゴリズムを実装しようなんて気が起こらんな。アルゴリズムを勉強・研究するぐらいの人じゃないとガリガリ書かないだろうな。

それにしてもここ最近の高性能3D制作ツールの無料化には驚かされる。
何かもう、「ガイヤが俺にもっと創れと囁いている」って感じがしてきた。個人制作も時代は3Dだなぁ。

Make 3D prints using your own photos for free

追記:
メモリが12GBも必要となるのは、ユーザーのローカル環境でのメッシュデータの編集作業時だけで、画像から3D復元する処理はクラウド側で完結するようです。
Mementoスクリーンショット

再挑戦してみた↓



スポンサーリンク

関連記事

素敵なパーティクル
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ベイズ推定とグラフィカルモデル
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
続・ディープラーニングの資料
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ZBrushで基本となるブラシ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
マイケル・ベイの動画の感覚
線画を遠近法で描く
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Ambient Occlusionを解析的に求める
3Dグラフィックスの入門書
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
AfterEffectsプラグイン開発
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ポイントクラウドコンソーシアム
Kinect for Windows v2の日本価格決定
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...

コメント