CEDEC 3日目

ゲーム業界の人間じゃないから3日間有給を取って自腹でCEDECに参加しました。(高かったです。。。)


CEDEC 2日目
昨日に引き続き、趣味でCEDEC 2日目も参加してきました。 2日目は以下のセッションを聴講した。 [基調講演]Data Art and Entertainment 真鍋 大度 (株式会社ライゾマティクス Rhizoma...


3日目(最終日)にオイラが聴講したセッションは以下。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


はい、朝一番の基調講演「妖怪ウォッチ ゲーム・アニメ・映画・漫画・玩具 ~各界クリエイター共同戦線~」は興味がわかなかったから聴かなかったのです。どうやら広いホールが満席になるほどの人気だったみたいだけど、オイラはゲーム業界の人間じゃないからか、その辺の感覚がズレてるっぽい。
まあ、前日のDevelopers’ Nightで疲れてて朝起きれなかったのもあるんだけど(笑)

チーム開発をスムーズにするために何をすべきか」で語られていた破綻した現場の例が、あるある過ぎて(笑)



勉強しておきたい知見だな。



プロ野球スピリッツ2015の3Dフォトスキャン活用事例」は、野球選手の顔を撮影、PhotoScanで3D復元、そのモデルをゲームで使用できるデータにするまでのワークフロー設計をやたらと細かくて、何となく社内共有に使うような情報の粒度のプレゼンだった気がする。こういうノウハウを惜しげもなくオープンにできるのは他の業界ではあんまりない気がする。
ファミ通.comで記事がアップされた。↓
http://www.famitsu.com/news/201509/02087170.html

次世代向け物理ベースマイクロファセットモデルを設計してみる」は、反射モデルの話が懐かしくて聴講したけど、ちょっと復習しないと。。。

映像制作プロダクションによるゲームエンジンを用いた高品質映像制作」は、CGWORLDで表紙も飾っていたこちらのUnreal Engineで制作された動画の裏話。↓



双方向パストレーシング(BDPT)の基礎からOpenCLによる実装まで」は、参考書でしれっと数式で解説されてしまう内容を図解で説明してくれる貴重なセッションだった。



うろ覚えだけど、オイラが双方向パストレーシングという言葉を聞いたのは確かこの書籍だった気がする。↓



いや、CG MAGICだったか?



近年のレンダリング技術についてまとめた日本語書籍が無いのがちょっと残念ね。今なら理論と実装の両方載せても意外と個人の環境で試せそうだし。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
インフラがアウトプットの質を左右する
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
2019年10月 行動振り返り
CreativeCOW.net
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
3DCGのモデルを立体化するサービス
CGのためのディープラーニング
10月の振り返り
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
感じたことを言語化する
まるで成長していない
CLO:服飾デザインツール
Unreal EngineでARKit 3.0
6月の振り返り
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Unityで360度ステレオVR動画を作る
2021年の振り返り
Unite 2014の動画
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
自分のスキルセット
この本読むよ
2021年5月 振り返り
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
Stanford Bunny
書籍『天才を殺す凡人』読了
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
言葉が支配する世界
2012のメイキングまとめ(途中)
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
こんなところで身体を壊している場合じゃない
立体視を試してみた
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来

コメント