Maya LTでFBIK(Full Body IK)

Maya LTQuick Rigという便利機能を知ったので、もうちょっと色々といじってみる。(楽しくなってきた)



公式ドキュメントによると、
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CharacterAnimation/files/GUID-DC29C982-D04F-4C20-9DBA-4BBB33E027EF-htm.html

Quick Rigの設定には大きく2通りあって、

  • ワンクリック(One-Click)で全て自動でスキニング・リギング
  • 段階的(Step-By-Step)オプションを使って細かく調整しながら設定する

前回はワンクリック(One-Click)機能の方を試して、ちょっと失敗したのでした。
次は段階的オプションを使って少しずつ調整しながら設定してみる。


スポンサーリンク


そもそも、前回は超ハイポリメッシュを使ってしまったので、Maya上での操作がやたら重くてフリーズ寸前だった。
改めて、以前ZBrushでポリゴンリダクションしたモデルを使って、
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
この前はモデルのポリゴン数が多過ぎてUV Masterによる自動UV展開に失敗してしまった。 Meshを15万ポリゴン以下に抑えないとUV Masterは正常に動作しないらしいと分かったので、ちゃんとポリゴン数をリダクションすることにする。...


ZBrush上でハイポリMeshのディティールから法線マップを作成し、ローポリMeshのモデルと法線マップをFBX形式でエクスポート。



それをMaya LTにインポートして、



法線マップのカラースペースはsRGBからRawへ変更しておく。



スポンサーリンク

Quick Rig 段階的(Step-By-Step)オプション

段階的(Step-By-Step)オプションのウィンドウを見ると、Quick Rigが対応するモデルの配置条件も書いてあった。まず、Y軸プラス方向が上で、Z軸プラス方向が正面となるようにキャラクターを立たせておかないとダメなのね。



モデルを正しい向きで配置して、解像度を1024に上げてガイドを作成してみたら、割と綺麗に配置された。
手作業での微調整はしなくても良さそう。



そのままスケルトンとリグを作成した。良い感じ。


FBIK(Full Body IK)

Quick Rigで作成されたHuman IKは、ワンクリックで簡単にFull Body IKに設定できる。
遊びがいのあるアクションフィギュアができた。



関節の回転角度の制限を入れればもうちょっと自然にポージングできるだろうか。
スキニングのウェイトはやっぱり手作業による調整が必要そうだな。。。

Quick Rigデフォルトだと、HumanIKで必須の15種類のノードだけの骨構成でリギングされるみたい。

HumanIK

Maya Dummyみたいに手の指1本1本まで骨の入ったリグも作れるみたいなので、もうちょっと調べてみるか。



https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CharacterAnimation/files/GUID-5DEFC6E5-033C-45D5-9A0E-224E7A35131B-htm.html?st=human%20ik


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ラクガキの立体化 胴体の追加
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
CEDEC 3日目
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Unreal Engineの薄い本
なりたい自分?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
映画『ゴジラ-1.0』 メイキング情報まとめ
布のモデリング
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
3Dグラフィックスの入門書
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushのお勉強
Unite 2014の動画
UnityのAR FoundationでARKit 3
WebGL開発に関する情報が充実してきている
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
Stanford Bunny
NeRF (Neural Radiance Fields):深層学習による未知視点合成
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushのUV MasterでUV展開
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ

コメント