Maya LTでFBIK(Full Body IK)

Maya LTQuick Rigという便利機能を知ったので、もうちょっと色々といじってみる。(楽しくなってきた)



公式ドキュメントによると、
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CharacterAnimation/files/GUID-DC29C982-D04F-4C20-9DBA-4BBB33E027EF-htm.html

Quick Rigの設定には大きく2通りあって、

  • ワンクリック(One-Click)で全て自動でスキニング・リギング
  • 段階的(Step-By-Step)オプションを使って細かく調整しながら設定する

前回はワンクリック(One-Click)機能の方を試して、ちょっと失敗したのでした。
次は段階的オプションを使って少しずつ調整しながら設定してみる。


スポンサーリンク


そもそも、前回は超ハイポリメッシュを使ってしまったので、Maya上での操作がやたら重くてフリーズ寸前だった。
改めて、以前ZBrushでポリゴンリダクションしたモデルを使って、
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
この前はモデルのポリゴン数が多過ぎてUV Masterによる自動UV展開に失敗してしまった。Meshを15万ポリゴン以下に抑えないとUV Masterは正常に動作しないらしいと分かったので、ちゃんとポリゴン数をリダクションすることにす...


ZBrush上でハイポリMeshのディティールから法線マップを作成し、ローポリMeshのモデルと法線マップをFBX形式でエクスポート。



それをMaya LTにインポートして、



法線マップのカラースペースはsRGBからRawへ変更しておく。



スポンサーリンク

Quick Rig 段階的(Step-By-Step)オプション

段階的(Step-By-Step)オプションのウィンドウを見ると、Quick Rigが対応するモデルの配置条件も書いてあった。まず、Y軸プラス方向が上で、Z軸プラス方向が正面となるようにキャラクターを立たせておかないとダメなのね。



モデルを正しい向きで配置して、解像度を1024に上げてガイドを作成してみたら、割と綺麗に配置された。
手作業での微調整はしなくても良さそう。



そのままスケルトンとリグを作成した。良い感じ。


FBIK(Full Body IK)

Quick Rigで作成されたHuman IKは、ワンクリックで簡単にFull Body IKに設定できる。
遊びがいのあるアクションフィギュアができた。



関節の回転角度の制限を入れればもうちょっと自然にポージングできるだろうか。
スキニングのウェイトはやっぱり手作業による調整が必要そうだな。。。

Quick Rigデフォルトだと、HumanIKで必須の15種類のノードだけの骨構成でリギングされるみたい。

HumanIK

Maya Dummyみたいに手の指1本1本まで骨の入ったリグも作れるみたいなので、もうちょっと調べてみるか。



https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CharacterAnimation/files/GUID-5DEFC6E5-033C-45D5-9A0E-224E7A35131B-htm.html?st=human%20ik


スポンサーリンク

関連記事

OpenMayaRender
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
マジョーラ
布のモデリング
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ラクガキの立体化 モールドの追加
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
HD画質の無駄遣い その2
単純に遊びに行くのはだめなのか?
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ファンの力
立体視を試してみた
自前のShaderがおかしい件
海外ドラマのChromaKey
clearcoat Shader
ZBrush 2018での作業環境を整える
Unityの薄い本
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrush 2018へのアップグレード
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
最近のフィギュアの製造工程
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
服飾デザインツール『CLO』
iPhone欲しいなぁ
この本読むよ
Oculus Goを購入!
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ZBrushで基本となるブラシ

コメント