ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編

まずは何より資料集めだ。リファレンスは多ければ多いほど良い。
まだ映画「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」は映像ソフトが発売されていないので、有力なのはYoutubeにある映画の予告編・CMとか、映画館で買ったパンフレット。



動画の中から良いフレームを切り出してリファレンスとする。予告編には印象的なパンアップのカットもあったので、カット中からいくつかのフレームを抜き出して、Photoshopのphotomerge機能を使って1枚の画像に合成。これで上半身の高画質なリファレンスができた。

パンフレットにはご丁寧に直立の3面写真(背面がメイン)も載っていたので有難く利用させていただく。もちろん映画も観に行っているので、印象的なセリフやポーズを思い出しながらイメージトレーニング。変身前・後、共に手首をいじる癖をつけてあるんだよね。
これらをリファレンスとして作業に入る。


スポンサーリンク


まず、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanで仮面ライダー3号のスーツアクターの永徳さんと似た体型のベースメッシュを制作。(永徳さんの身長は177cmらしいです)
永徳さんの情報に似せてパラメータ調整(笑)

永徳さんの情報に似せてパラメータ調整(笑)



もちろん作りながら自分で調整はするけど、なるべく自力で作らなきゃいけない範囲を減らしたいので、こういうフリーツールを利用した。これでプロポーションが崩れることはとりあえずないはず。中の人に合わせてガワとなるスーツを作っていくようなイメージ。

これをOBJ形式でZBrushへ持っていく。
ZBrushへインポート

ZBrushへインポート



このベースにサブツールを加えて仮面ライダーに仕立ててやるのだ。って、ここまでほとんどZBrush関係ないな。。。

やっててまたちょっと思い出したんだけど、小学校2年生ぐらいの頃、初代「仮面ライダー」の旧2号ライダーのコスチュームを自作しようと奮闘したことがあった。(我ながら随分渋いところをつくな)
当時のオイラが扱える材料は紙ぐらいだったし、立体を構成するスキルもほとんどなかった。工作スキル以前に、正確な資料も用意できなず、まあ、完成しなかったよね。(まともなリファレンスが用意できないのに突っ走れるのが若さか?)

あれから20年以上も経っているのか。


スポンサーリンク

関連記事

2016年の振り返り
映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』を観た
PythonでBlenderのAdd-on開発
2021年 観に行った映画振り返り
消費の記録
Amazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』を観た
最近のフィギュアの製造工程
あの頃で止まった時間
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
仮面ライダーあつめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ウルトラ×ライダー
平成モスラ3部作がBlu-rayボックス化!
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushの練習 手のモデリング
デザインのリファイン再び
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
シフトカーを改造してラジコン化する人達
遺伝子検査で自己分析
ZScript
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
シン・ゴジラのファンアート
機動武闘伝Gガンダム
参考書
ラクガキの立体化 反省
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Unityをレンダラとして活用する
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
Mayaのシェーディングノードの区分
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール

コメント